「麻辣」がテーマの「中華三昧カップ」シリーズの担々麺

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺」。2018年8月13日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品です。レポ済の「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」との同時発売です。「中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」はコンビニで入手することができましたが、こちらは私の行動圏のコンビニでは手に入らず、スーパーで発見して購入しました。同時発売でも両者の販路は違う可能性があります。

以前には「明星 中華三昧PREMIUM 濃厚担々麺」という「中華三昧」シリーズの担々麺が発売されていましたが、今回は「PREMIUM」を冠しない商品で、価格もだいぶ安くなっています。当然、何かしらのコスト減の影響が見られるとは思いますが、今回も「中華三昧」らしい品質の高さに期待したいところ。「濃厚担々麺」は、文字通りの濃厚な練りごまが特徴でしたが、今回は「麻辣」をテーマに花椒のシビレを効かせたスープとのことで、同じ担々麺でもだいぶ趣向の異なった味なのかと思われます。

同時発売の「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」では、「麻辣」をテーマに、単にシビレが強いわけではなく上品な効かせ方が特徴的でした。今回の商品も同じ「麻辣」がテーマで、同様の味の傾向ならば期待は膨らみます。最近のカップ麺の強シビレとは違ったアプローチに期待したいです。どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺
メーカー:明星食品
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税別198円(西友)

栄養成分表

1食115g(めん65g)あたり
エネルギー:444kcal(めん・かやく404kcal スープ40kcal)
たん白質:13.9g
脂質:16.7g
炭水化物:59.5g
食塩相当量:8.6g(めん・かやく4.0g スープ4.6g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:242mg



上品なシビレの効かせ方が特徴だが、「中華三昧」としてはやや物足りなさを感じるスープ

スープは「ポークエキスをベースに甘い香りとコクが特徴の練りゴマ・すりゴマを使用した特製の芝麻醤を加えたスープに、花椒のしびれと辣油の辛みを効かせた中華感あふれる本格的な担々スープ」とのこと。練りごまの入ったしょうゆ味ベースの担々スープで、花椒がほどほどに効いています。

練りごまや芝麻醤が入り、練りごまの味がしっかりしたスープですが、濃厚感はあまりなく、練りごまベースとしてはさらっとした印象のスープです。主題が「麻辣」なので、練りごまは奥に引っ込んでいる格好ですが、「中華三昧」のスープということを考えれば、味の厚みが少し物足りない感じがしました。以前の「明星 中華三昧PREMIUM 濃厚担々麺」では練りごまがかなり強かったので、それと比べてしまうと余計に軽い味のように感じてしまいます。

花椒のシビレは強くもなく弱くもなく。練りごまよりは目立っていて、じわじわとシビレが効いてきますが、同時発売の「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」と同様、ガツンと効いてくるわけではなく、上品なシビレの効かせ方と言えます。ただ、ベースがパンチ不足ということもあり、シビレを含めてもそれほどインパクトのある味だとは感じません。ラー油を効かせたという辛味もせいぜいピリ辛程度で、こちらもだいぶ弱い印象でした。このあたりは「PREMIUM」が冠されない由縁かもしれません。「PREMIUM」商品や袋麺の「中華三昧」に比べると物足りない味でした。

上品なシビレの効かせ方でおいしいスープなのは間違いないですが、この商品が「PREMIUM」が冠されていないとはいえ「中華三昧」の商品なので味のハードルが上がることを考えれば、全体的な味の強度がもう少し欲しかったですね。



スープとバランスの取れた中細のノンフライ麺

麺は「しなやかでつるみのあるノンフライ麺」とのこと。低加水の中細ノンフライ麺です。

やや縮れのある麺で、低加水で担々麺らしい麺です。スープの押しがあまり強くないですが、麺も主張がないので、両者のバランスはよく取れています。麺自体に多少甘みを感じ、スープの中でほどよく主張していました。「中華三昧」の袋麺とはぜんぜん違いますが、なかなか質感の良い麺です。

ただ、「濃厚担々麺」の時のような、低加水でありながら生麺らしいつるみや弾力を感じる麺ではなく、このあたりは「PREMIUM」かどうかの違いがあるのかもしれません。

具は少なくて、「大きめカットのチンゲン菜」もあまり大きくなかった

具は「大きめカットのチンゲン菜とひき肉に、ゴマ・スイートチリを組み合わせ」たとのこと。具の量はそれほど多くありません。

大きめカットのチンゲン菜」という説明文の書き方は同時発売の「中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」と同じですが、実際はカットの大きさが全然違い、今回のチンゲン菜は従来と同じような小さなカットでした。もうちょっとカットが大きく、また量も多くなければ、存在感は発揮しにくいんじゃないかと思います。

挽肉もそれほど多くありません。間口の広いカップなので余計に物足りなく感じてしまいます。価格が違うので致し方ないところですが、「PREMIUM」のついた商品とはだいぶ違いがあるように見えました。ごまやスイートチリもそれほど目立っていませんでした。スープの味がそれほど強くないので、ごまはもっと入っていれば大きく目立っていたと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「麻辣」をテーマにした「中華三昧」シリーズの担々麺でしたが、「中華三昧」の担々麺としては練りごまが強くなく、また「麻辣」部分の花椒のシビレやラー油の辛味も控えめで、良く言えば上品、悪く言えばパンチ不足だと感じました。以前には「PREMIUM」を冠した担々麺が出ていましたが、それと比べると麺や具にも見劣る部分があります。価格差があるので致し方ないところではあるものの、ちょっと惜しい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加