「銀座デリー」カップ麺初のノンフライ麺商品の登場!!

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 銀座デリー監修 大人のカシミールカレー焼そば」。2018年6月25日発売の、「銀座デリー」シリーズの新商品です。

銀座デリー」は、東京に3店舗構えるインドカレーの名店です。全国的に有名なお店ですよね。私も東京に住んでいた時は銀座と上野のお店にたまに伺って食べていました。この「銀座デリー」監修の元、明星食品から「銀座デリー」のカップ麺が数多く発売されてきました。そして今回焼そばにアレンジした「カシミールカレー」は「銀座デリー」の看板メニューで、最も辛いカレーでもあります。

そして数多くの商品の発売を重ねてきた銀座デリー&明星食品の商品ですが、今回おそらく初のノンフライ麺使用の商品となっています。スパイスの強い本格的なカレーを再現するためには、味の阻害要因となる油揚げ麺よりもノンフライ麺の方が断然良いはずで、これは楽しみな商品が登場したという印象です。

今回で4回連続のカレー味のカップ麺のレポで、しかも今週3つめのカレー焼そばなので、私オサーンのコンディション的に今回の商品は完全アウェーな状況になってしまっていますが、カレーに飽き気味なこの状況をぶっ飛ばす突き抜けたデキに期待したいです。デリー監修のノンフライ麺カレー焼そばはどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:明星 銀座デリー監修 大人のカシミールカレー焼そば
メーカー:明星食品
発売日:2018年6月25日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・スパイス)
定価:税別225円
取得価格:税込243円(ローソン)

栄養成分表

1食110g(めん80g)あたり
エネルギー:452kcal
たん白質:9.0g
脂質:15.8g
炭水化物:68.5g
食塩相当量:4.4g
ビタミンB1:0.61mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:175mg



重厚なスパイスと別添「スパイス」の辛さで本格的なカレー味ソースに仕上がる

ソースは「クミン、ターメリック、コリアンダーなどの香辛料をベースに、ローストオニオン、ガーリック、チリなどで辛さと苦みを加えたカシミールカレーソース」に、「パセリチップ、カレー粉、チリミンス、フライドオニオン、パプリカ、赤唐辛子の特製スパイス」が別添とのこと。銀座デリーのカシミールカレーをイメージした重厚なスパイスが特徴のカレー味ソースです。これはすごいスパイス感。辛さだけではなく苦味も感じられます。今までも「カシミールカレー」のカップ焼そばは出ていましたが、今回は後述のノンフライ麺使用が影響してか、スパイスの強さをダイレクトに感じることができました。これはすごい。

これに唐辛子やカレー粉の入った別添のスパイスを加えると、ソースだけなら中辛程度だった辛さが一気に跳ね上がります。辛さの区分は「極辛」でお店の最高レベルの位置付けですが、激辛に近いレベルの辛さになっています。重厚なスパイス感を相まって、銀座デリーの味に近い本格感を醸し出していました。他社製含めて今まで出てきたカップ麺のカレー焼そばとはちょっと別物の感があります。



しっとり感のある焼そばとして自然なノンフライ麺

麺は「しなやかで歯切れの良い細麺」で、「スパイスをより感じられるノンフライ麺を採用し」たとのこと。中細のノンフライ麺です。しっとり感があってちょっと家で作るチルド焼そばの麺に似ている食感です。いつもの油揚げ麺ではなくノンフライ麺を使用していることで、焼そばとして食感が自然だというのが大きな特徴という印象です。ソースがしっとり麺に自然に絡んでいて、焼そばとしてまったく違和感を感じません。最近はカップ麺での汁なし麺のノンフライ麺化が進行していますが、焼そばもやっぱりノンフライ麺が良いですね。おいしいです。

ソースがとても濃いので麺の主張は劣勢ではあるものの、今回はノンフライ麺を使用していることで、スパイスの香りをいつも以上に強く感じることができました。これを食べると、普段のカップ焼そばで食べている油揚げ麺がいかにソースの味を邪魔しているかがよく分かるように思います。ノンフライ麺はコストが嵩むため、油揚げ麺使用時より麺量が少なくなってしまいますが、麺量を取るか味を取るか、私なら麺量が少なくなってもノンフライ麺を使用してもらいたいです。

挽肉が結構たくさん入っていてカップ焼そばとしては具の量が多い

具は「挽肉、赤ピーマンを組み合わせ」たとのこと。挽肉は結構たくさん入っています。以前出ていた油揚げ麺使用の「カシミール焼そば」でも挽肉が使われていましたが、実際のお店の「カシミールカレー」では挽肉ではなく鶏肉が入っています。お店とは違いますが、挽肉はスパイス感の強いソースととてもよくあっているように感じました。赤ピーマンもそこそこ量が入っていて、別添スパイスに入っているパセリやパプリカも合わせると、カップ焼そばとしては具は多めでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
「銀座デリー」シリーズ初のノンフライ麺使用の焼そばでしたが、思った以上に威力を感じる一杯でした。油揚げ麺使用時に比べてカシミールカレーの苦味まで感じるスパイスや辛さがより強く感じられました。また、しっとりした麺がソースと絡む様子は焼そばとしてとても自然なのもおいしさを引き立てていました。ノンフライ麺を使用することで価格の高さの割にいつものような麺量はなくなりますが、それでもノンフライ麺の魅力は大きかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加