セブンプレミアムの名作「スープが決め手 ワンタン麺」がリニューアル

今回のカップ麺は、の「スープが決め手 ワンタン麺」。製造はエースコック。2018年7月3日にリニューアルされた商品で、以前は「スープが決め手『の』ワンタン麺」という商品名でした。

セブンの「スープが決め手」シリーズには「スープが決め手の中華そば」という商品があり、同じしょうゆ味のスープということでキャラが被りますが、「スープが決め手の中華そば」は鶏ガラを効かせた昔ながらのしょうゆ味のスープなのに対し、こちら「ワンタン麺」はワンタンが入っていることに加え、ネギ油が効いて香ばしいのが大きな違いとなり棲み分けができています。どっちもおいしいんですよね。

というわけで今週その「ワンタン麺」がリニューアルとなったので食べてみたいと思います。私の舌にわかる変化があるのでしょうか。



商品概要



品名:スープが決め手 ワンタン麺
メーカー:セブンプレミアム(エースコック製造)
発売日:2018年7月3日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税込138円
取得価格:税込138円(セブンイレブン)

ワンタンが3個入っているのはリニューアル前と共通。内容物が「液体スープ」なのも今までと同じです。見た目にはそれほど変化があるようには感じられません。

栄養成分表

1食70g(めん55g)あたり
エネルギー:293kcal(めん・かやく241kcal スープ52kcal)
たん白質:7.4g
脂質:10.6g
炭水化物:42.9g(糖質:41.1g 食物繊維:1.8g)
食塩相当量:4.8g(めん・かやく1.7g スープ3.1g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:192mg

ちょろっとリニューアル前の商品と栄養成分を比べてみましたが、ちらちらと違いはあるものの、大きい変化はあまりないようです。基本的には前作を踏襲しているのかなと感じました。



リニューアル前と大きな変化はない、ねぎ油の強いしょうゆ味のスープ

スープは「チキンをベースにオニオンやねぎなどの香味野菜を利かせた醤油スープ」で、「使別添の液体スープが味に深みを与え、ねぎ油の香りが食欲を一層そそ」るとのこと。ねぎ油の風味が強い、チキンベースのしょうゆ味のスープです。

今回もリニューアル前と同様、やはり目立っていたのは今回もねぎ油の香ばしさで、これちょっと強くなってないですかね。ねぎ油のエッジが前より強く効いているように感じました。「スープが決め手の中華そば」と同じしょうゆラーメンでありながら、ねぎ油の香ばしさによってまるで別物の味に仕上がっています。中華料理店で供される料理のような強い香りで、風味だけではなくこってり感も演出できていました。

だからといってしょうゆ味が目立たないわけではなく、しょうゆ味の強さは「スープが決め手の中華そば」以上です。「スープが決め手の中華そば」より明らかにこってり味に振っています。また玉ねぎや揚げねぎの風味も感じられ、特に揚げねぎがかなり強く、ねぎ油の風味を底上げしています。

今回のリニューアルによる変化は軽微なものと思われ、基本的には前作の味を引き継いでします。ねぎ油や揚げねぎの風味にエッジが加わった印象を受けましたが、今回は最初からねぎ油の存在を意識して食べたためそう感じただけかもしれません。引き続きねぎ油の強い、面白い存在のスープでした。文句なくおいしいです。



濃いスープにによく馴染んでいる中細油揚げ麺

麺は「しっかりとした食感に仕上げためん」とのこと。黄色みの強い中細の油揚げ麺です。リニューアル前と同じ麺かと思われます。

「スープが決め手の中華そば」がノンフライ麺使用であっさりスープと合わせているのに対し、今回の商品は主張の強い油揚げ麺に対して強いスープを合わせて打ち消してきており、とても合理的だと感じます。中身の詰まった重たい麺という印象で、多加水麺よりしょうゆ味のスープとの相性は断然良いのではないかと思います。スープと馴染む味付けが施されているためか、スープの中に入っても油揚げ麺臭を主張してこず、しっかりスープとマッチできています。

油揚げ麺ではあっても今回の強いスープとの組み合わせで食べるならば、「スープが決め手の中華そば」のノンフライ麺に引けは取らないです。よく練られている組み合わせでおいしいです。

細かくカットされたチャーシューは肉感がしっかりあり量も多い

具は「ワンタン、メンマ、ねぎを使用し」、「ワンタンは、皮の配合・製法にこだわり、つるっとした食感と食べ応えが特長」とのこと。主役となるワンタンはおそらくノンフライで、小さめのものが3個入っていました。

定価税込138円の商品と考えれば、おそらく今回のスープと麺ならワンタンはなくても十分通用するレベルなんですが、小さいとは言え3個ワンタンが入っているのはお得感があります。スープのねぎ油のインパクトが強いのでワンタンはそれほど目立った存在でもないのですが、あるとないとでは食べ応えに大きな差が出ます。餡もしっかり入っているものの、どちらかと言えばつるつるした皮を麺と一緒にかき込むための存在かなと思います。喉ごし重視みたいな感じです。

他にはメンマとねぎが入っていますが、メンマは細かいものながらしょうゆ味のスープとよくあっています。入っているだけで一段スープのおいしさが格上げされますね。量もしっかり入っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
麺量は55gでちょっと少ないんですが、ワンタンが入っているので食べ応えがあり、味も食べ応えも満たせる商品です。これで税込138円というのはすごいことだと思います。ねぎ油の強く効いたスープは独特で、同じしょうゆ味でも「スープが決め手の中華そば」の鶏ガラ主体のあっさりスープとしっかり差別化ができています。リニューアル前と大きな違いは感じませんでしたが、引き続き安心して買って良い商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加