秋冬恒例の「あつあつ牛すきうどん」が今年も発売

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん あつあつ牛すきうどん」。2018年9月10日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。2016年の発売以来、毎年秋冬限定の季節商品として発売されています。このブログでは2度目の登場となります。

この商品や、同時発売の「あつあつ豚汁うどん」なんかが発売されると、陽気的にはまだまだでも、やはり冬の到来を少し意識しています。なんか歳を重ねるごとに、寒さが身に堪えてくるようになってきました。昔は夏の方が嫌いだったんですけどね。今や冬が来ないのであれば年中夏でも良いと思っているくらいです。寒さが身に堪えるようになってくると、俄然、鍋とか食べたくなるんですよね。若い時は鍋なんてはっきりしない味の食べ物なんて食べる意味がないくらいに思っていたものですが、今や冬には欠かせないどころか夏でも食べたいです。身体も食の好みもどんどんオッサン化進行中ですが、心だけは年を取らないようにしたいものです。こんなこと書いている時点でオッサン化しているってことでしょうけどね。

そんなわけで今回は「牛すきうどん」ですが、私オサーンは子供の時から今に至るまで、すき焼きを好んで食べていたことがありません。目の前にあれば食べるけど、自分では選ばない感じですね。関西風の最初に肉を焼くやつはおいしいのですが、関東の最初から煮るのはどうにも。そんな奴が「牛すきうどん」をレポするのであまりアテにならないかもしれませんが、こいつわかってないなくらいに思いながら見ていただければ幸いです。

昨年発売されていたものから栄養成分が変化しているため、内容物に多少の変化はありそうですが、果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



かやくの小袋の中に牛肉とネギが入っていて、それとは別にカップの中にきざみ揚げが入っています。



赤いきつねのお揚げや緑のたぬきの天ぷらみたいな大物はないものの、モノホンの牛肉が入っていて、しっかり脂身もあるのが高ポイント。

品名:マルちゃん あつあつ牛すきうどん
メーカー:東洋水産
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食102g(めん66g)あたり
エネルギー:402kcal(めん・かやく336kcal スープ66kcal)
たん白質:7.7g
脂質:18.0g
炭水化物:52.3g
食塩相当量:5.7g(めん・かやく1.9g スープ3.8g)
ビタミンB1:2.08mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:141mg



「牛すき」のつゆとしては牛肉の味がなく中途半端

つゆは「すき焼きをイメージさせる甘辛いつゆに、ポークの旨味を加え、濃厚に仕上げ」たとのこと。甘めのしょうゆ味で、すき焼きの味をイメージしたマイルドな仕上がりになっています。

甘みのついた濃いめのしょうゆ味ですが、他社、特に日清食品のカップ麺でつけられている牛すき焼きの味に比べると甘みは弱めで、「牛すき」という割に牛肉の味や風味も前に出てきません。つゆからはむしろ豚脂の風味を感じるくらいです。甘いしょうゆ味というところはすき焼きっぽくても、「牛すき」というにはちょっと無理があるように感じました。北海道や新潟県など北国では豚すき焼きが一般的に食べられていますが、それを意識したのなら「牛すき」ではないし、具で牛肉が使われていることを考えるとちょっと中途半端なつゆのように感じます。

牛肉の味は専ら具に頼る構成になってしまっていて、「牛すき」としては物足りません。個人的には甘みが強すぎないのは好感持てる部分だったものの、牛も甘味も強い他社のすき焼き味のつゆと比べてしまうと、カップ麺らしいわかりやすさという点でもちょっと中途半端なのかなと思います。甘みがあるので確かにすき焼きらしい味ではありますが、具だけではなくつゆにも「牛すき」らしさが欲しかったです。



すき焼き味とうどん麺は相性が良い



麺は「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。平打ちで厚みのある油揚げ麺のうどんです。「赤いきつねうどん」の麺に比べるとひとまわり太いように感じます。

太い麺のためかなり存在感がありますが、今回は甘みのある濃いつゆと合わせるため、つゆと麺のバランスはよく取れていました。これくらい太くなければつゆの中で埋没してしまうでしょう。ゆっくり食べ進めていくと後半はだんだんコシが弱くなり、またつゆを吸って黒っぽくなるため、すき焼きの〆のうどんみたいになってきます。これはなかなか良かったですね。すき焼き味とうどん麺はかなり相性が良さそうです。

牛肉ときざみ揚げがしっかりした量入っている



具は「味付牛肉、ねぎ、きざみ揚げ」とのこと。定価税別180円なので価格の高い商品ではありませんが、牛肉がしっかり入っています。

大量ではないですが、カップ麺でよく使われている大豆たん白加工品ではなく、しっかり牛肉が使われています。そこそこの量は入っています。ちょと筋っぽさはあったものの、しっかり脂身のような部分もあり、噛みしめると牛肉の味も豊かです。つゆにはいっさい牛肉要素がないことは触れましたが、具の牛肉によって「牛すき」の体裁を保っていました。ただ、具から染み出してつゆの味も牛肉で染めるほどの威力はなかったです。

牛肉がしっかり入っている上に、きざみ揚げも入っているのは好印象。こちらは強く味付けがされているわけではなく、甘いつゆを染み込ませて食べるとおいしいです。牛肉ときざみ揚げを合わせても、赤いきつねや緑のたぬきの大物の具ほどのインパクトはありませんが、牛肉のコストを考えれば頑張っていると言って良いのではないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「牛すき」と名乗るには、つゆに多少の物足りなさを感じました。つゆからは牛肉の味を感じることができず、専ら具の牛肉に頼っている構成で、もっとドカンと牛肉を感じたかったです。また、甘みがほどほどついたしょうゆ味ですき焼きらしさはあったものの、他社のすき焼き味スープと比べると多少わかりやすさで見劣りするように思います。具に牛肉がしっかり入っているのはお見事ですが、つゆも「牛すき」らしさがもっと欲しかったですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加