「日清デカブト」から「日清デカうま」シリーズになって新登場の味

今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカうま 豚ニンニク味」。2018年2月19日発売で、日清食品の新たな大盛オープン価格のシリーズである「日清デカうま」の商品。「日清デカうま」登場以前の「日清デカブト」シリーズにはなかった新しい味です。ライバルである「ごつ盛り」シリーズでもリニューアルの際に「マルちゃん ごつ盛り スタミナピリ辛タンメン」という商品が出ていて、ニンニク使用のスープという点で似ているかなと思います。パッケージに、「マシ×2ニンニク」と書かれていて、二郎系ラーメンを意識しているのかなとも思いますが、どうなんでしょうか。「豚ニンニク味」なんて大盛商品のイメージにぴったりなので、激しい一杯に期待したいです。



商品概要

品名:日清デカうま 豚ニンニク味
メーカー:日清食品
発売日:2018年2月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・調味オイル)
定価:オープン価格
取得価格:税別95円(西友)

栄養成分表

1食107g(めん90g)あたり
エネルギー:479kcal(めん・かやく433kcal スープ46kcal)
たん白質:10.7g
脂質:19.1g
炭水化物:66.0g
食塩相当量:8.9g(めん・かやく2.6g スープ6.3g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:133mg



ニンニクは強烈だがベースのとんこつしょうゆが弱いスープ

スープは「豚のうまみと醤油をベースにした豚骨醤油風味スープ」で、「ガツンとくる "マシ×2ニンニクの風味" がうまさの決め手」とのこと。強くニンニクの効いたとんこつしょうゆ味のスープです。ニンニクはかなり強くて、食べる場所と時間に注意が必要なレベルです。辛味まで感じてしまうようなニンニクの強さでした(たぶん辛味の理由は具の唐辛子)。この激しさは大盛商品のイメージにぴったりでとても良かったです。ただ、ベースのとんこつしょうゆ味はかなり薄っぺらい印象で、別添の調味油で豚脂が補強されているものの、それでも豚の強さは感じられませんでした。ほぼニンニク一辺倒の味と言え、廉価商品であっても少し物足りない味でした。強いニンニクが活きるのは太いとんこつしょうゆ味があってこそだと思うのですが、ただひたすらニンニクだけが強いスープのように感じました。

「カドメン」に近い食感の中太油揚げ麺

麺は「かみ応えを追求した中太ちぢれ麺」で、「麺重量90gで食べ応え抜群」とのこと。中太で少し縮れのある油揚げ麺です。この前食べた「日清デカうま 濃厚コク旨醤油」と同じ麺を使用していると思われ、エースコック「スーパーカップ」の「カドメン」を意識したと思われる噛み応えがあります。カドメンに比べると麺が細いためか噛み応えは弱く、噛み応えを維持できる時間も短いように感じました。ニンニクが強烈なスープとの相性は良く、スープに負けない存在感があってバランスも良かったです。ニンニク味のスープで麺量大盛というのは価値があると思います。

どの具も中途半端で物足りない

具は「ミンチ肉、キャベツ、ネギ、赤唐辛子」とのこと。ミンチ肉はほぼ空気で、粒があまりに小さく量も少ないです。これは正直、あってもなくても大差がないものと思われます。キャベツは結構入っているように見えるものの、他社のキャベツに比べてかなり薄くカットされていて、見た目ほど目立ってはいなかったです。唐辛子はスープを多少ピリ辛に感じさせるため効果はありましたが、オープン価格商品とは言え全体的に具は物足りないです。これならば一点豪華主義にした方が良かったのではないかと思います。どの具も中途半端でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープのニンニクの強さは大盛商品にピッタリのインパクトでしたが、ベースとなるとんこつしょうゆに厚みがなく、別添調味油の豚脂を加えても物足りない味でした。具の肉やキャベツも物足りない印象で、もうちょっと点数を絞るなどして何とかならなかったかなと思います。オープン価格で麺量が多いことを考えればコスパはしっかりある商品ですが、他の「デカうま」シリーズや「ごつ盛り」の商品を差し置いて今回の商品を選ぶ理由はそれほどないように感じました。大盛麺で強いニンニクを味わいたいならありかと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加