今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルレンジ ニューイングランドクラムチャウダー」。パッケージには「クリーム風クラムチャウダーヌードル」と書いてあります。前々回紹介した「カップヌードルレンジ マンハッタンクラムチャウダー」と同時発売品で、カップヌードルシリーズ初のレンジものになります。前回食べた後に気づいたんですが、レンジものと言いつつもお湯でも調理できるみたいですね。

今回の記事を書こうとネットでフラフラ調べていたんですが、何やら今日のニュースで「カップヌードル」に食中毒騒ぎがあったとか。「カップヌードル」を食べた神奈川県藤沢市の男女が嘔吐や舌のしびれを訴えて、調べたところ防虫剤に使われる「パラジクロロベンゼン」が見つかったということだそうです。カップヌードルのどの銘柄なのか、どのような過程で食中毒に至ったのか、詳細は定かではないので今後のニュースを待たなければ何も言えませんが、カップ麺愛好家としては気が気ではないニュースですね。

こんなニュースの後に難ですが、気を取り直して紹介に入りたいと思います。





まずスープですが、クリームの濃厚な香りと適度な油によってこってり感を増しているさのあるクラムチャウダーで、トマト同様にちょっと他のカップヌードルシリーズとは一線を画す味に仕上がっています。これがレンジ効果なのかはわかりませんが、かなりおいしい飲み応えのあるスープでしたね。ただ、貝のダシがトマトに比べるとあまり目立たないように感じました。

麺はいつものカップヌードルの油揚げ麺で、トマト同様スープにとても高級感があるので、おいしい麺ではあるもののちょっとスープとあっていないように感じました。カップヌードルシリーズとはいっても、この麺にこだわる必要はないように思います。麺と一緒に食べると感じなかった貝のダシなんですが、スープだけを飲むと貝のダシをしっかり感じることができたので、この麺の味がスープの邪魔をしているんじゃないかなと思いました。次回はぜひとも違う麺で勝負してもらいたいです。

具は、フライドポテト、貝柱(イタヤガイ)、アスパラ、ベーコン、ニンジン、パセリ。フライドポテトや貝柱がトマト同様にカップ麺とは思えないくらいおいしかったです。また、ベーコンは少量しか入っていませんでしたが、味的にはまったりとしたスープの中で良いアクセントになっていておいしかったです。

レンジを使うとカップヌードルはここまでおいしくなるんだと感心する商品でした。私としてはトマト系の方が好みなので前回のマンハッタンクラムチャウダーの方がおいしいと思いましたが、遜色ないデキにあるものだと思います。レンジのカップヌードルはこれからも続けて欲しいですね。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
マイルドでクリーミーなクラムチャウダーのスープは絶品。麺がイタズラに味を変えてしまう部分があったので、次作では違う麺で作って欲しい。もっと高くても満足できそうなデキだった。

品名:カップヌードルレンジ ニューイングランドクラムチャウダー
メーカー:日清食品
カロリー:439kcal
麺種類:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(FINISHING OIL(仕上げオイル))
定価:税別190円
取得価格:税込178円(ダイエー)

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加