新たに「カメリアラード」を使用した「ぜんや」のカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン」。2018年8月20日発売の、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。埼玉県新座市にあるしおラーメンの名店、「ぜんや」の味を再現したカップ麺です。

ぜんや」は埼玉県新座市にあるしおラーメンの名店。もう開店から20年近く経っていますが、ずっと人気のお店で、今でも行列が絶えない人気店のようです。カップ麺でも何度も登場しているお店なので、知名度は全国クラスかと思われます。ホタテと昆布だしの効いた力のあるスープが特徴の名店中の名店です。

ぜんや」のカップ麺は、その昔は明星食品&セブンイレブンから「地域の名店シリーズ」の商品として発売されていたことがあります。高価格商品ならではの完成度でした。その後2016年からは、エースコックの「一度は食べたい名店の味」シリーズに移行し、何代かリニューアルを重ねて現在に至ります。今回は商品名に「ホタテだし」が入って、ホタテの味であることがより強調されるとともに、お店こだわりの「カメリアラード」が使用されていることが大きな変更点のようです。



「カメリアラード」とは?

こち亀に出てくるラードかな?と思いましたが(寒)、オランダのロミ・スミルフード社が手がける「カメリア」ブランドの最高級ラードで、香りの強さが特徴だそうです。高級とんかつ店の揚げ油としても利用されていて、私は知りませんでしたがかなり有名なラードのようです。今回これを使用していることで、ラードのこってり味がパワーアップが期待できそうですね。

商品名に「ホタテだし」が加わり、新たに「カメリアラード」を使用した今回の「ぜんや」は、果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年8月20日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食90g(めん70g)あたり
エネルギー:367kcal
たん白質:8.2g
脂質:13.0g
炭水化物:54.2g
食塩相当量:7.4g(めん・かやく2.1g スープ5.3g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:227mg



エッジの立ったホタテの味に、強いラードのこってり感が際立つしお味スープ

スープは「鶏と豚や野菜の旨みを加えた、シンプルながらもクセになる塩ラーメンスープ」で、「ホタテや昆布の風味豊かな旨みに店主こだわりのカメリアラードを加えることで、お店の味わいを再現し」たとのこと。鶏メインのしお味スープで、ホタテや魚介の風味が強く効いています。

鶏主体のしお味のスープで、ホタテや魚介が強く効いています。特にホタテは前回発売時よりだいぶパワーアップしている印象で、貝だし特有の舌の横に感じるほろ苦さが感じられました。これはなかなか強力なホタテだしです。また、魚介の味も強めで、ホタテとあわせてガツンとくる味に仕上がっています。反面、前回時の大きな特徴であった昆布だしのやわらかさは相対的に弱くなり、まろやかなスープという印象はなくなりました。あっさり系の多いしお味のスープでも、今回はかなり濃くて強い味になっています。



上の写真は「カメリアラード」の入った液体スープです。ラードが入っているのでドロッとしています。「カメリアラード」の効果なのかはわかりませんが、豚脂の強さも増しているように感じられ、ホタテや魚介の強さと相まって、かなりこってりしたスープになっています。油感がかなり強く、ここまでくるともう、白金あたりの有閑マダームが「暑いのでさっぱりしたしおラーメンが食べたいですわよおほほ」なんて買おうとしても絶対おすすめしません。

全然関係ありませんが、その昔学生時代にバイト先で同僚として白金在住のマダームらしき人が働いていて(金銭的に困っていなそうだったのでなぜコンビニでバイトしていたのかはいまだによくわかりませんが)、その人が仕事を辞める時に「お世話になったから何か買ってあげるよ」と言ってくれたので、「ではタバコでもお願いします」とお願いしたら、その場で3カートンも買ってくれて、感謝とともにドン引きしたのが強烈な思い出として残っています。お金あるところには本当にあるんだなと痛感したひと時でした。

話を戻しまして、ラードがスープにインパクトを加えているのは間違いなく、新境地の濃厚こってりしお味スープでした。前回までもホタテの効いたこってりスープでしたが、今回はよりホタテのエッジが立ち、またラードのこってり感も増した印象でした。



お店より太いように見える太い油揚げ麺

麺は「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性が良く、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。カップの大きさにそぐわないレベルで太い油揚げ麺です。

お店の麺は、ネットで調べてみた感じだとここまで太くはなさそうですが、今回のスープは味がかなり強い上、ラードのこってり感も併せ持っているため、これくらい太い麺の方がスープとバランスが取れて良いと思います。太いので主張が強い麺ですが、スープと麺の相性はとても良かったです。スーパーカップの「カドメン」でもここまで太い麺はなかなかないのではないかと思います。スープ表面の油が麺によく絡むため、麺が太い割にはスープと麺に一体感があり、良い組みあわせだと感じました。

麺量は70gで、普通サイズと大盛サイズの中間くらいの量ですが、麺が太いため口にたくさん入ってくることもあり、普通サイズくらいの麺量に感じられました。太麺は実際の麺量よりも少なく感じることが多いように思います。

ホウレン草がラードと絡み、油炒めのような味になっていておいしかった



具は「程良く味付けした焼豚、彩りの良いほうれん草、コリコリとした食感の良いメンマを加えて仕上げ」たとのこと。具の量は定価税別205円の商品としてはちょっと少なめ。

チャーシューは安価商品でよく使われているような、ペラペラで肉感のないタイプ。脂の差しもなく、あまり強く主張することはできない質感です。メンマはしお味スープと相性良かったですが、細切れで量はそこそこで、お店で大量に入っているメンマのような主張はなかったです。

面白かったのはホウレン草で、スープのラードと絡むことにより、油炒めのホウレン草を食べているような感覚になり、これはとてもおいしかったです。そんなにたくさんは入っていなかったですが、具の中では最も目立っているように感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
商品名に「ホタテだし」と入り、「カメリアラード」を新たに使用した今回の「ぜんや」カップ麺でしたが、ホタテの味が強くなり、またラードの存在感も大きく増した印象でした。より濃い味に、よりこってりに進化した感じがしました。こってり濃厚しおラーメンです。お店よりも太く見える麺でしたがスープとの相性は良く、またホウレン草がラードと絡むと油炒めみたいな感じになっておいしかったです。パワーアップを実感できる一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加