麻婆味の汁なし麺の登場!

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 汁なし 四川風麻婆麺」。先週2018年5月21日発売の新商品で、レポ済の「サッポロ一番 汁なし 海老味油そば」と同時発売でした。サンヨー食品からは麻婆のカップ麺として「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」という商品が過去数度出ていましたが、今回は価格帯も違う上、汁なし麺での登場となります。おそらくスーパーで100円程度で売られることを想定した商品と思われるため、麻婆麺とは言っても刺激的な味は望めないかと思いますが、まずはしっかり麻婆の味になっていることを期待したいです。どんな一杯なのでしょうか。



商品概要

品名:サッポロ一番 汁なし 四川風麻婆麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年5月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(調味だれ・特製スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込139円(イオン)

栄養成分表

1食81g(めん60g)あたり
エネルギー:371kcal
たん白質:6.5g
脂質:17.5g
炭水化物:46.9g
食塩相当量:4.3g
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:246mg



花椒のシビレが効いた麻婆味のたれ

たれは「ポークのうまみに、みそ、しょうゆ、豆板醤のうまみを合わせた、唐辛子、花椒の辛みがきいた麻婆味に仕上げ」たとのこと。みそベースの濃いめのたれです。豆板醤とともに唐辛子と花椒が効いていて、しっかり麻婆味になっています。辛さはピリ辛程度で物足りなくはあるものの、花椒のシビレはそれなりにきちんと効いているため、多少骨のある味に仕上がっていました。以前出ていた「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」と比べ、汁なし商品の強みか、麻婆らしくなっていたのが印象的です。本格的なスパイス感とかはなく価格相応の安っぽさはあるものの、いかにもごはんとあいそうな味でもあり、ライスとともにガッツリと食べるのに向いている味だと感じました。

中華麺っぽい手もみ風のちぢれ麺を使用している

麺は「つるみがあり、食べ応えのあるめんは、ちぢれをつけることでたれの絡みもよいのが特徴」とのこと。手もみ風の平打ちで太い油揚げ麺で、おそらく同時発売の「油そば」と共通の麺だと思います。油そばの麺としては多少違和感ある形状でしたが、こちら麻婆麺だと中華っぽくてしっくりきます。「油そば」よりもこちら「麻婆麺」に合わせた麺なんだと思います。麺は太いもののたれも濃いため、たれと麺のバランスはよく取れており、好相性でした。汁なし麺としては麺量60gはちょっと少なく、同じサンヨー食品のオープン価格商品「旅麺」あたりと同じ量なので、汁なし麺としてはちょっと食べ応えに欠けました。たれ同様、価格相応の安っぽさを見せているのはちょっと残念ですが、やはり麻婆豆腐と同じようにライスとともに食べるべき一杯かもしれません。

麻婆であることを意識した肉そぼろと豆腐の組み合わせ

具は「肉そぼろのうまみと豆腐のやわらかな食感と甘みがたれとよく合い、食欲をそそ」るとのこと。肉そぼろは「油そば」と共通の具ですが、油そばよりも量が多かったです。個体差かもしれませんが。実際の麻婆で使われる肉そぼろはもっと細かくて、今回のは肉そぼろというにはちょっと粒が大きいので麻婆豆腐の雰囲気はあまり出ていません。豆腐は「サッポロ一番 麺の至宝 四川麻婆味刀削風麺」に入っていたものと同じタイプの小さめのもので、価格帯が違うので量は少なかったですが、麻婆麺でしっかり豆腐を入れてきたのは好印象。たれとともに麻婆らしさを演出できていました。「油そば」よりも具は充実しているように見えます。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
花椒のシビレの効いたみそベースの濃いめのたれは、価格を考えれば十分なデキで、麻婆らしさがしっかり出ていました。太い平打ち麺も手もみ風で中華っぽく、濃いたれとのバランスもきちんと取れています。肉そぼろと豆腐の組み合わせは価格を考えれば頑張っており、同時発売の「油そば」と同じ★4とはしたものの、どちらかと言えば今回の「麻婆麺」の方がオススメかなと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加