2142kcalの超超超大盛ペヤングは通常の約4倍の麺量!!

今回は、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」を食べてみたいと思います。2018年6月18日に関東先行で発売された「ペヤング」シリーズの大型新商品で、文字通りノーマル「ペヤング」の約4倍の大きさという大きなカップ麺。まさかの2000kcal超え!「2142kcal」という、もうこれひとつ食べるだけで一般的な1日のカロリー摂取量を超えかねないカップ焼そばです。ペヤングが「超大盛」という、ノーマルペヤング2つ分の麺量の商品を出した時に、これはちょっとしたパーティーサイズだよなと驚いたものですが、今回の商品に至ってはもうパーティーサイズ以外の何物でもないように思います。

とは言いつつも、もうすでに発売から2週間が経とうとしており、すでにこの商品の話題ももう巷に溢れています。私は関東外に住んでいるためようやく手に入れられたものの、今さらこのブログでこの商品について真面目に語ったところで需要があるのかどうか。しかしカップ麺ブロガーとしては避けてと通れない商品でもあるため、食べてみたいと思います。

今回は、まずは通常サイズのペヤングと比較して、写真を通して実際に麺量などにどういう違いがあるのかを見ていきます。約4倍とメーカーサイトで書かれていますが、実際に両者を比較してみることによって、「約4倍」という数字とはまた違う印象、感想も生まれるんじゃないかと期待しています。

パッケージには「※1日1食までにして下さい。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります。」と書かれていますが、1日1食までなら毎日摂って良いものでもなく、また、実際一人で食べることを本当に想定しているのかも疑わしいです。



パッケージの大きさの比較から



まずはいきなり泣き言から。2つ並べて撮ろうとすると、なかなか画角に収まりません。それだけ「超超超大盛 GIGAMAX」が大きいということなんですが、まず高さは1.5倍まではない感じ。いやそれでも強烈に高いわけですが、高さだけならスーパーカップなどよりちょっと低いでしょうか。



こう重ねてみるとやはり大きいです。上面の面積は2倍強といったところ。容器の大きさは4倍まではないものの3倍くらいはありそうな感じです。実際目にした時の威圧感が凄まじい上、手に取った時の重量感がもうカップ麺とは思えないものでした。



商品概要

品名:ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX
メーカー:まるか食品
発売日:2017年6月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(ソース・かやく・ふりかけ&スパイス)
定価:税別385円
取得価別:税別368円



蓋の色合いは両ペヤング共通ですが、これだけ大きさが違うともう別物の感がありますね。これは空母か何かでしょうか。戦闘機の離着艦が可能な雰囲気が出ています。海には浮いてそうですが空は飛べなそうなので、ホワイトベースとはちょっと遠いと思います。



ソースやかやくもやはり大きい。ソースなんてずっしり重いし、かやくの袋の大きさを見て「業務用」という言葉が思い浮かびました。幼い頃にバカでかい業務用バーモントカレーの箱を初めて見た時くらいの衝撃がありました。あのバーモントカレー、私の時代はパッケージが中辛の色してたのに全然辛くなかったのを覚えています。今はパッケージが赤くて甘口の色なので、批判が来たのかもしれないですね。話を戻すと、かやくの中の肉の割合がやや小さく、またふりかけやスパイスも麺量の割には少ないように感じました。

麺量は3.67倍、カロリーは3.87倍

ペヤング ソースやきそば
1食120g(めん90g)あたり
エネルギー:544kcal
たん白質:8.9g
脂質:27.6g
炭水化物:64.9g
食塩相当量:3.6g

ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX
1食439g(3.66倍)(めん330g)(3.67倍)あたり
エネルギー:2142kcal(3.87倍)
たん白質:28.5g(3.20倍)
脂質:120.7g(4.37倍)
炭水化物:235.3g(3.63倍)
食塩相当量:13.5g(3.75倍)

「約4倍」という触れ込みでしたが、実際は麺量が3.67倍、カロリーは3.87倍、そして全体重量は3.66倍で、4倍よりはだいぶ少ないようです。四捨五入して4倍みたいな感じ。なぜか脂質だけは4.37倍で4倍を大きく上回っていますが、どういう理屈でそうなっているのかはよくわかりませんでした。たん白質が3.2倍で低くなっているあたりは、肉の量の少なさが影響しているのかなと思います。



麺は通常の2倍近い厚みのある塊が2つ入っている



麺は「超大盛」と同じように、2つの塊に分かれて入っています。1つの塊で入っているよりも混ぜやすいメリットがあります。あと、複数人で食べるなら分けやすそうですね。私は1人で食べますが。麺の厚みがかなりあるため、この麺と麺の間の深淵(アビス)に落ちてしまったら現実世界には帰ってこれないかもしれません。



上が通常商品の麺で、下が「超超超大盛 GIGAMAX」の麺。2倍弱くらいの厚みがあることがわかります。まるか食品の麺は基本的に、違う商品間で麺を使い回していると見受けられ、実際「超大盛」でも通常サイズそのまんまのサイズの麺が2つ入っていましたが、今回に関してはこの大きさの麺が他の商品では見当たらないため、「超超超大盛 GIGAMAX」専用サイズの麺と思われます。4倍弱とは言えシャアの3倍を超えているわけですから、専用であっても何ら不思議はありませんね。



なんと1300mlものお湯が必要になる「超超超大盛 GIGAMAX」



いつも通り、完成写真。まずは通常ペヤングから。今回はとても大きなサイズの商品と一緒に扱っているため、こちらだけ見るとなんだか2口3口くらいで食べ切れてしまうのではないかという錯覚に陥ります。普通の量なので普通にボリュームあるんですけどね。調理に必要なお湯の量は480ml



こちらは「超超超大盛 GIGAMAX」。この撮り方だと通常サイズとのスケールの違いがわかリづらいですね。同じくらいの麺の太さのはずなのに、両者全然違う太さに見えてしまうあたりから、スケール感の違いを見ていただければと思います。そして調理に必要なお湯の量はなんと1300ml。1リットル超えのお湯を必要とするカップ麺なんて初めて見ましたよ。私いつもカップ麺では電気ケトルでお湯を沸かしているのですが、今回はこれではとても間に合わず、久しぶりにヤカンを使いました。



皿に移し替えて同じ画角で麺の量を比較してみました



皿に移し替えて量を比較してみます。この皿は普段、私が冷凍チャーハンを食べる時に使っていますが、大きいサイズの冷凍チャーハン用に大きい皿なので、通常サイズのペヤングを入れてもかなり余裕があります。これで通常サイズ一人前です。



だいたい同じくらいの画角にして、今度は「超超超大盛 GIGAMAX」。こう見ると麺量の違いがすごいことになっているのがよくわかるかと思います。この皿、4人前の冷凍チャーハンも入るんですけどね、これが一杯になってしまうとは。でもよく考えたらこの「超超超大盛 GIGAMAX」も約4倍なので4食分ですよね。そう考えると納得。



食べても食べてもなくならない・・・さすが「超超超大盛 GIGAMAX」



今回は通常ペヤングと「超超超大盛 GIGAMAX」であわせて約5食分を食べなければならず、さすがに大食いの私オサーンでも無理でした。通常ペヤング食べ切ったあたりでもうお腹が怪しくなり、「超超超大盛 GIGAMAX」の方を食べ始めて序盤でギブアップ。

「約4倍」という触れ込みで実際は4倍もなかったわけですが、それでもこの量は実際4倍と文字で見る以上に迫力がありました。これは家族とか友達とかとお誘い合わせの上で食べるべき商品であり、私のように1人で食べるべきものではありません。大量のペヤングを前にしてただただ人間1人の力なんて無力に等しいと気付かされることになります。ストライクフリーダム級の大食戦士でなければ食べ切るのは無理でしょう。4倍という数字の持つ印象以上に高い壁です。

しかしどうすんだよこれ。残りすぎだろ。でも実は全部食べられないことを最初から予測済でこのレポを敢行しております。もちろん捨てる気なんてさらさらありません。そんなもったいないことしません。ご安心下さい。



というわけで、保存用容器に移し替えました。右の方の容器だけで足りると思っていましたが、思いのほか残ってしまい、急遽左側の容器の追加しました。恐るべしウルトラペヤング

次回はこの残った大量のペヤングを使用して、「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」を食べ切れなかった時の対処法!!(仮)と題してレポしたいと思います。残ったペヤングでアレンジ料理ですね。もちろん私オサーンは料理など専門外も甚だしいので、ためになる記事は書けません。そこをご理解の上で、次回もご覧いただければと思います!

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加