昨年出ていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品か

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「おくらたっぷりねばねばうどん」。製造は東日本明星明星食品)。発売日はわからなかったですが、最近発売された商品で間違いないと思います。以前発売されていた「おくらとめかぶのねばねばうどん」の後継商品と思われる、夏商戦向けの一杯です。今回商品名から「めかぶ」が抜け、「おくら」がよりクローズアップされています。

前作「おくらとめかぶのねばねばうどん」は、昆布の太いだしにかつおが効いた強いつゆで、たっぷり入ったおくらとめかぶと相まって非常に秀逸な一杯でした。あっさり系の味が多いうどん商品にあって、際立った昆布の太さが印象的でした。今回は商品名が「おくらたっぷりねばねばうどん」に変更になっていますが、引き続きめかぶも入っているようです。

ヘルシーなーメージの強い商品なので、おそらく注目度も相当高いものと思われます。今年の「おくらのうどん」はどんな一杯になっているのか、食べるのが楽しみです。



商品概要



品名:おくらたっぷりねばねばうどん
メーカー:セブンプレミアム(東日本明星製造)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込138円
取得価格:税込138円(セブンイレブン)

おくらの多さが特徴的です。他にめかぶとたまごが入っていて、定価税込138円という価格を考えるとかなり具だくさんな印象です。製造が昨年から引き続き東日本明星なので、大きな変化はないものと思われますが、果たしてどうなんでしょうか。

栄養成分表

1食63g(めん55g)あたり
エネルギー:272kcal
たん白質:4.3g
脂質:10.4g
炭水化物:42.9g(糖質:39.6g 食物繊維:1.5g)
食塩相当量:4.1g(めん・かやく1.5g スープ2.6g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:104mg



太い昆布主体のつゆで、まろやかだがあっさりなイメージはない

つゆは「昆布、かつお、いりこ、さば節を合わせた出汁のきいた味わいに、おくら粉末で自然なとろみをつけたうどんつゆ」とのこと。太い昆布の味に、魚介がほのかに香るうどんつゆです。

今年のつゆも昆布の太さが大きな特徴となっています。昆布だしが強く効いたつゆで、昨年よりさらに昆布の存在感が目立っているように感じます。しょうゆの味やかつおだしは後退し、より昆布に特化してまろやかになった印象を受けました。わかりやすく昆布の味のつゆです。いやー本当わかりやすい味で、昆布主体なのにあっさり味ではなく、濃厚な昆布が楽しめる味となっています。

おくら粉末でつけられたとろみは極端なものではなく、言われていみるとちょっととろみがあるかなーという程度で、これは昨年のスープと似たような感じだと思います。商品名に「ねばねば」と入っているので、個人的にはもう少しねばねばしていてもらいたいと思うところですが、あんまりやりすぎて不自然なねばねばになってしまうとせっかくの健康的な商品のイメージまで不自然なものに感じられてしまうので、加減は難しそうですね。ねばねばの主体はスープよりも具のおくらだと感じました。

昨年に比べて昆布がより際立ち、まろやかになった印象を受ける味でしたが、基本的には昨年のつゆを踏襲しており、昨年同様とてもおいしかったです。魚介やしょうゆ味のエッジがやや減退したように感じた部分は好みの分かれるところだと思いますが、私はより昆布に特化し、わかりやすい味になったと好意的に捉えています。今年のつゆも素晴らしかったです。



疎い油揚げ麺のうどんで、油揚げ麺臭がつゆに厚みを加えていた

麺は平打ちの太い油揚げ麺のうどんです。昨年の商品で使われていたものと同じタイプかと思います。ふわふわとかふかふかというのが似合うような、ずっしりではなく軽い食感の麺です。

昨年と同じ麺だと思われるものの、つゆが昆布により特化して魚介やしょうゆのエッジが小さくなったためか、相対的に麺の味が前に出てきて、昨年よりも油揚げ麺臭をやや強めに感じました。ただ、このブログでは何度か書いていますが、うどんの油揚げ麺臭に限ってはなぜか良い方向に作用すると感じる場合が多く、今回も油揚げ麺臭がつゆの味に油分として、厚みを加えているように感じました。うどんつゆは油が少ないものが多いので、油揚げ麺と相性が良いのかもしれないですね。

麺量はやや少なめの55gで昨年と同じです。具だくさんで定価税込138円と考えれば十分許容できる麺量だと思います。

大量のおくらとめかぶが入っていて、おくらの食感や青臭さは秀逸

具は「おくら、めかぶ、たまごを使用し」たとのこと。おくらとめかぶがかなりたくさん入っていてボリュームがあります。いかにもヘルシーな具となっています。

具の構成、量は昨年のものと大きな違いはないものと思われます。商品名から「めかぶ」が消えましたが、今年も引き続きめかぶはたくさん入っていました。おくら粉末でスープにとろみをつけたとのことですが、具のおくらやめかぶのとろみの方が強かったです。食べ始めよりも時間を置いた方がねばねばが増してくるので、早食いの人よりゆっくり食べる人の方がねばねばを楽しめるのではないかと思います。

おくらはカップ麺ながらしっかり青臭さを感じるもので、実際のおくらと味や食感でそう大差ないデキです。かなりよくできています。そして量が多くて食べ応えもあり、さすがこの商品の主役を張っているだけあります。昆布だし主体のつゆとの相性もとても良かったです。めかぶはかたい食感がアクセントとして効いており、こちらも量が多かったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
主役となるおくらやめかぶはかなりたくさん入っており、商品名に違わぬ一杯です。商品名で買った人の満足度は高いんじゃないでしょうか。生のおくらを食べているかのようなおくらの食感や青臭さは秀逸で、昆布主体のつゆとの相性も抜群でした。つゆは昨年のものより昆布の強さが際立っており、しょうゆや魚介のエッジは減退したものの、より昆布押しの強いわかりやすい味に変化していました。今回おくらが主役のうどんですが、この昆布の太いつゆは単体でも大きな売りにできそうなおいしさでした。税込138円でこれだけ楽しめる商品はそうそうないのではないかと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加