3回目の登場となる「赤いきつね焼うどん」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 赤いきつね焼うどん」。2018年6月25日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。この商品は一昨年の「ドラゴンボール超」とのタイアップ商品を含めると3回目の登場で、毎年恒例の「黒い豚カレー焼そば」との同時発売となっています。

栄養成分を見る限りは、昨年までと中身はまったく同じのようです。昨年の記事があるので今年は新しく記事にする必要もないかなと思いましたが、昨年と今年で私の味覚も違ってきているので、昨年気づけなかったこととかもあるかもしれないので食べてみることにしました。まぁどちらかというと今週は新商品の発売が少ないので、これ食べておかないとネタが持たないという気持ちが強いんですけどね。

汁ありの和風商品を汁なし麺にアレンジした商品は、毎年「黒い豚カレー焼そば」と「赤いきつね焼うどん」の発売となっていますが、そろそろ「緑のたぬき焼き蕎麦」あたり出るんじゃないかと思って楽しみにしていたんですけどね。あと「黄色い博多焼ラーメン」とか。後者は特に面白そうなので実現してほしいです。

昨年おいしかったので今年も間違いない商品だとは思いますが、2018年バージョンの一杯を堪能したいと思います。



商品概要



品名:マルちゃん 赤いきつね焼うどん
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・かやく・特製油)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

栄養成分表

1食101g(めん90g)あたり
エネルギー:477kcal
たん白質:8.3g
脂質:21.8
炭水化物:62.0g
食塩相当量:3.8g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:221mg



かつお香るしょうゆベースに七味唐辛子の効いた「赤いきつねうどん」味の焼うどんソース

ソースは「かつお節と昆布のだしを利かせた『赤いきつねうどん』をイメージさせるソース」で、「七味唐辛子を加え、味を引き締め」たとのこと。別添「特製油」を加えることでかつおの風味を強く感じるしょうゆ味の焼うどんソースです。粉末ソースにあらかじめ七味唐辛子が入っており、和風だしのしょうゆ味と七味唐辛子の効果で「赤いきつねうどん」そのものの味に仕上がっています。しょうゆとかつおが強いため、東日本版の「赤いきつね」ですね。昨年と変わらぬ味だと思われ、今年も引き続き安心して食べられるおいしさとなっていました。安定しています。

昨年に比べるとちょっと塩辛く感じたのですが、これはたぶん私の味覚の変化だと思います。なんか最近になって「塩辛い」という言葉をブログで使うことが多くなり、加齢とともにだんだん塩けが許容できなくなってきているように感じています。引き続き濃い味は大好きだし、あっさり味を食べていると虚しくなったりするんですけどね。なので、私がブログで「塩辛い」と言った場合には、特に10代20代の方は話半分に聞いといてもらう方が無難かと思います。今回は多少感じたものの、そこまで強く塩辛かったわけではないので、多くの人にとっては許容範囲内なんじゃないかと思います。



「赤いきつねうどん」に比べて幅広で厚みのある油揚げ麺のうどん

麺は「ソフトでモチモチ感のあるうどん」とのこと。平打ちで太い油揚げ麺のうどんです。「赤いきつねうどん」に比べて幅広でかつ厚みる一方、「赤いきつねうどん」のような弾力はなく、比べるとやや歯切れが良いように感じましたが、つゆがないので麺に意識が強くいってしまってそう感じるだけかもしれません。太い油揚げ麺ですが、ソースの味が強めなのでバランスは良く、両者なかなかの好相性ぶりです。ソースを吸いやすい麺なのか、ソースがしっかり麺に馴染んでおり、自然な一体感がありました。カップ麺では焼そば商品に比べて焼うどんの数はすごく少ないですが、これだけ高い完成度を見せられてしまうと、もっともっとカップ焼うどんもあって良いんじゃないかと思ってしまいます。

定価税別180円の汁なし麺商品としては具は多め

具は「きざみ揚げ、たまご、かまぼこ、ねぎ」とのこと。定価税別180円の汁なし麺商品としては具は多めです。きざみ揚げは「赤いきつねうどん」のおあげほどのボリュームはないものの、うすめですが甘く味付けられていて存在感はきちんとありました。かまぼこも枚数が多くて存在感があります。たまごは2個で少ないです。ねぎは和風だしのソースと相性が良いので、もっとたくさん入っていて欲しかったです。きざみ揚げ以外のたまご、かまぼこ、ねぎは「赤いきつねうどん」と共通の具となっており、たまごとかまぼこは量もそれほど違いはないと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今年で3回目の「赤いきつね焼うどん」でしたが、いずれも栄養成分がまったく同じで、ここまで中身に手は加えられていないようです。なので、引き続き安定した(同じ)おいしさで、今までの商品がおいしいと感じていたなら今回も安心して買って良い商品だと思います。「赤いきつねうどん」そのままの味が楽しめ、太めの麺とよく馴染んでいておいしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加