埼玉ナンバーワンの呼び声高い「中華そば 四つ葉」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば」。2018年7月9日発売の、「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。「中華そば 四つ葉」の味を再現したカップ麺です。

「中華そば 四つ葉」は、埼玉県比企郡川島町にあるラーメン店で、ネット上でパッと見ても恐ろしほど評価の高いお店です。比内地鶏を使ったしょうゆラーメンが看板商品のお店で、以前に「一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば」として昨年2018年の8月にカップ麺で再現されていました。当時このブログでは★5の評価をしています。パッケージに最寄り駅から遠いことが書かれてあり、車じゃなければ行くのも大変そうな立地のようですが、それでも行列ができてしまうほどの人気店で、埼玉ナンバーワンの呼び声も高いとのこと。

今回は鶏メインのラーメンではなく、お店で鶏と並ぶ看板である「」を使ったしょうゆラーメンです。貝だしのスープはクセがあって主張があるため、カップ麺の味としては相性が良いように感じていますが、油揚げ麺使用でその味をどこまで表現できているのか楽しみです。



商品概要



品名:一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食93g(めん70g)あたり
エネルギー:401kcal(めん・かやく325kcal スープ76kcal)
たん白質:10.6g
脂質:17.4g
炭水化物:50.4g
食塩相当量:7.5g(めん・かやく2.1g スープ5.4g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:284mg



蛤だしの効いた鶏ベースのしょうゆ味スープで、土台の昆布でまろやかに仕上がっている

スープは「チキンをベースに貝の旨みをしっかり加えたスープ」で、「別添の液体スープを入れることで、醤油や蛤が特長の四つ葉らしい味わいに仕上げ」たとのこと。鶏ベースのしょうゆ味に、蛤のエッジが効いたスープです。

蛤のちょっと苦味を感じるだしが効いたしょうゆ味のスープで、しょうゆ味はやわらかく、全体的にはちょっとあっさりめです。そのため、蛤のエッジが強く立っており、いかにも貝だしのスープという味を満喫できます。以前食べた「行列必至の中華そば」よりもさらにわかりやすい味だと感じました。表面に油を浮かせることでこってり感を出していますが、これもそれほど極端に多いわけではなく、蛤のエッジと味のやわらかさを両立できている印象です。

鶏やしょうゆの味はもちろん、今回のスープに感じるやわらかさは、昆布が大きく影響しているのかなと思います。昆布によって、やわらかいながらしっかりした骨組みのスープになっていて、その土台があるからこそ、蛤も活きているのだと感じました。目立つのは蛤のほろ苦さですが、その裏では昆布の活躍が大きかったです。



ほぐれの良い中細油揚げ麺

麺は「めんに味付けを施した滑らかで歯切れの良い細めんで、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。「細めん」と書かれていますが、中細くらいに感じられる油揚げ麺です。

前回の「行列必至の中華そば」の時と同じ麺を使用していると思われます。まず感じるのほぐれの良さで、麺離れが良いためスープと馴染みやすいのが大きな特徴でした。また、かためなので食感の主張が強く、蛤だしの効いたスープの中でもしっかり存在感を示しています。多少油揚げ麺臭は感じるものの、スープの味を壊すほどではなく、スープと麺の相性はとても良いように思います。

写真で見るお店の麺も、中細でいかにも食感がしっかりしていそうな麺で、実際食べていないのでわからないですが、今回の油揚げ麺はやや縮れが強いものの結構再現性が高いように見えます。油揚げ麺としてはほぐれの良さが印象的な麺でした。

「ハマグリエキス入り団子」は味がしっかりついていておいしく、量も入っている

具は「蛤の風味豊かなハマグリエキス入り団子、彩りの良いねぎ、程良く味付けしたメンマを加えて仕上げ」たとのこと。具の全体量としてはそれほどボリュームがあるわけではないですが、「ハマグリエキス入り団子」なる球状の魚肉の練り物はなかなかたくさん入っています。

ハマグリエキス入り団子」は蛤の味がつけられた魚肉の練り物なんですが、蛤だしスープの中に入ってもしっかり蛤の味を感じられました。これ結構おいしいです。魚肉練り物なので食感として蛤と感じることはないものの、味がしっかり蛤なので口に入れてからのインパクトが大きいです。

他に入っているのはねぎとメンマで、ねぎは青ねぎが中心です。スープの色味の薄い中で、青ねぎの緑が目立っていました。メンマは細かいものが入っています。味よりもコリコリした食感で目立っていたように思います。お店では大きなメンマが入っているようですが、今回のカップ麺ではさすがにそんなインパクトはなかったです。今回全く関係ないですが、お店のレア色のチャーシューかなりおいしそうです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
蛤だしのエッジの立ったしょうゆ味のスープは、貝だしの強さとやわらかさが両立しており、その陰には昆布が強く影響しているように感じました。昆布がまろやかさを出しつつも土台をしっかり作ることで、蛤が幅を利かせられるスープになっています。ほぐれの良い中細油揚げ麺と蛤の味がしっかりついた魚肉練り物も優秀で、今回も前作同様、完成度の高い一杯でした。いやーお店でも食べてみたいですなぁこの味は。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加