毎年夏の風物詩「黒い豚カレー焼そば」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」。2018年6月25日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。「マルちゃん 赤いきつね焼うどん」と同時発売で、こちら「黒い豚カレー焼そば」はもう何年も続く毎年夏の風物詩的な定番商品です。

こちらも先日レポした「赤いきつね焼うどん」と同じように、栄養成分が昨年発売されたものから変化はないようなので、中身は昨年発売のものと同じだと思われます。昨年はソースのスパイスが強くなるという大きな変化がありました。今年は変化がないのは少しさみしいですが、引き続きスパイスの強いソースが楽しめそうです。

知り合いに「黒い豚カレー焼そば」が大好きな人がいて、その人は毎年この時期のリニューアル発売を楽しみにしていて、箱買いする勢いで食べているのですが、その人は昨年の大幅な味の変化があまりお気に召さなかったようです。というのも、まったりしたカレー味のソースの中で豚肉の味が強く感じられるのが好きだったのに、昨年バージョンはスパイスが強くなってしまい、豚肉の味を楽しめなかったかららしいです。私なんかは昨年食べてスパイスが強くなったことを素直に歓迎しましたが、なるほどそういう考え方もあるんですね。同じものを食べてもどこに主眼を置くかで評価は変わってくるし、人によってはおいしいものがおいしくなくなったりもするので、本当、味の好みは千差万別だと改めて感じた次第です。

今年も昨年と成分が同じなので私の知り合いは今年の「黒い豚カレー焼そば」もおそらくお気に召さないと思いますが、これから暑くなってくる時季にピッタリな商品で、東洋水産の夏の風物詩と言って良いでしょう。今年もしっかり食べたいと思います。



商品概要



品名:マルちゃん 黒い豚カレー焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込149円(イオン)

栄養成分表

1食112g(めん90g)あたり
エネルギー:522kcal
たん白質:10.8g
脂質:24.5g
炭水化物:64.5g
食塩相当量:2.8g
ビタミンB1:1.72mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:200mg



豚脂の味の広がりを感じるしょうゆベースのカレー味ソース

ソースは「ポークをベースに、野菜の旨味を加え、醤油で味を調えた甘さとスパイス感のあるカレー味のソース」で、「バジルの風味を利かせ」たとのこと。スパイスの香るカレー味のソースです。しょうゆ味をベースとしており、「黒い豚カレー焼そば」の名前通り、豚脂の風味をしっかり感じられる味に仕上がっています。

先日「ボンカレー焼そば」を食べたばかりで、それと比較すると今回の方が豚の味を結構強く感じます。、同じようなカレー味のソースでも、今回の商品の方が豚脂の味の広がりがあるのに対し、一方で「ボンカレー焼そば」はスパイス感がより強いという違いがあり、ベースとなっているカレー味は似たようなものなんですが、それぞれに色付けが違っていて面白さがありました。ソースはおそらく昨年と変わらないものが使われており、スパイス感が弱かった昔の味が好きならば今回の味だと豚の味が前に出てこなくて物足りなさもあるでしょうが、別の商品と比較すると豚の味がしっかりあるように感じられました。



ややかための食感の中細油揚げ麺

麺は「なめらかで弾力のある丸麺」とのこと。中細の油揚げ麺で、ややかための食感です。強いカレー味のソースに対し、麺は細めで、油揚げ麺臭が前に出てこないバランスとなっています。一方で、かための食感は濃いソースの中でも目立っており、麺の主張はしっかりできているように感じました。油揚げ麺の味が前に出てこない分、豚脂の風味をしっかり感じられるんだと感じました。

ソース同様、麺も昨年と同じものが使用されていると思われ、また、先日食べた「ボンカレー焼そば」とも共通かと思われます。麺量は90gで一般的なカップ焼そばのノーマルサイズで、「ボンカレー焼そば」の130gに比べると少ないですが、価格帯も違いますね。同じノーマルサイズのカップ焼そばでも、「やきそば弁当」や「昔ながらのソース焼そば」の麺と比べると細くかための食感でした。食感はしお焼そば系の麺に近いのかなと思います。

豚の脂身が「黒い豚カレー焼そば」の味の決め手

具は「味付豚肉、にんじん」とのこと。東洋水産のカップ麺に入っている豚肉は脂身の少ないものが多いですが、この商品に関しては脂身の少ない大きなカットの肉と、脂身主体の細かい肉が混在しています。そして、その脂身の方から出る味が、「豚カレー焼そば」として豚の味の大きな役割を果たしていると思われます。家庭で作るチルド焼そばに入れる豚コマみたいな感じで良いですね。あ、うちの焼そばは豚コマだったんですが、裕福なご家庭だと豚バラを使うんでしょうね。

豚肉以外にはにんじんしか入っておらず、しかも量は少ないです。また、カップ焼そばの具としてポピュラーなキャベツも入っていません。キャベツ入れちゃうとスパイス感や豚脂の味が薄まってしまうように感じるので、今回は入っていなくて良かったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
毎年恒例の夏の風物詩「黒い豚カレー焼そば」でしたが、スパイス感の強まった昨年バージョンと中身は同じでした。今週ローソンで先行発売された「ボンカレー焼そば」とベースはしょうゆ味で共通と思われますが、「ボンカレー焼そば」の方がスパイス感が強いのに対し、今回の商品は豚脂の味の広がりを感じました。昨年と同じでしたが今年の「黒い豚カレー焼そば」もおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加