噛み応えのある太麺が特徴の「厚切太麺」シリーズから初のとんこつラーメン

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 厚切太麺 肉盛り濃コク豚骨ラーメン」。2018年6月25日発売の、「厚切太麺」シリーズの新商品です。タテ型で麺量のやや多い油揚げ麺の商品なので、ライバルは「カップヌードルビッグ」や「本気盛」シリーズと言ったところでしょうか。

当初は油揚げ麺使用の大盛焼そばや油そばから始まった「厚切太麺」シリーズですが、現在はタテ型大盛サイズにも手を広げ、今回で7作目を数えます(たぶん)。噛み応えのある太い麺を使用しているのが特徴のシリーズで、おそらくスーパーカップの「カドメン」の技術を他ブランドとして応用しているものと思われます。

厚切太麺」シリーズでは今まで、油そばとお蕎麦が複数回出ていて、その他は担々麺と焼そばが1回ずつ。意外にもこのシリーズでとんこつラーメンは初登場となっています。今回は麺だけではなく具にもこだわりを見せる「肉盛り濃コク豚骨ラーメン」で、太麺なのでとんこつ臭の効いた博多とんこつラーメンみたいなものは望めないですが、肉の量と太麺に見合う濃いスープに期待したいところ。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 厚切太麺 肉盛り濃コク豚骨ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年6月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別210円
取得価格:税込225円(ローソン)

栄養成分表

1食88g(めん70g)あたり
エネルギー:375kcal(めん・かやく280kcal スープ95kcal)
たん白質:9.3g
脂質:13.1g
炭水化物:55.0g
食塩相当量:6.3g(めん・かやく1.9g スープ4.4g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.41mg
カルシウム:360mg



しお味のはっきりしたとろみのあるとんこつスープ

スープは「複数種の豚骨エキスパウダーをブレンドした、濃厚な豚の旨みとコクを味わうことのできる豚骨スープ」で、「調味油を加えることで、より豚の香りが広がる濃コク感を演出し」たとのこと。コラーゲンでややとろみがある、やや塩けが強めのとんこつスープです。

とろみの強さほどとんこつの味が前に出てくるわけではないですが、塩分強めで味のハッキリしたスープとなっています。別添の調味油には調理感のある風味が付与された豚脂が入っており、スープの豚の味を補強しています。スープにとろみが付いているため麺とよく絡んでいました。とんこつが濃厚というよりは、油多めでしお味含めて味が強いという印象で、濃厚とんこつスープというわけではなかったですが、はっきりした味が好みならば良いスープなのではないかと思います。私は「濃コク豚骨」というからにはもうちょっと骨の味の強いスープが良かったですかね。



油揚げ麺の太麺としては厚みがあるため噛み応えが強い

麺は「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性もよく、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。油揚げ麺としては厚みのある太い角麺で、厚みがあることで噛み応えを重視した「厚切太麺」の特徴を踏まえた麺となっています。

とんこつスープは味噌味や担々麺のスープと比べると主張が弱いため、油揚げ麺の太麺と合わせるとバランスが悪くなるのではないかと危惧しましたが、今回はしお味がはっきりしたスープで、且つスープにとろみがついていて麺とよく絡むため、スープと麺のバランスがしっかり整っていました。

油揚げ麺の太麺は平打ち麺が多い中で、今回の麺は厚みがあるため噛み応えがあり、麺の存在感を強く感じます。スーパーカップの「カドメン」が好きな方なら、この麺も気にいるのではないかと思います。麺量70gは普通盛り以上大盛以下ですが、麺自体の重量感があって食べ応えは十分でした。

細かくカットされたチャーシューは肉感がしっかりあり量も多い

具は「程良く味付けした焼豚、肉そぼろ、色調の良いねぎ、コリコリとした食感の良いキクラゲを加えて仕上げ」たとのこと。商品名に「肉盛り」と付いているだけあって、2種類の肉が入りボリュームがあります。

肉は細かくカットされたチャーシューと肉そぼろの2種類。チャーシューは形状的にいつものハムみたいなやつかと思いましたが、食べてみるとしっかり肉感のあるチャーシューでなかなかおいしかったです。量も結構たくさん入っており、確かに「肉盛り」でした。一方で肉そぼろはチャーシューに比べると量が少なくインパクトにも欠け、これなら肉そぼろは入れずにチャーシューに集中する方が良かったのではないかと感じました。「肉盛り」としては肉が2種類入っていることに意味があるんでしょうけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
しお味のはっきりしてとろみのついたとんこつスープは、厚みのある太い油揚げ麺によく絡み、スープと麺のバランスは良かったです。とんこつスープでも「厚切太麺」の麺はしっかりマッチしていました。「濃コク豚骨」という割にはスープのとんこつ感がそれほど強いわけではなく少し物足りなさもありましたが、具のチャーシューの量が多くきちんとおいしかったので、今回はこの評価としました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加