「レモン」に着目したその名も「シゲキング」!!

今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」。2018年5月28日発売の、「EDGE」シリーズの新商品です。「驚き」と「やりすぎ」をテーマにした「EDGE」シリーズですが、エースコックにはコンセプトの被る「MEGA」シリーズもあり、ここまで出た商品ではあまり独自性を発揮できていないように感じていました。今回は「MEGA」シリーズでは絶対やらないと思われる「レモン」に着目し、「シゲキング」と称して酸っぱいスープを作ってきました。これはなかなか面白そう。実は個人的に今週いちばん楽しみな商品でした。あっと驚く刺激的な味に期待したいですね。全然関係ないですが、「シゲキング」で検索してみると、スマホゲームの「魔界ウォーズ」に登場する「シゲキング」がたくさん出てきます。砂漠の騎将だそうです。騎将と言えば私オサーンは竜騎将バランを思い浮かべるわけですが、きっとオッサンの証拠なんでしょうね。



商品概要

品名:EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年5月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・シゲキングの素ふりかけ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食94g(めん70g)あたり
エネルギー:384kcal(めん・かやく313kcal スープ71kcal)
たん白質:10.5g
脂質:14.4g
炭水化物:53.2g
食塩相当量:7.5g(めん・かやく2.2g スープ5.3g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:295mg
ビタミンC:1127mg



鶏しおのしっかりしたベースの上に刺激的なレモンの酸味が広がるスープ

スープは「チキンをベースにレモンを利かせた酸味が特徴の塩スープ」で、「別添のシゲキングの素を加えることで、刺激的な酸味がさらに加わりクセになる味わいが特徴的」とのこと。鶏の味が厚めに効いたしお味のスープで、スープ自体ちょっと酸っぱく、ややスパイス感もあります。「シゲキングの素」を入れる前にちょっと味見してみましたが、これだけでも十分成立する鶏しおスープかと思われます。別添の「シゲキングの素」はもうすべてレモン味の粉末で、これを入れることによっておだやかな鶏しお味のスープが酸味の強い味に変貌します。パッケージからはスーパーレモンキャンディー的なイメージを勝手に持ちましたが、そこまで極端に酸味だけが目立つわけではなく、酸味一辺倒にはならずに鶏しおのベースがしっかりあった上での酸っぱさなので、きちんとラーメンスープらしい味に仕上がっていました。強い酸味とあっさりな鶏しおの組み合わせは夏っぽくてなかなかいいですね。刺激的でありながらきちんとおいしいスープでした。

中細でかための食感の油揚げ麺

麺は「歯切れの良い角刃の細めん」で、「めんに味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。商品説明には「細めん」と書かれていますが、実際のところは中細程度の油揚げ麺で、しっかりした食感が特徴です。鶏しおのベースがしっかりしている上に酸味の強いのでスープの主張はなかなか強いですが、麺も細めながらしっかりした歯応えがあり、スープと麺のバランスはきちんと取れていました。鶏しおスープだとどうしてもソフトな麺にしてしまいたくなるように思いますが、かための麺にしてきたのはスープとのバランスをきちんと考えた結果だと思います。強い酸味の中で油揚げ麺臭も目立たず、良い塩梅にスープとマッチしている麺でした。

鶏肉そぼろやねぎなど細かい具が入っている

具は「程良く味付けした鶏肉そぼろと色調の良いねぎやなると、ふんわりとした食感の卵を加えて仕上げ」たとのこと。大物の具は入っておらず細かい具が入っています。鶏肉そぼろはそこそこたくさん入っていて、スープの鶏しおの味をうまく補強できています。あるとないでは鶏の感じ方がちょっと変わってきてしまうかもしれません。ねぎは結構たくさん入っていて、味よりも食感でアクセントを加えていました。なるとは小さのが3枚入っていました。卵は残念ながら量が少なくあまり目立ってなかったです。全体的にはちょっと物足りないボリュームかなと感じたものの、貧弱というほどではなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今回の「EDGE」新商品はレモンの酸味を強力にした一杯でしたが、酸味の強さに加えて鶏しおのベースがしっかりしていたため、刺激的でありながらきちんとおいしいスープに仕上がっていました。確かに酸っぱいけど普通においしいです。酸味でさっぱりした味というには酸っぱすぎですが、強力な酸っぱさでありながらそれ一辺倒にしなかったのはなかなかファインプレーかなと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加