セブンの「すみれ」カップ麺をリニューアル前後で食べ比べ!

今回は、セブンプレミアムゴールドの「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」。製造は日清食品。先日食べた「山頭火」に続き、2018年5月28日にリニューアルされたセブン&アイグループ限定の「日清名店仕込み」シリーズの3品のひとつ、「すみれ」のカップ麺をリニューアル前後でどう変わったのか比較していきたいと思います。おそらく「日清名店仕込み」3品で最も注目度の高い商品と思われ、名作揃いのシリーズの中でも名作中の名作として認知されています。確かにスープの厚みはカップ麺離れしているんですよね。

すみれ」は言わずと知れた札幌で最も有名なラーメン店で、全国的にも知名度が高いですよね。新横浜のラーメン博物館にも出店しており、また全国的な知名度の高さの一因として、今回のカップ麺の影響も大きいのではないかと思います。私、北海道外の方に札幌の観光案内を頼まれることがたまにあるのですが、すみれに連れて行こうとすると、「あぁあのカップ麺のお店だね!」と返されることがあります。

さて今回、名店再現カップ麺の元祖である「日清名店仕込み」3品がリニューアルされましたが、「すみれ」の変更点として「炒め油の旨みアップ」とパッケージに書かれています。確かに「すみれ」のラーメンの大きな特徴として、炒めたラードの風味が強いことが挙げられるので、この改良はお店の味に近づくのかもしれませんね。

内容物にリニューアル前後で大きな変化はないがリニューアル後の肉そぼろの色が黒くなった


左がリニューアル後の現商品。右がリニューアル前の商品。

品名:日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌
メーカー:セブンプレミアムゴールド(日清食品製造)
発売日:2018年5月28日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税込278円
取得価格:税込278円(セブンイレブン)

リニューアル前後の商品の内容物を比較しても、「山頭火」の時のような粉末スープ袋の大きさと量の違いみたいなわかりやすい違いはなかったです。リニューアル後商品の方が、かやく袋に入っている肉そぼろの色が黒く、メンマのカットが小さい、そしてかやくの全体量がやや少なくなったかなと感じる程度でした。


カロリーは減ったがカルシウムが増している

リニューアル前 日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌
1食145g(めん80g)あたり
エネルギー:583kcal(めん・かやく381kcal スープ202kcal)
たん白質:17.0g
脂質:26.4g
炭水化物:69.5g
食塩相当量:8.1g(めん・かやく2.0g スープ6.1g)
ビタミンB1:1.91mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:188mg

リニューアル後 日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌
1食139g(めん80g)あたり
エネルギー:559kcal(めん・かやく362kcal スープ197kcal)
たん白質:14.8g
脂質:24.6g
炭水化物:69.5g
食塩相当量:7.7g(めん・かやく1.9g スープ5.8g)
ビタミンB1:1.82mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:204mg

リニューアル前後で栄養成分を比較すると、麺量は80gで両者同じですが、全体カロリーが減り、特に「めん・かやく」が減っているのがわかります。内容物を見た限りではそこまで変化があるようには見えなかったのですが、麺が実は変わったとかあるのかもしれません。概ねどの数値もリニューアル後の方が小さいですが、カルシウムだけは増しています。これはベースとなっているとんこつのパワーアップということでしょうか。なんだか一筋縄ではいかなそうな変化ですね。

スープの色がちょっと黒くなった!!



こちらはリニューアル前のすみれカップ麺。やや暗めのみそ色で、表面に大量の油が浮いています。肉そぼろとメンマが主な具で、メンマのカットは大きめです。



リニューアル後の完成写真。写真だけではちょっとわからないですが、スープの色がリニューアル前よりみその赤みがなくなり、ちょっと黒っぽくなっています。実はかやくを投入してお湯を入れた段階で、肉そぼろから出る色でお湯が黒くなりました。味の大きな違いにつながるのかもしれません。メンマのカットが小さくなっているのは「山頭火」と共通なので、個体差ではなく製品としての変化の一つと言って間違いないでしょう。


みそ味が弱くなって豚脂や炒めた風味が相対的に増し、「すみれ」らしい味に

スープは「野菜と味噌の味わい深いスープ」とのこと。まず大きな違いとして、必要なお湯の量が460mlから440mlに変更になっています。「山頭火」の時と同じ変化で、一概には言えないもののお湯の量を減らせばスープの材料も減らせるわけで、コストカットの影響が出ているのかもしれません。そして、みそ味の強さがリニューアル前後で大きく異なっており、リニューアル前の方が強いみそ味なのに対し、リニューアル後はみその味が弱くなって、代わりに豚脂や炒めた風味、そして山椒の効きも強くなっていました。パッケージに書いてあった「炒め油の旨みアップ」というのは、みその味が弱まり、それ以外の味が相対的に目立つようになったということなんだと思います。

「山頭火」カップ麺はリニューアルでクリーミーな味を構成する練りごまが弱くなり、相対的に他の味が目立つようになっていましたが、今回の「すみれ」も同様、みその味が減退し、代わって豚脂や炒めた風味が増す結果となっていました。みそラーメンとしてはみその味が弱くなったのでマイナスのように思いますが、そもそものすみれの実際のお店のラーメンってみそ味よりも豚脂や炒めた風味の方が目立っており、今回のリニューアルによる変化はむしろお店の味に近づいたように感じます。みそラーメンらしさは小さくなったものの、「すみれ」らしさは向上している印象でした。

リニューアル前後で変化は感じない、黄色みの強い太ノンフライ麺

麺は「生麺のようなつるみのある食感の麺」とのこと。平打ちの太いノンフライ麺で、札幌ラーメンの玉子麺を意識して黄色味が強くなっています。原材料を見るとリニューアル前にはなかった「チキンエキス」が加わっていますが、食べた感じは特にリニューアル前後で変わった印象はなく、ともに麺量80gというのも変更がありません。

お店の麺に比べると加水が抑えられているように感じ、また平打ち形状なのも実際の麺とは異なるため、正直あんまりお店の麺を再現できていません。東洋水産の「彩未」カップ麺で使われている麺の方が太さ以外はそれっぽい食感の麺だと思います。ただ、この商品のど濃厚なスープと合わせるには今回の麺くらい太くないとバランスが取れないのではないかと思います。

ちょっと気になったのは、リニューアル後の商品の方が麺がほぐれにくかったこと。もともと太くて縮れいている麺なのでほぐれにくいのですが、今回両方同時に作ってみると、明らかにリニューアル後の方がほぐれにくかったです。おそらく、お湯の量が20ml少なくなったことでお湯の温度が下がるのが早くなり、その結果麺の戻りが遅くなったんだと思います。たった20mlの違いでもだいぶ変わっちゃうもんだなぁと少し驚きました。

具にはリニューアル前後で大きな変化はない

具は、味付肉そぼろ、味付メンマ、ねぎ、フライドオニオン。リニューアル前後で具の種類は変わりませんが、上で書いたように肉そぼろの色が黒くなったのと、メンマのカットが小さくなったという違いがあり、そしてフライドオニオンがかなり減ってしまいました。肉そぼろの量も少し減ったように思います。ただ、お店の玉ねぎは結構重要な役割を果たしているものの、このカップ麺のフライドオニオンは濃いスープの前でそれほど目立っていないように思うので、それが減ってもあまり影響がないように感じました。

「日清名店仕込み」シリーズ3品の中で、この「すみれ」だけがあの大判乾燥チャーシューが入っていないんですよね。お店でも「チャーシューメン」以外には大きなチャーシューは入っていないのでしょうがない部分はありますが、ただ、お店では細切れのチャーシューは入っているので、カップ麺でも肉そぼろじゃなくてせめて細切れチャーシュー入っていてくれるとうれしいんですけどね。他2品に比べてスープの重厚感がありコストがかかってそうなので、大判乾燥チャーシューと同等のものを入れるなら、スープをレベルダウンさせないといけないのかもしれません。

リニューアルしてみその味は弱まったもののお店らしい豚脂押しのスープに近づいた

・リニューアル前 日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

・リニューアル後 日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

スープのみそ味が弱くなり、相対的に豚脂や炒めた風味、山椒の香りなどが強くなりました。みそラーメンらしさは減退したものの、「すみれ」の味には近くなったのかなと思います。何か成分を増やしたというより、お湯の量を20ml減らし、みそも少なくすることで得られた「すみれ」らしさと言えると思います。パワーアップしたわけではなくむしろコストダウンを図ったように見えるため手放しで褒め称えられないですが、リニューアル前後商品それぞれに良さがあり、リニューアルで必ずしも悪くなったわけではないのは良かったと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加