「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の「日清ラ王」のみそラーメン新商品!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし味噌」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、「日清ラ王 焦がし醤油」と同時発売となっています。こちら北海道札幌で、先日の地震の影響でお店にカップ麺があまり並んでいない状況ですが、このラ王2品だけはなぜかどこのスーパーに行っても並んでいるのを見かけます。流通ルートが地震の影響を受けていないのか、あまりの注目商品でどこでも仕入れていたのかよくわかりませんが、被災地でもあっさり手に入れられたのはありがたかったです。

焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」を使用した今回の「日清ラ王焦がし」シリーズの2品ですが、先日食べた「焦がし醤油」は、単に焦がしニンニクが効いているのみではなく、焦がし風味、ニンニクに加え、しょうゆの香り、山椒、そして具のタマネギがバランス良く組み合わされており、カップ麺らしからぬ複合的な味、大人の味の感を強く持ちしました。今回の「焦がし味噌」も大いに期待できそうですが、しょうゆに比べるとみそは主張の強い味のため、「焦がし醤油」ほどバランスの良いスープになっているのかどうか不安ではあります。ただ、札幌に「らーめん爐」という昔から焦がしラードを使ったお店があり、そこのみそラーメンはなかなかの味。今回は焦がしニンニク油で焦がしラードとは違いますが、それでもみそと焦がし風味は相性が良いので、今回も大丈夫なのではないかと考えています。

それではどんな味の一杯になっているのか、じっくり食べてみたいと思います。



商品概要



先日の「焦がし醤油」では液体スープの中に焦がしニンニク油が一緒に入っていましたが、今回は液体スープと調味オイル(焦がしニンニク油)が別の袋に分かれています。



麺は「焦がし醤油」と色も形状も同じように見えます。太さも違いはないのではないかと思いますが、一緒に食べ比べてみたわけではないので、ひょっとしたらちょっと違うのかもしれません。具は「焦がし醤油」に入っている具に加えてキャベツが入っていますが、タマネギがちょっと少なくなっているように見えました。

品名:日清ラ王 焦がし味噌
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別220円
取得価格:税込213円(イオン)

栄養成分表

1食122g(めん75g)あたり
エネルギー:481kcal(めん・かやく337kcal スープ144kcal)
たん白質:10.7g
脂質:19.2g
炭水化物:66.3g
食塩相当量:6.6g(めん・かやく1.9g スープ4.7g)
ビタミンB1:0.18mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:165mg



焦がし風味とみそ味の相性は抜群だが、複合的な味のバランスは「焦がし醤油」に軍配

スープは「白味噌に豚骨を合わせたコクとうまみのある味噌スープ」で、「焦がしニンニク油で香ばしい風味をきかせ」、「山椒が爽やかなアクセントを加え」るとのこと。みそラーメンとは思えない真っ黒な油膜に覆われたスープで、一見だと「焦がし醤油」とあまり違いのないスープのように見えます。

白みそにとんこつを合わせたというベースのスープは、それほどこってり感はないものの、強くみそが香っています。この味に焦がしニンニクが加わることで変化が生まれ、みそ味に焦がし風味でなかなかのインパクト。基本的にはみそ味のスープではあるものの、焦がしニンニクの良い風味が広がり、パワー型のスープに仕上がっています。やはり焦がし風味とみそ味の相性はかなり良いですね。相性は「焦がし醤油」に負けていません。おいしいです。

山椒練りこみ麺とは別にスープにも「山椒調味油」によって山椒が加味されていますが、こちらは「焦がし醤油」に比べると前に出てきません。みそ味の主張の強さがネックになっているように思われます。また、みそ味と合わせることで、焦がし風味やニンニクの味、特にニンニクの味に持続性がなくなり、食べ進めていくうちに複合的な味をあまり感じられなくなってきます。味が最後まで持続した「焦がし醤油」のしょうゆ味に比べると、みそ味の強いバランスで、「焦がし醤油」ほどの絶妙なバランス感はないです。

味のバランスが良く複合的な味を楽しめる「焦がし醤油」の方が完成度が高いスープだと感じましたが、焦がし風味とみそ味の組み合わせはもまた格別なものではありました。どちらかを選ぶ必要があるなら、しょうゆが好きかみそが好きかくらいの理由で選んで良いのではないでしょうか。



「山椒練りこみ麺」を使用しているが、山椒の味を感じ取り難い



麺は「"まるで、生めん。" のようなコシとつるみ、もっちりとした食感の太麺に、山椒の粉末を練りこみ」、「噛むほどに山椒の風味がじんわりと香」るとのこと。「焦がし醤油」で使われている麺と同じに見えるノンフライ麺で、今回の商品の主役のひとつである「山椒練りこみ麺」です。上の写真でわかる通り、山椒の粒が麺に練り込まれていることがわかります。麺全体の色も黒っぽくなっています。通常商品の「日清ラ王 香熟コク味噌」に比べるとひとまわり細いように感じました。

山椒が練り込まれている麺ですが、スープのみそ味が強く、山椒の存在は少し感じ難いです。「焦がし醤油」では山椒が入っていることがはっきりわかったので、「山椒練りこみ麺」はみそ味よりもしょうゆ味のほうが相性が良く、スープを選ぶ麺だと感じました。山椒を抜きにすれば、スープと麺の組み合わせは悪くなく、みそ味のスープの中でも麺の小麦感がしっかり伝わってきました。

タマネギが「焦がし醤油」ほど目立てていない



具は「ミンチ肉、キャベツ、白ネギ、青ネギ、タマネギ」とのこと。ミンチ肉、白ネギ、青ネギ、タマネギが「焦がし醤油」と共通で、それに今回キャベツが加わっていますが、代わりにタマネギの量が減っているようです。通常商品の「日清ラ王 香熟コク味噌」に入っているコーンが入っておらず、通常商品には今回入っているタマネギが入っていません。

ミンチ肉は通常商品と同じ程度に入っており、おそらくそれほど違いはないミンチ肉と思われますが、黒いスープを含んで黒くなるため、ちょっと別物のように見えます。本当なら日清お得意の乾燥チャーシューをででーんと入れてもらいたいところですが、今回はスープにかなりコストが割かれていそうなので、これでも十分かと思います。

「焦がし醤油」にも入っていたタマネギですが、「焦がし醤油」の時ほど目立てていませんでした。タマネギの量がそもそも少ないことに加え、こちらも山椒練りこみ麺同様、スープのみそ味が強いためタマネギが前に出てこれない側面もあったように思います。やはり今回のような複合的な味にはみそより主張の小さいしょうゆの方が長けているように感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
焦がし風味とみそ味の相性は抜群で、パワー型のスープに仕上がっています。ただ、「焦がし醤油」で感じた各味のバランスの良さはなく、みそと焦がし風味のパワーで成立した味となっているように感じました。例えるなら、「焦がし醤油」が個を排し戦術を徹底した組織サッカーなのに対し、「焦がし味噌」はみそと焦がし風味の組み合わせという稀代のファンタジスタを中心に個の突破力をメインに据えたサッカーと言った感じです。焦がし風味とみその組み合わせは素晴らしかったですが、完成度の高い「焦がし醤油」に比べるとやや力押しの感は否めませんでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加