「赤い」のに「きつねうどん」ではなく「タイ風レッドカレー」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 赤いカレーうどん タイ風」。2018年6月11日発売の、「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズの新商品です。今回は和風なこのシリーズからだいぶイメージの違う「タイ風」の商品。

それにしても意外だったのが、「赤いきつね」という大看板がありながら、今回の商品にも「赤い」カレーうどんと同じ「赤い」がついていることで、私はてっきり「赤い」や「緑の」など、すでに使われている色は他の商品で使わないと勝手に思っていたので、ちょっとビックリでした。

おだやかな味のイメージのある「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズに「タイ風」の激しい味はイメージに合わない感じがしますが、今回の商品は果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。激しい「レッドカレー」に期待したいところ。





商品概要

品名:マルちゃん 赤いカレーうどん タイ風
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月11日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・特製油)
定価:税別180円
取得価格:税別128円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食90g(めん66g)あたり
エネルギー:427kcal(めん・かやく345kcal スープ82kcal)
たん白質:8.4g
脂質:21.4g
炭水化物:50.3g
食塩相当量:4.9g(めん・かやく2.1g スープ2.8g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:144mg



タイカレーらしいエスニック感に欠けるが重厚なスパイス感が特徴のレッドカレースープ

つゆは「カフィルライムとレモングラスでエスニック感を出し、辛さの中にまろやかさを感じるレッドカレー風のつゆ」で、「粗挽唐辛子入り」とのこと。ベースにまろやかな鶏の味を感じるカレー味のつゆで、後入れの「特製油」を加えることで真っ赤に染まります。鶏のまろやかさに、このつゆがラーメンスープではなくうどんつゆだというのを多少感じます。色はまさしく「レッドカレー」そのものですが、タイカレーらしいエスニック感はさほど感じません。「カフィルライム」と「レモングラス」が入っているそうですが、柑橘の香りも酸味もそれほどなく、タイカレーが苦手な人もそれほど苦もなく食べられるように思います。反面、タイカレーらしい激しい味を求めるならちょっと物足りない味です。辛さはピリ辛程度であまり強くないですが、スパイス感はなかなか重厚で、スパイスの後味はなかなかのものがありました。スパイス以外のエスニック感が足りないのでタイカレーとしては少々物足りないですが、普通にカレー味のスープとしてはおいしかったです。



重厚なスパイスのつゆとバランスが取れている「赤いきつね」と同じ油揚げ麺のうどん

麺は「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。いつもの「赤いきつねうどん」と同じと思われる中太の油揚げ麺のうどんで、「日清どん兵衛」とは違い、縮れの強い麺となっています。重厚なスパイス感のある強めのつゆに対し、麺も太くて存在感があるため、両者のバランスはなかなか良く取れています。良い組み合わせでした。また、適度に油揚げ麺臭も感じられ、今回は油揚げ麺臭が奏功し、良い意味でのジャンキーさも醸し出しています。「赤いきつねうどん」と同じ雰囲気の麺なのに、スープの味がぜんぜん違って別印象になるのはちょっと面白かったです。

具は鶏肉ダイスときざみあげの具で、「赤いきつね」のおあげに比べると物足りない

具は「鶏肉ダイス、きざみあげ、ねぎ」とのこと。鶏肉ダイスは謎肉程度の大きさの鶏肉塊で、かための食感ながら鶏肉らしい質感がしっかりあります。これは7~8個入っていました。きざみあげもそこそこ入っていたものの、具の全体量としてはそれほど多くなく、「赤いきつねうどん」の大きなおあげの圧倒的なボリュームに比べると物足りません。「赤いきつねうどん」に比べるとだいぶつゆにコストがかかっていそうなのでしょうがないと思える部分でもありますが、タイカレーらしさを発揮する具もなにか欲しかったところです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
タイ風レッドカレーながらタイカレーらしい味はそれほど感じませんでしたが、重厚なスパイス感が特徴のおいしいカレーつゆでした。「赤いきつね」と同じ麺との相性も良かったです。「赤いきつね」の大きなおあげに比べると具はかなり物足りなかったものの、総じておいしい一杯です。レッドカレーらしく赤いこと以外は、タイカレーの味を求めるなら不満がありますが、普通においしいカレーうどんでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加