「麺屋武蔵」のWスープの味を再現したラーメンスープ

今回は、旭松食品の「麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味」。ローソン先行で2018年5月22日(火)に新発売となった商品です。先日発売された「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」と同じく、東京西新宿に本店のある「麺屋武蔵」の味を再現した商品です。今回はスープ商品で、このブログ初登場となる旭松食品製造の一杯。旭松食品と言えば味噌汁やこうや豆腐の商品を多く出しているメーカーで、以前は納豆もありましたね。実際の「麺屋武蔵」のお店と同じく動物系と魚介系のWスープで、麺抜きのラーメンスープだそうです。ごはんとあいそうなスープなので楽しみです。



内容物は、液体スープと具の袋の2種類。別袋以外の内容物はありません。普段カップ麺で慣れていると、あまりに簡単な構成にちょっと面食らいますが、スープ商品はだいたいこんな感じですよね。

商品概要

品名:麺屋武蔵監修 ら~麺スープ 濃厚醤油味
メーカー:旭松食品(ローソン先行発売)
発売日:2018年5月22日(火)
麺種別:スープ
かやく・スープ:2袋(液体スープ・具の袋)
定価:税込178円
取得価格:税別178円(ローソン)

栄養成分表

1食28.8gあたり
エネルギー:76kcal
たん白質:4.1g
脂質:4.3g
炭水化物:5.3g
食塩相当量:3.6g

商品説明

麺屋武蔵監修の麺抜きのラーメンスープ」で、「動物系と魚介系のだしを使った醤油味のスープに4種の具材入り」とのこと。



4種の具材とは、豚肉加工品、ねぎ、メンマ、ゆず皮です。先日食べた「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」と比べて透明感のあるスープで、同じWスープでも味は全然違いそうです。一面を覆うねぎに、メンマ、そしてゆずが見え隠れしています。



底に沈んでいますが、豚肉も結構たくさん入っていました。テーブルの上じゃなくて透明蓋の上にのせています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鶏ガラメインの動物系と煮干しやかつおの出た魚介系のWスープで、鶏ガラが思いのほか強く感じられる濃いめのしょうゆ味です。なるほどスープ商品というよりは、商品名通りのラーメンスープの感が強い味となっています。これはごはんやおにぎりなどととても良くあいそうです。濃いしょうゆ味に柚子のアクセントが効いているのもポイント大でしょう。また、具も結構たくさん入っていて、表面を覆うねぎ、メンマに加え、底にたくさん豚肉が入っていて、スープ商品としては具の食べ応えもありました。税込178円はちょっと高いかなとも思うものの味は確かで、個人的には味だけなら先日食べた「麺屋武蔵監修 節鶏(ふしちょう)ら~麺」よりも好みでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加