名古屋屈指の人気店「らぁ麺 紫陽花」の味を再現!!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」。製造は加ト吉水産。2018年8月6日発売の新商品で、名古屋の人気ラーメン店「らぁ麺紫陽花」の一杯を再現したカップ麺です。

らぁ麺紫陽花」は、名古屋に2015年にオープンしたお店で、ご自身を「元らヲタ」だとしている方のお店です。ラーメン好きが高じて自分のお店を開いてしまうなんてすごいことですよね。食べてあーだこーだ言うことと、実際作ることはまったく別の問題で、私なんかおそらくメーカーの人よりたくさんカップ麺食べていますが、どうやって作るのかは工場見学レベルくらいでしか理解していません。どこでお店お開き、スープを作って、タレをあわせて、麺は自家製かメーカーに委託するか、材料はどこで調達するか、従業員をどうするか、お店を開くにあたり考えなければいけないことが多すぎて、私なんかだともう食べてるだけでいいやと絶対思ってしまいます。

お店は名古屋でも屈指の人気店で、開店前から行列ができてしまうほどの盛況ぶり。お店のメニューは今回のカップ麺が再現している「醤油らぁ麺」と、「麻辣担々麺」、そして「濃厚つけ麺」が主だったもので、特に「醤油らぁ麺」が看板メニューのようです。「台湾ラーメン」や「台湾まぜそば」、そして「スガキヤ」のお膝元である名古屋にあって、それらを意に介さず我が道を行っています。

名古屋屈指の人気店の味を再現したカップ麺、果たしてどんな味なのか、襟を正して食べてみたいと思います。



商品概要



品名:らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺
メーカー:寿がきや食品(加ト吉水産製造)
発売日:2018年8月6日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別238円
取得価格:税込257円(ローソン)

栄養成分表

1食122g(めん70g)あたり
エネルギー:397kcal
たん白質:11.6g
脂質:14.4g
炭水化物:55.1g
食塩相当量:6.8g(めん・かやく1.7g スープ5.1g)
カルシウム:159mg



味も香りも強くて濃いしょうゆ味に、強い鶏ガラ、魚介がしっかり効いた「激しい」スープ

スープは「生醤油を使用した香り高い醤油の味わいに、鶏の風味が香るスープ」とのこと。濃くて香りも強いしょうゆ味に、鶏ガラと鶏油が強く効いたスープです。

一般的に鶏ガラしょうゆ味のスープと言えばあっさり味が基本だと思いますが、今回のスープはさにあらず、半ば塩辛いレベルで強いしょうゆ味で、しょうゆの香りもかなり強めです。特に生醤油を使った香りは特筆モノでしょう。パンチのあるしょうゆ味。そしてそれに負けずに、舌の横にビリビリくるレベルで鶏ガラが強く、ふわっと鼻に抜けてくる鶏油も大きな特徴です。こんな良い意味で「激しい」鶏ガラしょうゆ味のスープは初めて食べるかもしれません。辞書調べたら「鶏ガラしょうゆ」の対義語として「激しい」が載ってるくらいなのに(ウソです)、まさかこの2つを両立させてくるとは。原材料を見てみると「チキンブイヨン」との記載があり、これが鶏の地の強さにつながっているのかなと思います。

また、今回のスープはしょうゆの濃さと鶏の強さに留まらず、第3極として魚介の存在もはっきりわかります。しょうゆが魏なら、鶏が荊州を支配下に置いた呉くらいのパワーバランスで、その上で魚介が孔明の北伐が成功して長安以西を魏から分捕ったと仮定した時くらいの力はありそうです。いやー三国志で例えると物事がだいぶ分かりづらくなりますな!鶏ガラとしょうゆのスープの中で魚介がしっかり幅を利かせることで多少の和風テイストが入り、奥行きを感じるスープになっていました。これはおいしいです。



中太で弾力と縮れの強い、全粒粉入りのノンフライ麺

麺は「全粒粉を配合した、なめらかでモチモチした食感のノンフライ平打ちめん」とのこと。縮れのかなり強い平打ちの中太麺です。全粒粉の存在が確認できる黒っぽい色味が特徴。

弾力の強い多加水麺で、平打ちで太めのため、かなり主張の強い麺となっています。今回のスープはしょうゆと鶏がとにかく強いため、これだけ存在感のある麺でもしっかりバランスが取れていました。強い縮れがあってスープをよく拾うこともバランスの良さにつながっているものと思われます。鶏ガラしょうゆ味のスープに合わせる麺は中細麺というイメージが強いですが、今回の濃いスープならばこれくらい太い方がバランス的に良いと思います。

お店の麺も平打ち麺で太さも同じくらいのようですが、今回の麺のように縮れておらずストレート形状で、全粒粉も入っていなそうです。また、表面のつるみが強く、今回の麺はそこまでつるみは感じないため、あまり再現性は高くない、だいぶ異なった麺だと思われます。形状はだいぶ違いそうですが、スープとはよくマッチしていたため、これはこれで良いのではないでしょうか。

お店のラーメンには入っていないネギの青臭さがしょうゆの濃いスープの中で映えていた

具は「チャーシュー、ネギ、メンマ」とのこと。定価税別238円の商品としては、具のボリュームは少々物足りなく見えます。寿がきやのノンフライカップ麺はだいたいいつもこんな感じですかね。

チャーシューは以前の寿がきやカップ麺に比べるとだいぶ大きくなりましたが、肉感には欠け、安いカップ麺のチャーシューをそのまま大きくしたような印象です。他社の同価格帯カップ麺ほどのジューシーさはありません。メンマは今回のスープととてもよくあっていましたが、こちらも量が少なく、カットも細かいです。メンマはもうちょっと欲しかった。

最も目立っていたのはネギでした。お店の「醤油らぁ麺」には、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、ミツバが入っていて、ネギは入っていないようなのですが、今回の濃いしょうゆ味のスープの中で、青ネギの青臭い風味がかなり映えており、これはかなり良い組み合わせでした。量も結構たくさん入っていて目立っています。お店にはない具でも、これはファインプレーだと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
生醤油を使用した香り高く味も濃いしょうゆ味に、鶏ガラと鶏油の強く効いたスープは絶品。しょうゆと鶏の間で魚介の和風テイストもしっかり幅を利かせており、奥深い味のスープに仕上がっていました。そのスープとあわせる中太平打ち麺は、弾力があって縮れが強く、スープとしっかりマッチしています。また、具として入っていたネギの香りが濃いしょうゆ味のスープの中で映えており、お店にはない具であっても良い取り合わせだと感じました。あっさり味の「鶏ガラしょうゆ」のイメージを覆す激しい味のスープでおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加