煮干しラーメンの名店中の名店「凪」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 煮干拉麺 凪 すごい煮干ラーメン」。2018年9月3日発売の新商品です。東京新宿の名店「すごい煮干ラーメン 凪」の味を再現した商品です。「ラーメン凪」のカップ麺はこれまでにも東洋水産から何度か商品化されています。



すごい煮干ラーメン 凪」は、東京新宿ゴールデン街に本店のある、煮干しラーメンでまっ先に思い浮かべる人が多いと思われる有名店の中の有名店。東京都内を中心に多店舗展開しています。別業態の「ラーメン凪 豚王」も有名店ですよね。そしてこの店のマークというかエンブレムも特徴的で、これ見ただけでラーメン店の「ラーメン凪」のマークだとわかります。



私は一昨年に、東京秋葉原UDXに入っていて現在は閉店してている支店で食べたことがありますが、いやはや確かにすごい煮干しでした。なんか上に乗っている魚がグロいと思わなくもないですが、濃厚な煮干しスープです。ただ、かなり麺が太いのと、ワンタンが入っていることにより、麺やワンタンと一緒に食べるとスープの煮干しの濃さほど実際にガツンとくる感じでもなかった印象でした。あくまでもう閉店してしまった支店で食べた感想なので、本店で食べるとまた違うのかもしれません。

今回は東洋水産のタテ型カップ麺での登場で、「本気盛」の太い油揚げ麺を使用しているならば、お店の麺と比較的近いようにも思います。果たしてどんな胃牌になっているのか、食べるのが楽しみです。



商品概要



品名:マルちゃん 煮干拉麺 凪 すごい煮干ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税別210円
取得価格:税込224円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食96g(めん70g)あたり
エネルギー:413kcal(めん・かやく312kcal スープ101kcal)
たん白質:12.6g
脂質:18.5g
炭水化物:49.0g
食塩相当量:6.9g(めん・かやく2.3g スープ4.6g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:259mg



粉末と液体で大量の煮干しが入ったしょうゆ味のスープ

スープは「醤油・ポーク・チキンの旨味をベースに、煮干しなどの魚介を利かせた醤油味スープ」とのこと。鶏と豚をベースとする濃いめのしょうゆ味に、強く煮干しを効かせることで「凪」の味を再現したスープです。

鳥や豚の動物系のしょうゆ味に強い煮干しで魚介を効かせたスープですが、バランス的にはダントツで煮干しが上回ります。もともとカップに入っている粉末に大量の煮干しの粉が入っており、見た目でも味でも強力な煮干しなのですが、別添の「特製スープ」がちょっとオイリーでしょうゆ味のついた強い煮干し味で、粉末に液体と煮干しを重ねてきていました。特に粉末の煮干しの量は強烈で、歴代の煮干しカップ麺の中でも上位の量なのは間違いないところです。

ただこれだけで終わらないのが「ラーメン凪」のスープの特徴で、動物系の豚や鶏、特に私は鶏が強めに感じられ、単なる煮干しスープよりも奥行きがある味になる半面、雑味としてクリアな煮干しスープを阻害しているようにも感じられました。なんでしょうね、確かに煮干しがすごい量で強いんですが、もっと攻撃的な煮干しでも良いように思います。

この味の傾向は、私が以前秋葉原UDX店で食べた味と同じ傾向で、再現性としては悪くないのではないかと思います。カップ麺の中でも最高クラスに煮干しの強さは感じるものの、入っている煮干しの量を考えるとやや籠もり気味の煮干しにも思いました。なんか私が勝手に、煮干しスープに勝手に理想郷のような幻想を抱いている可能性も否定できませんが。



「本気盛」シリーズと同じような太い油揚げ麺でスープとのバランスは良い

麺は「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。やや平打ちで厚みもある、縮れた太い油揚げ麺です。

形状は「本気盛」シリーズの麺のイメージそのままで、おそらく似たような麺だと思われます。麺が「本気盛」なので、「本気盛」シリーズの派生商品と言って良いのではないでしょうかね。麺量は70gで本気盛よりちょっと少ないです。実際のお店の麺はさらに太いですが、カップ麺でお店の麺を再現するのなら、製法的な制約を考えれば再現性が高い麺といえると思います。

本気盛の麺なので主張が強いですが、スープもかなり濃いため、バランスは良いと思います。ただ、煮干しの味をもっと強調するのであれば、麺は細い方がスープが前に出て良いように思いました。お店の麺でも同じような印象を持ったので、再現性は高いように感じました。

豚肉がたくさんで、お店再現カップ麺としては食べ応えのある具



具は「味付豚肉、めんま、ねぎ」とのこと。豚肉が結構たくさん入っていて、「本気盛」シリーズほどではないもののお店再現カップ麺としては具のボリュームがありました。

お店の「すごい煮干しラーメン」の具というよりは、多少スケールダウンした「本気盛」の具という印象で、いずれもお店のラーメンに入っている豚肉、メンマ、ねぎの組み合わせではありますが、実際のお店の具は結構すごいので、再現性は限定的です。豚肉は東洋水産らしく脂分の少ないタイプで、がっしりした食感が特徴的。ねぎは青ねぎメインで量はそこそこ。メンマはそれなりの大きさのカットではあったものの量が少なく、煮干しのスープととても相性が良いのでもっと入っていて欲しかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
すごい煮干しラーメン 凪」の味を再現したカップ麺で、今回は評価を★4としましたが、スープと麺の再現性は高いです。これでもかと入った煮干しの量は最高クラスで、確かにすごい煮干しです。ただ、スープの鶏や豚の味が煮干しを際立たせるにはやや雑味として感じられてしまい、また麺が太く主張が強いのも煮干しを活かすには適していないように思います。そこ含めて実際のお店の味に近いものを感じました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加