「極のチャルメラ」シリーズ初となる汁なし麺の登場

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば」。2018年7月23日発売の新商品です。「極のチャルメラ」シリーズ第3弾となる、まぜそば商品です。

とんこつ味の汁なし麺は、最近ではセブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」があり、非常によくできた一杯でした。今回は辛味とノンフライ麺使用というのが大きな特徴で、明星食品のおいしい極細ノンフライ麺と、辛さのあるとんこつの組み合わせは、いやが上にも期待が高まります。今週最も楽しみな商品のひとつでした。最近の明星食品のとんこつは、とんこつ臭が鳴りを潜めているため、辛味がついている方がパンチが加わって良いように思います。

チャルメラカップ麺の高級ラインである「極のチャルメラ」はこれまでに2品出ていて、どんぶり型とタテ型のノンフライとんこつラーメンでした。「極のチャルメラ」としては辛味が加わるのも汁なし麺なのも初めてで、新境地に期待したいところ。明星食品製造の汁なし麺では、セブンプレミアムの「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」がかなり塩辛いのが気になる商品でしたが、今回の商品は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば
メーカー:明星食品
発売日:2017年7月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別225円
取得価格:税別178円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食107g(めん75g)あたり
エネルギー:468kcal
たん白質:10.9g
脂質:20.1g
炭水化物:60.8g
食塩相当量:3.8g
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:170mg



骨感あるとんこつにラー油とガーリックでパンチが加わり、ふりかけで奥行きを増すたれ

たれは「ポークエキスをベースに、濃口醤油、ガーリックを合わせたタレに、ポークオイルとガーリックオイルを加え、ラー油で辛味を付けた濃厚な辛豚骨ダレ」に、「黒胡椒、赤唐辛子、チリミンス、ごま、紅生姜の辛味のあるふりかけ」が別添とのこと。

とんこつとしょうゆベースのたれで、ラー油が入ってちょっと辛い味となっています。たれ単体での辛さはピリ辛程度でしょうか。とんこつ臭はないものの、粉っぽい骨の存在を感じるたれで、とんこつらしさはしっかり出ています。辛味とガーリックによって味にエッジが効いており、パンチのある味に仕上がっていました。現状の明星食品のとんこつ臭のない味だと、スープとしてよりも今回のような汁なし麺の方が、食べ応えを感じて相応しいように思います。とてもおいしいです。

このたれに、唐辛子やごまの入ったふりかけを加えることで、味がさらに華やぎます。唐辛子は結構ガツンとくる辛さで、黒胡椒が一緒に入っていることでパンチが強くなっているように思います。ふりかけを加えたら激辛になるというわけではありませんが、辛いものが好きな人でも満足できるレベルで辛くなります。また、ごまや紅生姜の風味はとんこつラーメンらしさを演出しており、味のアクセントとしても効いていました。なかなか存在感の大きいふりかけでした。

今回と同じ明星食品製造の汁なし麺「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」がかなり塩辛く感じたため、今回もそうなっていないか懸念しましたが、今回は塩辛さはまったくなく、塩けよりも辛味やとんこつの味がしっかり前に出ていました。汁なしカップ麺の塩辛さが気になっている方も、この商品は問題なく食べられるのではないかと思います。年々、塩辛さが許容できなくなってきている私オサーンにもありがたい味でした。



粉っぽさとかたさでとんこつラーメンらしさが強い極細ノンフライ麺

麺は「熱湯60秒ででき上がる、硬め・極細・ストレートで歯切れのよい、汁なし専用ノンフライバリカタ麺」とのこと。明星食品お得意の極細ノンフライ麺です。

スープのある商品でも威力が絶大のこの麺ですが、汁なし麺でも素晴らしかったです。バリカタ麺らしい粉っぽさがしっかり再現できており、芯の残るかたさも完璧。汁なし麺としてもとても優秀な麺でした。辛味のあるたれの中でも食感で存在感を示しており、たれと麺のバランスは非常に良かったです。骨感のあるたれと合わせ、汁なし麺でもとんこつラーメンらしさがしっかり感じられる構成となっていました。他社に比べてとんこつラーメンらしくなっている要因として、表面のつるみが抑えられていることが大きいように思います。すする時に引っかかりのあるところに、とんこつラーメンらしさを感じます。

麺量は75gでノンフライ汁なし麺としてはちょっとだけ少なめですが、極細麺だと太い麺と比べて量が多く感じられ、食べ応えに不足感はあまりなかったです。

「極のチャルメラ」の特徴であるニラの香りが広がる

具は「チャーシューチップ、キクラゲ、ニラを組み合わせ」たとのこと。スープのところで触れたふりかけも含め、汁なし麺としては具の量にボリュームがあります。

チャーシューは肉感がしっかりある細切れタイプで、甘めの味が付けられており、辛いたれの中でもしっかり主張しています。量もまずまず入っていて、汁なし麺商品としては十分なボリュームでした。そのまま食べてもおつまみとしていけそうな味付けでおいしかったです。

ニラもかなり目立っています。ニラはお湯を入れた段階からかなり強い匂いを発しており、この臭いは食べる場所を選ばなければならなそうですが、ニラらしい風味の良さはお見事です。「極のチャルメラ」シリーズは一貫してニラが入っておりこれが特徴のようですが、汁なし麺である今回のニラが最も効果的だったように思います。優秀なたれや麺が目立つ中でも、「極のチャルメラ」らしさとして第三極を形成しています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
私オサーンは、辛いものと汁なし麺には甘い評価をすることは自覚していますが、今回の「極のチャルメラ」初の汁なし麺もとてもおいしく高評価です。たれの地の辛さに加え、ふりかけの唐辛子や黒胡椒でその辛さにパンチが加わっているのが良かったです。辛味が存在感を発揮しつつもしっかりとんこつらしい骨感があったのも良かったです。明星食品お得意の極細ノンフライ麺、そしてニラの香りも際立ち、非常に満足できる一杯でした。★7にするか悩むレベルでおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加