「つけ麺 五ノ神製作所」の人気つけ麺をノンフライ麺油そばカップ麺で再現!!

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 五ノ神製作所監修 海老味油そば」。2018年7月23日発売の新商品です。東京新宿(住所は渋谷区千駄ヶ谷)の「つけ麺 五ノ神製作所」監修によるカップ麺です。

つけ麺 五ノ神製作所」は、渋谷区千駄ヶ谷にあるつけ麺の人気店で、新宿の他にも、「五ノ神水産 神田店」、「五ノ神精肉店 あきる野店」、「いつ樹 青梅本店」といったお店を経営し、本拠地は青梅のようです。行列ができる人気店とのことで、期待が高まりますね。今回はお店の看板メニューである「海老つけ麺」を油そばにアレンジした商品で、お店の濃厚なえびの味が楽しめそうです。

サンヨー食品はこれまでにノンフライ麺を使用した汁なし麺カップ麺を多く発売しており、いずれもデキがとても良かったです。特に最近出ていた「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」は特においしい商品でした。今回もお店の味を再現したノンフライ汁なし麺で、完成度の高さが期待できそうです。どんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:サッポロ一番 五ノ神製作所監修 海老味油そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ調味だれ・かやく・特製だれ)
定価:税別220円
取得価格:税込228円(セイコーマート)

栄養成分表

1食106g(めん80g)あたり
エネルギー:430kcal
たん白質:8.9g
脂質:15.0g
炭水化物:64.8g
食塩相当量:3.6g



鼻に抜けるえびの風味が強いしょうゆ味ベースの油そばだれ

たれは「香ばしいえびの風味に、しょうゆ、みそのうまみ、香味野菜の味わいがきいた油そばのたれ」で、「特製ふりかけの小えび粉末をふりかけることで香ばしいえびの風味が広がりたれのおいしさをより一層引き立て」るとのこと。しょうゆ味ベースでえびの油で香ばしく仕上がった油そばだれです。

香ばしいえびの油が特徴的で、えびの味はかなり強めです。一般的な油そばの味である、豚脂の風味を感じるしょうゆ味とはだいぶ異なり、濃厚なえびの風味を楽しむことができます。えびの油と殻の風味がフワッと鼻に抜けてきて、ちょっとクセになりそうな味わいでした。えびの風味の陰でほんのりと甘みがあり、これは隠し味的に効いているみその味かと思われます。塩けはやや強めに感じられるものの、塩辛いというほどではなかったです。このあたりは個人差が大きいでしょうかね。

たれの味だけで十分にえびは強いですが、これに加えて別添ふりかけとして小えび粉末が加わり、えびの殻の風味によってたれの味に厚みが増します。ただ、味よりも食感や見た目の効果が大きく、粉末によってざらつきが加わるのと、ピンクの色味が加わって鮮やかになる効果が大きかったです。



弾力とつるみの強い中太ノンフライ麺

麺は「つるみとしっかりとした噛み応えが特徴のノンフライ太めんがよく絡み、最後まで食べ飽きし」ないとのこと。「太めん」と書かれていますが、そこまで太さは感じない中太くらいの多加水ノンフライ麺です。

多加水麺で弾力がかなり強く、つるみがあるのも大きな特徴です。いかにも生麺という食感で、これは多加水ノンフライ麺で有名な東洋水産の「正麺カップ」シリーズにも負けない生麺食感だと思います。弾力により麺が強く主張していますが、たれの味もえびの風味がとても強いため、たれと麺、両者のバランスは良かったです。

麺量が80gで、ノンフライ汁なし麺としてはそこそこの量ではあるはずなのですが、かなり物足りなく感じます。量に問題があるというよりは、おいしいのでどんどん食べ進めてしまうという部分が大きいのかなと思います。味濃いめでごはんとはよく合いそうなので、次食べる時はごはんを片手に食べてみたいです。

具はキャベツのみだが、小えび粉末ふりかけは具の要素が強い

具は「キャベツのシャキシャキとした食感と甘みがたれとよく合」うとのこと。具として入っているのはキャベツのみで少し物足りないです。

キャベツは甘みがあり、たれの中でよく映えていましたが、多少物足りなさを感じます。ただ、スープのところで触れた小えびの粉末がはいってふりかけがあり、これが味付けよりも食感や見た目の効果が強く、具としての役割が大きかったように思います。お店の「海老つけ麺」だと、チャーシュー、メンマ、ねぎ、のりなどとともにキャベツが入っているのが大きな特徴のようで、なんとしてもキャベツだけは入れたいという開発者のこだわりを感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
鼻に抜けるえびの油の風味が特徴的な油そばで、弾力とつるみのあるノンフライ麺とのバランスの良い一杯でした。ノンフライ麺使用で油揚げ麺の雑味がないため、よりえびの風味を強く感じられるものと思われます。小えびの粉末が入ったふりかけは、食感と色味の面で効果が大きく、味付けよりも具のような役割を果たしていました。えび以外に特徴的な味はなかったですが、雑味のないノンフライ麺を使用した汁なし麺の威力は大きく、本格的な味を存分に楽しむことができました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加