またもや新発売のカルディ汁なし麺は「上海風」

今回のカップ麺は、カルディコーヒーファームで買える、カルディオリジナルの新商品、「カルディオリジナル 黒酢香る 上海風葱油あえ麺」。先週食べた「カルディオリジナル 花椒香る 汁なし担担麺」とはメーカーがサンヨー食品系の太平食品工業で共通しており、汁なし麺商品であることも同じです。パッケージデザインもパンダの絵柄を使用していて色違いです。

それにしても、「上海風葱油あえ麺」とはかなり独創的な商品名ですね。カップ麺では今まで数々の汁なし麺が発売されてきましたが、こんな名前のついた汁なし麺は当然初めてです。どんな味なのか気になりますよね。



「上海風」とはどんな味なのだろうか?

4大中国料理といえば、広東、北京、四川、上海が知られています。広東料理は日本で最も一般的な中国料理で、飲茶とか点心とか、日本のほとんどのく中華料理は広東料理発祥です。北京料理は中国の宮廷料理で、北京ダッグが有名。高級料理ですね。四川は麻婆豆腐とか、辛い料理が有名。最近流行りの汁なし担々麺も元を辿ると四川料理に行き着きます。

これらカラーの強い中華料理と比べると、上海料理は「上海蟹」を思い浮かべる以外はいまいち地味な印象です。ちょっと調べてみましたが、米どころ、魚介が豊富、そしてしょうゆの産地であることから、比較的日本の料理に近いものが出てくるようです。今回の「上海風」というのはどういうことなのか考えてみましたが、おそらくしょうゆを使った味付けというところが由来なのかなと思います。上海のしょうゆは甘いのが特徴だそうです。

商品概要

品名:カルディオリジナル 黒酢香る 上海風葱油あえ麺
メーカー:キャメル珈琲
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(調味だれ・特製ふりかけ)
定価:税込194円
取得価格:税込194円(カルディコーヒーファーム)

栄養成分表

1食86g(めん60g)あたり
エネルギー:399kcal
たん白質:5.7g
脂質:21.5g
炭水化物:45.7g
食塩相当量:3.0g
カルシウム:200mg

同じシリーズ商品でも「上海風葱油あえ麺」と「汁なし担担麺」は大きく異なる



特に必要があったわけではないのですが、今回は「汁なし担担麺」の方も一緒に食べてみました。比較したいというよりは、単にまた食べたくなったというのが正直なところですが、こう比べてみると麺の太さが全然違い、今回の「上海風」(左)はだいぶ細めの麺です。また、具の種類もだいぶ違い、今回の商品はシンプルな構成です。





甘いしょうゆと葱油でまったりした味に仕上がったたれ

たれは「唐辛子の辛みに葱油とごま油をきかせ、黒酢のうまみを合せた」たとのこと。しょうゆ味ベースのたれで、唐辛子が効いてちょっとだけピリッとしています。

甘みを感じるしょうゆ味が特徴のたれで、唐辛子とともに、葱油やごま油の香ばしさ、そしてほんのりと黒酢が香っています。葱油の香ばしい風味が目立っており、甘めのしょうゆと合わせて、これがおそらくメーカーの表現したかった「上海風」の部分なんだろうと思います。日本で食べる「上海焼そば」にはオイスターソースを使用したものが多いのに対し、本場中国では甘いしょうゆで味付けられているそうなので、本場の「上海焼そば」をイメージしたたれなんだろうと思います。葱油ほどではないですがごま油もほんのりと効いており、わかりやすく中華風な味に仕上がっていました。

商品名に入っている「葱油」はしっかり存在感がありましたが、同じく商品名に入っている「黒酢」は、それほど強く主張はしてこず控えめです。葱油やごま油よりもだいぶ存在感は小さく、よく味わわなければわからないレベルです。「黒酢香る」と称するからにはもうちょっと黒酢の存在感は強くても良かったのではないかと思います。



かための食感で中細の油揚げ麺を使用

麺は中細でかため食感の油揚げ麺です。平打ちの太麺だった「汁なし担担麺」と比べるとだいぶ印象が異なります。

たれがそれほど強く主張してくる味ではないため、麺を細めにすることでしっかりバランスを取っています。かため食感で程よく存在感があり、たれと麺の相性はなかなか良かったです。細い麺のまぜそば商品はあまりないので新鮮な印象を受けました。 本場の「上海焼そば」の麺はかなり太いそうなので、たれと違って麺は特に「上海焼そば」を意識しているわけではなさそうです。麺が太いとバランスが崩れそうなので、今回はこれで良いのではないかと思います。

揚げねぎは香ばしくて良かったが、具が揚げねぎだけでは少しさみしい印象

具は、揚げねぎのふりかけが入っています。他に具は入っていません。

たれに入っている葱油とともに、具の揚げねぎは今回の一杯の味を決定づける大きな存在です。ねぎ特有のまったりした風味とともに、揚げた風味で存在感が際立っていました。かなり香ばしいです。

揚げねぎはこれ単体で考えれば十分な量が入っていましたが、具全体でみて揚げねぎしか入っていないのは少し物足りなかったです。実際の「上海焼そば」には青菜や豚肉が入っているそうですが、せめてチンゲン菜あたり入っていて欲しかったですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「黒酢香る上海風葱油あえ麺」という、オリジナリティ溢れる一杯でしたが、甘めのしょうゆ味に葱油の香るまったりした味で、なかなかおいしい一杯でした。葱油とともに揚げねぎの香ばしさも光っており、ねぎ漬けの一杯でした。ただ、具にボリュームがなく、また味でも先日発売された「汁なし担担麺」ほどのインパクトは受けませんでした。



こちらは先日発売の「花椒香る 汁なし担担麺」.。2つ一緒に食べましたが、どちらもあっさり完食してしまいました。麺量はともに60gで汁なし麺としては少ないですが、2つ食べてしまうと120gでさすがに食べ過ぎですね。こちらは花椒の強い激しい汁なし担々麺で、相変わらずおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加