ブレイクが予想される「宮崎辛麺」のカップ麺化商品

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 チャルメラどんぶり 宮崎辛麺」。2018年6月4日発売の、「明星チャルメラ」シリーズの新商品です。じわじわと全国的な認知度が高まりつつある、宮崎の新ご当地ラーメン「宮崎辛麺」のカップ麺商品です。「宮崎辛麺」時は次ブレイクする激辛ご当地ラーメンと目されているようです。カップ麺では、2012年にエースコックから「ご当地探訪 宮崎でみつけた 旨辛麺」が、昨年2017年にサンヨー食品から「サッポロ一番 ご当地マシマシ 辛すぎて旨い 宮崎 旨辛麺」という商品が出ていたことがあります。、今回は新たに明星食品からの登場。にんにくやニラの効いた辛いスープなので、雰囲気的には名古屋めしの「台湾ラーメン」と通じるものがある感じなんですが、カップ麺で食べる限りは「宮崎辛麺」の方が直接的に辛い印象です。台湾ラーメンにも強力に辛いのがあるだろうし、宮崎辛麺にそれほど辛くないのもあるんでしょうけどね。実際の具体的な違いはよくわかっていませんすいません。さてさて今回の「宮崎辛麺」はどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:明星 チャルメラどんぶり 宮崎辛麺
メーカー:明星食品
発売日:2017年6月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(かやく入り粉末スープ・かやく・調味油)
定価:税別180円
取得価格:税込192円(イオン)

栄養成分表

1食77g(めん65g)あたり
エネルギー:341kcal(めん・かやく292kcal スープ49kcal)
たん白質:6.8g
脂質:14.1g
炭水化物:46.7g
食塩相当量:5.5g(めん・かやく1.4g スープ4.1g)
ビタミンB1:0.16mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:92mg



辛さとガーリック・ニラのパンチが強い、本格的な激辛スープ

スープは「豚だしをベースにガーリック、ローストチリでパンチをきかせた醤油スープに、香味野菜 (ガーリック、ニラ )を効かせた辛いオイルを合わせた激辛スープ」とのこと。ポークベースのしょうゆ味で、辛みとガーリックの強さが特徴のスープです。激辛レベルの壁に片足引っ掛けるくらいには辛いスープとなっています。先日食べた日本版の「辛ラーメン」と同じくらいですかね。辛さに加えてガーリックやニラのハードパンチも加わり、定価税別180円の商品とは思えない、なかなか刺激的な味となっています。粉末スープの時点で辛いのですが、別添の調味油を加えることによりさらに辛味が増し、また野菜を炒めたような風味が加わります。安価品の雰囲気もチャルメラっぽさも感じない、凄みのあるスープに仕上がっていました。チャルメラ食べる軽い気持ちで食べ始めたため、ちょっと不意を突かれてビビりました。このスープ本格派でかなりおいしいです。

中細の汎用油揚げ麺

麺は「しなやかで適度な締まりのある食べやすい細麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。スープは重巡クラスのパンチがありましたが、麺は180円商品らしく、駆逐艦くらいの火力でしょうか。あまり特徴のないおとなしい麺となっています。当然ながら今回の強いスープと合わせるとバランスはスープに傾き、麺はそれほど目立てていない印象でした。もうちょっと歯応えというか、食感の強さが欲しかったですかね。それでも麺がスープの味を邪魔してしまうくらいなら存在感がない方が良く、スープのパンチ力を実感できるのでこれはこれで悪くありません。そもそも価格を考えると、スープかなり頑張っちゃっているので麺にあまり高望みできないですよね。

宮崎辛麺の特徴であるタマゴがしっかり入っている

具は「タマゴ、ニラ、挽き肉の組み合わせ」とのこと。ふわふわタマゴは結構たくさん入っています。味の主張はあまりないものの、スープの赤にタマゴの黄色はよく映えていました。溶き卵を入れるのは宮崎辛麺の大きな特徴のようです。上では宮崎辛麺は名古屋の台湾ラーメンの通じると書きましたが、実際のお店の宮崎辛麺を見るとこのタマゴの影響でまったく別物の姿をしていることがわかります。ニラはスープと同様に風味付けとしてかなり目立っていて、これもまた赤いスープに緑色できれいです。挽肉は、挽肉というには粒が大きく、量もそれほど入っていませんでした。全体的に具は価格相応のボリュームで、及第点と言ったところでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
辛みに加えてガーリック・ニラの風味の強いスープはかなりのハードパンチャーぶりで、安価商品のイメージもチャルメラのイメージもなく、激しいスープでした。これはかなりおいしいです。反面、麺や具は価格相応でしたが、宮崎辛麺の特徴であるタマゴがそれなりに入っていたのは良かったです。定価180円で買える激辛商品としてはかなり良い選択肢だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加