同時発売された「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」3品のうちのひとつ

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ」。2018年8月27日発売の、大盛りカップ麺の定番「スーパーカップ」シリーズの新商品です。ちょっとフライングで発売前のレポとなります。

8月27日に、「スーパーカップ1.5倍 超やみつきシリーズ」として3つの商品が同時に発売され、今回の「担担麺」はそのうちのひとつになります。他の2つの商品は「豚キムチラーメン 超やみつきブタキムオイル仕上げ」と「たっぷり野菜タンメン 超やみつきペッパー仕上げ」で、この2つも後日食べてレポしたいと思っています。今回は担々麺で「超やみつきスパイス仕上げ」ということなので、激しい花椒や唐辛子の味が期待できるのでしょうか。

今回発売の3品は、「超やみつき」パックが別添されるのとともに、スーパーカップおなじみの「カドメン」譲りの食感の強さを持ちつつも、「のど越しの良さとスープとのマッチングを追求した新開発のめんを採用」しているとのことで、麺にも注目して食べてみたいと思います。果たして本当に超やみつきになる一杯なのかどうか、エースコックは担々麺を作るのが得意なので、大いに期待できそうです。



商品概要



品名:スーパーカップ1.5倍 担担麺 超やみつきスパイス仕上げ
メーカー:エースコック
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込212円(セイコーマート)

栄養成分表

1食124g(めん90g)あたり
エネルギー:553kcal(めん・かやく430kcal スープ123kcal)
たん白質:11.5g
脂質:26.3g
炭水化物:67.6g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく2.1g スープ4.4g)
ビタミンB1:0.47mg
ビタミンB2:0.61mg
カルシウム:360mg



花椒や練りごま、粒ごまなどバランス重視の担々スープだが少しインパクト不足

スープは「ポークをベースに豆板醤や甜麺醤、練り胡麻を利かせた担担麺ス-プ」で、「別添の超やみつきスパイスで爽やかな香りと辛さが楽しめ」るとのこと。ポークとしょうゆ味がベースで豆板醤や練りごまが効いた、バランス型の担々スープです。

まずは別添の「超やみつきスパイス」を入れる前のスープの味から。エースコックの担々麺のスープと言えば、私は練りごまの強く効いた風味の良いまったり系スープを思い浮かべるのですが、今回のスープは練りごまの効きはほどほどで、豆板醤や粒ごまの風味も感じるバランス型のスープです。豚脂や豚の旨みが太めに効いているため、しっかりした味のスープとなっていますが、スープ単体では辛味はピリ辛以下で弱く、最近の担々麺の先鋭的な味とは違う、やさしめの味です。スープ単体でも十分成立する味ではあるものの、正直、担々麺らしい刺激は物足りず、かと言って別の特徴がある味というわけでもありません。



別添の「超やみつきスパイス」を加えることで、最近の担々麺らしい花椒の香りが感じられるようになり、風味豊かなスープに仕上がります。ただ、シビレは食べ進めていくうちに舌がちょっとピリピリしてくるものの、直接的な大きい刺激はあまり強くなかったです。辛味もそれほど強くなく、せいぜいピリ辛程度かなと思います。「超やみつきスパイス」という言葉でイメージするような強いスパイス感ではありませんでした。

花椒の風味をしっかり効かせつつも、比較的誰でも食べられそうな辛さに抑えているところに価値を見出だせそうですが、担々麺らしい刺激的な味も、エースコックの担々麺らしい強い練りごまの味もなく、ちょっとインパクト不足のように感じました。一芸に秀でているというよりは、総合力で勝負しているスープです。



中細よりちょっと太い、丸い切り口の油揚げ麺

麺は「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるめん」とのこと。中細よりは少し太く感じる、切り口の丸い油揚げ麺です。

カドメン譲りの食感の強さを持ちながら、のど越しの良さとスープとのマッチングを追求した新開発のめんを採用」とのことですが、それほど新しい印象はなく、今までにも食べたことあるような麺です。丸麺であること、そしてやや細めなことから「カドメン」とは称さないのだと思いますが、しっかりした噛み応えがあり、そこは確かに「カドメン」譲りだと思います。今回の担々麺としては刺激の小さいスープなら、主張の強いカドメンを使用するよりも、それより細く、丸麺で口当たりのやわらかい今回の麺の方がバランスはよく取れると思います。

麺量は90gで、スーパーカップの他の商品と同じ量です。スープ量に比して麺量が多いため、スープ表面からせり上がってくる麺の姿はなかなかの迫力です。そして「カドメン」より細いため、麺量がちょっと多く食べ応えがあるように感じられます。スーパーカップらしく迫力十分でした。

粒ごまの風味がスープの中で存在感があった

具は「風味の良いごま、肉そぼろ、ねぎ、唐辛子を入れ」たとのこと。核になる具はないですが、細かい具が賑やかに入っています。

スープのところでも触れたように、粒ごまがスープの中で良い存在感を放っています。練りごまとは違うごまの風味の良さがしっかり感じられますが、担々麺としての他の要素が弱いために入り込む余地があった形のようにも思います。もっとシビレたり、もっと辛かったりしたら、粒ごまの存在感や弱くなっていたと思うので、スープの物足りなさと表裏一体なところだと思います。

肉そぼろはそれほど量が多くありません。ねぎは細かいカットのものがそれなりに入っており、口の中に入ってくると、麺とは違う食感でアクセントを加えていました。具の全体量は、いつも具が多くない「スーパーカップ」シリーズとしてはまずまずなのかなと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「スーパーカップ」シリーズの「超やみつきスパイス仕上げ」という担々麺でしたが、最近の担々麺としては刺激が小さく、エースコックらしい練りごまの強さも際立っていない、総合力で勝負するスープでしたが、インパクト不足のようにも感じました。せっかくのスパイスを売りにする商品なので、もうちょっと花椒のシビレや唐辛子の辛みを効かせても良かったのかなと思います。スープと麺のバランスの良さや、粒ごまの香ばしさはありましたが、やや小さくまとまり気味だったのは残念でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加