「北海道命名150年記念商品」の「やきそば弁当」新商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 塩バター風味」。2018年5月21日発売の、「マルちゃん やきそば弁当」シリーズの新商品です。北海道のご当地カップ麺として有名な「やきそば弁当」シリーズですが、今回も北海道限定発売で、「北海道命名150年記念商品」とのことです。パッケージには美瑛の丘の風景がプリントされ、北海道を強く意識したのか、バターとじゃがいもが使われた一杯となっています。基本的には北海道でしか買えないのでご覧の多くの方にとっては手に入れ難い商品ではありますが、こんな一杯もあるんだということで見ていただければと思います。



商品概要

品名:マルちゃん やきそば弁当 塩バター風味
メーカー:東洋水産
発売日:2018年5月21日(北海道限定発売)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+コンソメスープ)
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

栄養成分表

1食117g(めん90g)あたり
エネルギー:583kcal
たん白質:9.2g
脂質:35.3g
炭水化物:57.1g
ナトリウム:2.1g(スープ0.9g)
ビタミンB1:1.97mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:176mg



鶏の味がメインでバターがふんわりと香るやさしい味のしお焼そばソース

ソースは「鶏と野菜の旨味を利かせた、塩味のソース」で、「じゃがいもとバターの風味を加え」たとのこと。鶏と野菜の味を効かせたしお味のソースです。じゃがいもとバターでじゃがバターの味もしていますが、こちらはそれほど強いわけではなく、基本的には鶏メインの味で、バターの香りがふんわりと効いているやさしい味わいでした。いかにも北海道らしいというほど北海道っぽくは感じませんでしたが、しお焼そばのひとつのバリエーションとしては大いにありな味で、そのうち「俺の塩」とか「焼そばバゴォーン」とかでこの味が出てもおかしくないように思います。

「やきそば弁当」というよりは「俺の塩」の雰囲気を纏う細めの油揚げ麺

麺は「1分で戻る、ソフトなやわらかさのある細麺」とのこと。縮れのある細めの油揚げ麺です。湯戻し時間1分なので最初は芯の残るかための食感で、食べ進めていくうちにだんだんと麺がやわらかくなっていく感じです。「俺の塩」シリーズで使われているのと同じタイプの麺だと思います。油揚げ麺臭は強くなく、やさしいしお味のソースとの親和性が高い麺となっていて、ソースと麺の相性は良いです。「やきそば弁当」シリーズの商品ですが、ソースがしお味なのも相まって、雰囲気は完全に「俺の塩」です。「俺の塩 塩バター味」の方がしっくりきます。

ポテトの量は物足りないが、黒胡椒はやさしい味のソースにパンチを加えていて効果的

具は「キャベツ、ポテト、ふりかけ(黒胡椒等のスパイス)」に、「戻し湯で作るコンソメスープ付」とのこと。具はキャベツとポテトが入っていますが少なめで、北海道らしさを強調するならポテトはもうちょっと入っていて欲しかったところ。なんならキャベツを抜いてでもポテトに注力してもらいたかったです。ふりかけとして入っている黒胡椒はかなり効果的で、やさしい味でともすればややまったりしてしまうソースの味を引き締めてパンチを加えていました。これがあるとないとではだいぶ印象が変わるように思います。これらに加えて、やきそば弁当の大きな特徴である、麺を戻したお湯で作るスープが付いています。ノーマルやきそば弁当は中華スープですが、今回の商品はソースの味との相性を考慮してコンソメスープとなっています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鶏の味がメインのやさしいしお味のソースに、バターの風味がふんわりと香っています。「俺の塩」と同じと思われる麺を使用していてソースの味もしお味なので、「やきそば弁当」というよりも「俺の塩」の雰囲気を強く感じる一杯でした。「北海道命名150年」記念商品ですが、別段そこまで北海道らしくもないため、そのうち「俺の塩」シリーズでもこの味が商品が出るんじゃないかと思います。やさしい味を黒胡椒が引き締め、おいしいしお焼そばでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加