30年前のスーパーカップいか焼そばは現行品よりいかの味が強いのだろうか

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の、1988年発売当時の味を復刻した商品とです。しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が復刻されており、このブログでは先日「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」をレポ済です。

今回復刻版と比較していくのは、「スーパーカップ いか焼そば」。現行の「いか焼そば」は、日清焼そばUFOやペヤングと並ぶカップ焼そばの大定番商品ですが、以前に比べていかの味がしないぞと思っている人が多いように思います。かくいう私も、以前ほどいかの味を感じず物足りないと感じていました。今回はスーパーカップ発売当初の味ということで、ルーツを辿ることでいかの味の変遷を感じられるかもしれません。

以前このブログで、現行「いか焼そば」と「金ちゃんソースいか焼そば」とのいか焼そば比較を行ったことがありますが、その時は、現行いか焼そばのいかの味が弱くなったとは思いつつも、比較上では金ちゃん焼そばよりもいかの味を強く感じました。今回は始祖との比較でどうなるのかとても楽しみです。

それでは早速比較していきたいと思います。




左が復刻版で、右が現行いか焼そば。

品名:復刻版 大盛りいか焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(焼そばスープ・かやく・ふりかけ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

液体ソース、かやく、ふりかけ(現行品はめちゃうま!ふりかけ)という構成は両者同じでした。かやく袋に入っている具もいかとキャベツで共通ですが、復刻版の方がいかが大きく、量も少し多いように見えます。キャベツは現行品の方が多く見えました。



左が復刻版の麺で、右が現行いか焼そばの麺。「しょうゆ味」の時と同じように、復刻版の方が麺が細いです。現行いか焼そばは他の「スーパーカップシリーズ」で使われる「カドメン」と銘打たれていませんが、それでも復刻版と比べると太く厚みのある麺です。

カロリーや脂質は現行スーパーカップいか焼そばが多く、炭水化物は復刻版が多い

復刻版 大盛りいか焼そば
1食162g(めん130g)あたり
エネルギー:659kcal
たん白質:12.6g
脂質:21.5g
炭水化物:103.7g
食塩相当量:6.8g
ビタミンB1:0.72mg
ビタミンB2:0.77mg
カルシウム:468mg

スーパーカップ 大盛りいか焼そば
1食167g(めん130g)あたり
エネルギー:703kcal
たん白質:11.5g
脂質:28.6g
炭水化物:99.9g
食塩相当量:6.3g
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:434mg

麺量はともに130g。1988年当時はもうちょっと麺量少なかったと記憶していますが、なにせ若い若い私オサーンには幼い頃の記憶なので、ちょっと自信がありません。カロリーや脂質は現行いか焼そばが上回りますが、炭水化物は復刻版が多いです。現行品の方がこってりしていそうです。

完成品の比較



こちらは復刻版。丸くて大きかったいかが縮んで小さくなってしまっています。それでもいかは多め。1988年当時からふりかけとしてスパイスが使われていたんですね。すでに現行品の原型がこの段階で出来上がっているのがすごいと思います。



こちらは現行品のスーパーカップいか焼そば。比べるとやっぱり麺が太いですね。こちらのいかは縮み方が復刻版ほど激しくないです。復刻版よりキャベツが目立っています。



復刻版は甘みが強めで、現行品はスパイス感といかの味が特徴のソース

ソースは「ビーフの旨みとリンゴの甘みを合わせた発売当時をイメージした焼そばソース」で、「野菜の旨みと香辛料の香りが楽しめ」るとのこと。少し甘めのソースで、香辛料の効きは現行品に比べると弱く、比較的さらっとしたソースとなっています。強いいかの味を期待しましたが、そもそも原材料にその要素はまったくないソースのようで、オーソドックスな味わいとなっています。

現行のスーパーカップいか焼そばのソースは、復刻版に比べて、別添のふりかけと合わせてスパイス感が重厚で、且つラードによるこってり感があります。復刻版よりだいぶ深みが感じられるとともに、それほど強くないとは言え、いかの味がきちんと感じられます。甘みが復刻版より小さいため、最終的にはどちらが好きかは人によって変わってくるでしょうが、ソースの完成度は断然現行品の方が上のように感じました。

冒頭で、現行品のいかの味が物足りないと書きましたが、1988年の味と比較するとむしろいかの味を強く感じるのは驚きました。ソースのいかの味が強くなるのは1988年の発売からもっとだいぶ後の話なんでしょうね。そして現行品のいかの味が弱まって感じるのは、ソースの味やスパイス感がどんどん強まったからだと思っているのですが、そのあたりは今回の比較からは判別しようがありませんでした。

復刻版は中太で縮れ強めの油揚げ麺で大きな特徴は見いだせない

麺は「弾力と滑らかさをあわせ持つ食べごたえのあるめん」とのこと。お湯を入れる前はもっと細く感じましたが、湯切り後は中太くらいの太さになる縮れ強めの油揚げ麺です。現在では大手じゃないメーカーの廉価品に使われているような麺の食感で、この麺に独自性や強調材料はないように思います。

現行いか焼そばの麺は、厚みのある太麺で、「カドメン」とは銘打たれてはいないものの、噛み応えや弾力のある麺です。麺が太いので存在感がありますが、油揚げ麺臭はむしろ復刻版の方が強く感じます。現行品の方がソースの味が強いので油揚げ麺臭が打ち消される部分はもちろん大きいですが、製麺技術の進化により、麺に含まれる油の量が少ないというのも小さくない要因かなと感じました。私はこのブログで何度も書いてきているように、太い油揚げ麺があまり好きではないのですが、それでも今回の麺を比較すると、太い現行品の麺の方がよくできていると思います。

復刻版の方がいかの量は多いが大きな差はなく、現行品の別添「ふりかけ」の胡椒の強さが特徴的

具は「風味の良いいか、キャベツ、ごまとあおさと紅しょうがのふりかけを付け」たとのこと。先ほど書いたように、いかの量は復刻版がやや多めですが、お湯を入れると縮んでしまい、完成品を比べるとそれほど大きさな差はなくなるように感じました。復刻版のいかは丸いものが多いのに対し、現行品のいかはカットされているものしか入っていませんが、そのカットのしかたや製法で、湯切り後のデキに違いがでてくるのかもしれませんね。

キャベツはお湯を含んで大きくなるため、完成後は現行いか焼そばの方がだいぶ多く感じました。現行品はソースが濃いため、濃いソースの箸休め的な効果があります。キャベツにソースがたくさん絡んで箸休めにならない場合も多いですけどね。

別添の「ふりかけ」は両者共通であおさ、紅しょうが、胡椒が入っていますが、胡椒の強さがだいぶ現行品の方が強いです。結構違いますね。違いを見るために両方舐めてみましたが、現行品のふりかけはちょっと咳き込みました。復刻版にはごまが入っていますが、風味の上で大きな効果は感じませんでした。

オススメ度(標準は3です)

・復刻版 大盛りいか焼そば
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
・スーパーカップ 大盛りいか焼そば
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)


現行いか焼そばで弱くなってしまったいかの風味の強さを復刻版に期待しましたが、比べてみるといかの味が強いのはむしろ現行品の方で、いかの風味が強くなるのは1988年の発売開始からだいぶ経ってからのようです。

ソースの味の深み、麺のデキの良さなど、比べてしまうと現行品が勝る部分が多く、やはり30年の進化はダテではありません。ただやっぱり、復刻版で味云々を語るのは野暮で、あくまで昔の味を懐かしんで楽しむものなので、そのあたりは評価を気にせずに食べていただければと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加