今度はみそ味で30年前のスーパーカップ復刻版と現行スーパーカップの食べ比べ

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の発売当初1988年の味を復刻させた商品で、しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が同時に復刻されました。

4種の復刻版のうち、「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」と「復刻版 大盛りいか焼そば」はすでにブログでレポしました。どちらについても復刻版より現行品の方が明らかにデキが良く、さすが30年の時代が過ぎた進化を感じました。

今回は「復刻版みそラーメン」を現行品である「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」と比較していきます。このブログではスーパーカップシリーズを数多く食べてきており、実に118回も食べているのですが、その中で通常のレギュラー商品はあまり食べておらず、今回の「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」は実に2009年以来となります。2009年のスーパーカップはまだ「カドメン」ではなく「3Dめん」という麺を使用していました。ホント久々のスーパーカップみそラーメンです。



商品概要


左が復刻版で、右が現行のスーパーカップ。

品名:復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

どちらも内容物が2袋なのは共通ですが、液体スープが単独であり、復刻版はその他にかやく入り粉末スープ、現行品は単体のかやくが別添されています。復刻版に「生みそ仕立て」と付いているのはおそらく液体スープが使用されているためだと思われますが、粉末スープが併用されています。現行品は液体スープのみなので、むしろ生みそ仕立て度が高いのは現行品の方です。



左が復刻版で、右が現行品。今までレポした「しょうゆ味」と「いか焼そば」同様、復刻版より現行品の方が太い麺になっています。どちらも「かやく入り粉末スープ」もしくは「かやく」を入れた状態で、どちらも共通してコーンが入っています。量も似たようなものかな。復刻版には細かい肉とよくわからない粒上の具が、そして現行品は同じく細かい肉と緑の野菜がたくさん入っています。具は現行品の方が多めです。

カロリーは復刻版と現行品で並んでいる

復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て
1食131g(めん90g)あたり
エネルギー:498kcal(めん・かやく413kcal スープ85kcal)
たん白質:13.0g
脂質:17.8g
炭水化物:71.4g
食塩相当量:7.7g(めん・かやく2.6g スープ5.1g)
ビタミンB1:0.46mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:346mg

スーパーカップ1.5倍 みそラーメン
1食133g(めん90g)あたり
エネルギー:498kcal(めん・かやく383kcal スープ115kcal)
たん白質:11.3g
脂質:15.7g
炭水化物:77.8g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく2.6g スープ5.3g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:280mg

ここまで食べてきた「しょうゆ味」と「いか焼そば」では現行品のカロリーが復刻版を上回っていましたが、こちら「みそ味」は両者同じカロリーです。めん・かやくでは復刻版が上回り、スープでは現行品が大きいです。脂質は復刻版が上、塩分は現行品が上となっており、こってり味では復刻版、濃い味では現行品が強そうですね。

完成品の比較



こちらは復刻版。粒状の具はなるほど揚げ玉でした。みそラーメンに揚げ玉というのはなかなか面白い組み合わせですね。スープはちょっと白っぽいです。



こちらは現行品。復刻版のスープは白っぽいですが、こちらは赤っぽいです。麺が太く、キャベツが多いのが大きな特徴となっています。



ガーリックの一本通った「復刻版」のスープに、豆みそと野菜で複雑な味の現行品

スープは「ポークをベースに香味野菜の旨みを加えた発売当時をイメージした味噌スープ」で、「生みそとごま油で、奥深い味わいにし」たとのこと。豚と白みそベースのスープで、ガーリックやごま油が効いています。特にガーリックが強く、みその味とガーリックで結構ガツンときます。

一方の現行品は、豚と赤みそ主体のベース。みその豆の味が強く、また野菜の味が強く感じられます。復刻版と同じく濃いめのみそ味のスープではありますが、復刻版に比べると複雑な味がしており、みその風味が強く活きているように感じました。

どちらのスープにも良さがあって、復刻版のガーリックに対して現行品の豆みそと野菜。これは完全に好みの分かれるところだと思います。復刻版がガーリックが一本強く通っている以外は比較的味がスッキリしており(あっさり味というわけではない)、現行品はみそと野菜のなかなか複雑な味が感じられて好対照。印象としては復刻版は昔ながらのよくあるみそ味なんだろうと思いますが、私は復刻版の方がわかりやすい味で好きでした。「しょうゆ味」や「いか焼そば」ほど優劣がつきやすい味ではなく、どっちも魅力的でおいしいです。

「カドメン」の噛み応えとコシはやはり際立っている

麺は「弾力とコシをあわせ持つ食べごたえのあるめん」とのこと。中太の油揚げ麺で、「復刻版しょうゆ味」と同じ麺だと思います。現行品の「カドメン」より黄色味が薄く、ひと回り細い麺となっています。

「カドメン」は厚みがあって噛み応えが強いため、比較していしまうと復刻版の麺がかなり伸びやすい麺という印象を受けます。時間経過とともにコシが失われてきます。どちらもみそ味で主張の強いスープで、そのスープに合わせるならコシが失われない現行の「カドメン」に利があるように思います。

今回、復刻版のスープが古き良きみそ味のスープの感が出ているので、「カドメン」に比べてしまうと伸びやすい昔ながらの麺と合わせるのも味があるとは感じました。現行品の「カドメン」は麺のコシが重視されるラーメンの現況に合致した麺ですね。

復刻版の揚げ玉はみそラーメンとしては珍しい

具は「香ばしい揚げ玉、肉そぼろ、コーン、ねぎを入れ」たとのこと。揚げ玉がみそラーメンに入るのは結構珍しいのではないかと思います。特に意識せずに食べるとみそ味のスープの中に埋没しますが、意識して口に入れると揚げ玉の風味とみその味の相性は悪くないと感じました。

コーンと肉そぼろは両者共通で入っています。質も量も両方の商品同じくらいだと思います。コーンは今ではしょうゆ味にも入っていますが、みそ味ではスーパーカップ誕生当初から入っていたんですね。すでに当初から現行品の原型が出来上がっていたようです。

コーン以外の野菜については両者で大きな差があり、ねぎしか入っていない復刻版に対し、現行品はキャベツがたくさん入っており、最もたくさん入っている具でもありました。この差が大きいため、具のボリュームは大きく現行品が勝っています。

オススメ度(標準は3です)

・復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
・スーパーカップ1.5倍 みそラーメン
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

一本筋の通った強いガーリックが効く復刻版のみそ味のスープは、現行品の豆みそや野菜で複雑な味になっているスープと好対照で、どちらにも魅力がありました。私は復刻版のスープの方が好きでした。「カドメン」が使われている噛み応えのある麺や、野菜を中心にボリュームがある具で現行品が勝るものの、両者ともそれぞれに良さがあり、優劣はつけがたい比較となりました。どちらも良い商品だと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加