正麺の多加水麺とFD野菜の使用でおいしいのが約束されているかのような商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ うま辛野菜タンメン」。2018年5月21日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。レベルの高い多加水麺を使用し、「野菜タンメン」で東洋水産お得意のFDの野菜が使われる商品なので、もう食べる前からおいしいのは決定事項と言っても良さそうです。以前「正麺カップ」シリーズからは「マルちゃん正麺 カップ こく野菜タンメン」という商品が出ていましたが、こちらもこのブログでは★6と高評価しています。今回は辛い野菜タンメンとのことで、これまた期待できそうです。期待通りのおいしい一杯になっているのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要

品名:マルちゃん正麺 カップ うま辛野菜タンメン
メーカー:東洋水産
発売日:2018年5月21日
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別205円
取得価格:税込203円(イオン)

栄養成分表

1食95g(めん65g)あたり
エネルギー:364kcal(めん・かやく302kcal スープ62kcal)
たん白質:9.1g
脂質:11.3g
炭水化物:56.4g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく1.0g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:143mg



野菜の旨みに加えて唐辛子と胡椒でパンチの効いたタンメンスープ

スープは「炒めた野菜の風味と唐辛子の辛味を加えた、ピリ辛の塩豚骨味のスープ」で、「にんにくや生姜・胡椒などの香辛料が後を引く旨味を引き出し」たとのこと。とんこつベースで野菜の味をしっかり感じるしお味のスープです。タンメンと言えば、胡椒の強めに効いたあっさり味のスープというイメージがありますが、今回のスープはそのイメージとはだいぶ違い、にんにくの効きが強いことに加え、唐辛子と胡椒も強く刺激的な味です。野菜の味がしっかりしているのでタンメンの基本は押さえつつも、かなりパンチのある味に仕上がっています。辛さは胡椒の強さも相まって、ピリ辛以上には感じられると思います。前回の「正麺」のタンメンで特徴的だった、野菜の味の強いタンメンらしいスープも良かったですが、今回のパンチの効いたスープもとてもおいしいです。お見事です。

正麺らしい多加水麺は今回のパンチの効いたタンメンスープと相性バッチリ

麺は「生麺のようななめらかな口当たりと、粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。中太のノンフライ麺で、「正麺」らしく弾力の強い多加水麺です。タンメンの麺はもっと低加水なイメージがありますが、今回のパンチの効いたスープには多加水麺は好相性で、スープと麺がよくマッチしています。正麺の多加水麺は主張が強いため、強いスープでなければバランスが取れないことが多いですが、今回のスープならバッチリです。スープも麺も正統派のタンメンから少し外れてるような感じはしますが、とてもおいしいのは間違いないです。

FD野菜のシャキシャキした食感はおいしく、ボリュームもある

具は「FD野菜ブロック(キャベツ、たまねぎ、ねぎ、さやえんどう、にんじん)かやくパック(味付豚肉、チンゲン菜)」とのこと。実に7種類の具が入っています。FDブロックで入っているキャベツやねぎはシャキシャキしていて食べ応えがあります。種類が豊富な上に量も多くてボリュームがあり、タンメンらしい野菜たっぷりな一杯となっていました。そんな中で、それほど多くはないものの豚肉をしっかり入れてきたのは好感が持てます。これだけスープと麺のレベルが高い中で、具もしっかり揃えてくるのは、他社にとってはちょっと脅威じゃないですかね。野菜たっぷりで良いものを食べている気分に浸れる具の構成でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
しっかり野菜の味がありつつも、唐辛子や胡椒でパンチを効かせたスープはかなりおいしく、正麺の多加水麺との相性もバッチリでした。それに加えてFDの野菜も充実しており、3拍子揃った一杯です。これだけ高レベルな一杯を、定価税別205円で出してくるのはかなりすごいことだと思います。タテ型油揚げ麺の大盛商品と同じ値段でこのレベルの商品を出すのは、他社の競合商品に対し、かなりのバランスブレーカーぶりだと感じました。大満足の商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加