「麻辣」をテーマにした「中華三昧PREMIUM」の新商品

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」。2018年8月13日発売の、「明星中華三昧」シリーズの新商品で、その中でも高級ラインの「PREMIUM」を冠するカップ麺です。今週、「麻辣」をテーマとした「中華三昧」シリーズが袋麺2種とカップ麺2種で同時発売され、今回の商品はそれら商品群のうちのひとつとなります。もうひとつのカップ麺「明星 中華三昧カップ 麻辣担々麺」も後日レポ予定ですが、今のところ手に入れらていません。果たして手に入れられるのでしょうか。

今回の「明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば」は、「PREMIUM」を冠する「中華三昧」の高級ライン商品で、「麻辣」をテーマに仕上げたまぜそばです。この手の味は「汁なし担々麺」が現在一世を風靡していますが、今回は汁なし担々麺ではなくまぜそばです。おそらく今回は、担々麺で特徴的な練りごまが使われていないものと思われます。「中華三昧PREMIUM」では今年4月に「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」が発売されており、花椒や唐辛子で刺激的でありながらも、練りごまの強く効いた担々麺らしい一杯でした。今回は担々麺ではないので、それとは一線を画す味で勝負してきているものと思われます。

中華三昧」といえば、明星食品における袋麺シリーズの代表的なブランドのひとつであり、またノンフライ麺ブランドの草分け的存在でもあります。当然、メーカーとしてはかなり大事にしているブランドと思われ、実際、カップ麺としても完成度の高い商品が多く発売されてきました。明星食品にとって、Gガンダムにおける「爆熱ゴッドフィンガー」、忍野忍における「妖刀心渡」クラスの存在かと思われます。

これまでの「中華三昧PREMIUM」の実績を考えれば、今回のカップ麺の成功も約束されたようなものですが、果たしてどんな味に仕上がっているのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:明星 中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば
メーカー:明星食品
発売日:2018年8月13日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食114g(めん80g)あたり
エネルギー:424kcal
たん白質:8.6g
脂質:12.1g
炭水化物:70.1g
食塩相当量:4.6g
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:165mg



シビレや辛味の中で黒酢の酸味と風味をしっかり感じるたれ

たれは「チキンをベースに黒酢独特のコクと酸味、麻辣醤・甜麺醤の旨みを加えた旨辛ダレに、花椒を強く効かせたしびれが特長のラー油ベースのオイル」で、「花椒、赤唐辛子、ゴマを組み合わせた花椒の香りとしびれる辛さのふりかけ」が別添とのこと。しょうゆ味ベースに麻辣醤や花椒でシビレを効かせ、黒酢の酸味を強めに感じるたれです。

しょうゆ味ベースでシビレの強いたれですが、練りごまの存在がないため、汁なし担々麺とは違う味となっています。しょうゆ味に黒酢の酸味とまろみが強く感じられ、その後にじわじわ奥からシビレがやってくる印象です。最終的にシビレは結構強めではあるものの、奥ゆかしさを感じるシビレとなっていました。シビレに比べると唐辛子の辛味は強くなく、激辛レベルには達していないと思います。シビレ強めで辛みはほどほどとなっていて、主役の味はしょうゆや黒酢、甜麺醤の旨味のように感じられました。

特に印象的だったのが黒酢の酸味で、シビレに負けずに強めに効いています。酸味の存在によって、単に辛いだけの味ではないことを強く主張しているように感じられました。黒酢独特の風味もほのかにあり、味の奥深さを出すことにも貢献していました。

ふりかけとして別添されている花椒、赤唐辛子、ゴマのふりかけは、たれにやや足りない直接的な刺激を補う効果がありました。そんなにたくさん入っているわけではないので強く刺激的というわけではないものの、たれにワンパンチ加え、エッジを立たせる効果があるように感じました。「一平ちゃん夜店の焼そば」のふりかけに見られるような、ソースの味を食って主役になってしまう存在とはひと味違っています。



多加水麺ながらゴリゴリ感のない上品な質感のノンフライ麺

麺は「しなやかで弾力のある太めのノンフライ麺」とのこと。中太よりやや太めに感じる平打ちのノンフライ麺です。

弾力が強い多加水麺で、袋麺ほどではないものの弾力の強さやつるみは共通しています。弾力はあるものの多加水ノンフライ麺でよく行き当たるゴリゴリした食感はなく、なめらかさも併せ持っています。このあたりさすが「中華三昧」といったところでしょうか。上品な質感のノンフライ麺です。

太めの麺ですが、たれの味もかなり強いため、たれと麺のバランスはしっかり取れています。麺に感じる甘みがたれの味の中でアクセントになっており、うまくまろやかさを伝えていたように思います。ともすれば汁なし麺のたれは濃いとか塩辛いと感じる場面もあるのですが、今回の麺はの甘みはその部分をしっかり吸収できていました。おそらく「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」の時と同じ麺だと思われますが、本当に良い麺です。

チンゲン菜と鶏肉どちらもカットが大きく、味と食感を楽しめる



具は「大きめカットのチンゲン菜と鶏肉を組み合わせ」たとのこと。チンゲン菜と鶏肉、どちらも汁なし麺カップ麺としてはしっかりした量が入っています。

大きめカットのチンゲン菜」とのことですが、確かに大きかったです。カップ麺に入っているチンゲン菜の多くはカットが細かくて、せっかくの味を楽しめないことが多いのですが、今回くらい大きければ、味も食感もしっかり楽しめます。「明星 中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺」にもチンゲン菜が入っていましたが、その時と比べてかなり大きく、また量も多かったです。これは大きな変化かと思います。

鶏肉は、日清食品のカップ麺でよく用いられている蒸し鶏と似ているタイプで、こちらもチンゲン菜同様にカットが大きく食べ応えがありました。カットを大きくすることで鶏らしい食感がきちんと感じられました。

限られたコストの中で具材を入れなければならない廉価商品の場合、具を細かくカットしてかさを増させるのは効果的な手法ですが、「PREMIUM」と冠する今回の商品の中では、具を大きくすることでうまく高級感が出ていたにように思います。チンゲン菜も鶏肉もしっかり味と食感を堪能でき、高価格帯商品らしいデキでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
辛いのと汁がないのとに激甘なことで知られるこのブログですが、両方合わさった今回、当然ながら高評価です。シビレや辛味の強い中で黒酢の酸味と風味を効かせ、単なる激辛味ではないことを強く印象づけるたれはかなり秀逸です。また、多加水ノンフライ麺ながらゴリゴリ感がなく、しなやかさも併せ持つ、「中華三昧」らしい素晴らしい麺でした。具のチンゲン菜と鶏肉はカットが大きく、それぞれの味と食感をしっかり楽しめるものとなっています。定価税別220円でやや高めの価格設定ですが、この品質だとむしろ安いです。250円オーバークラスの満足感を得られる一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加