「日清デカヤキ」の後継商品になる大盛焼そば

今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカうま Wマヨソース焼そば」。2018年2月19日に登場した「日清デカうま」シリーズの商品。以前は「日清デカヤキ」だったものが、この商品に置き換わったようです。「日清デカヤキ」時代にはこのブログで★7を付けていて、コスパ抜群の大盛焼そばでした。今回、日清の大盛廉価商品が「日清デカうま」シリーズに統一され、焼そばに変化があったのか見ていきたいと思います。私オサーンにとって最も好きなカップ焼そばであり、期待も大きいので、何とか前商品レベルにはあって欲しいところですが、果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清デカうま Wマヨソース焼そば
メーカー:日清食品
発売日:2018年2月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末ソース・からしマヨ)
定価:オープン価格
取得価格:税別98円(西友)

栄養成分表

1食153g(めん130g)あたり
エネルギー:695kcal
たん白質:14.3g
脂質:28.0g
炭水化物:96.5g
食塩相当量:6.5g
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.82mg
カルシウム:198mg



ソースにもマヨネーズの風味が付けられてWマヨ味になった

ソースは「マヨネーズが香り立つマイルドな味わいの特製マヨ風味ソース」に、「クセになる味わいの "からしマヨ" がうまさの決め手」とのこと。マヨネーズの風味を付けられた焼そばソースです。マヨネーズの風味が付けられているのは前作からの大きな変化ですが、前作ソースと同様、甘みとスパイス感も付与されていて、それほど大きな違いは感じません。からしマヨも引き続き添付されているため、ソースのマヨネーズ風味も自然に感じられます。スパイス感がやや減退して甘みが強くなり、マヨネーズ味が全体に行き渡るようになった印象はありますが、味の傾向は前作同様かと思います。ライバルの「ごつ盛り ソース焼そば」が液体ソースなのに対し、こちら「デカうま」は引き続き粉末ソースなのも好感が持てるところで、ライバルと差別化できています。液体ソースと粉末ソース、どちらにも良さがあって、液体スープはソースの味が全体に行き渡りやすいというメリットがあるのに対して、液体なので少し水っぽくなってしまう欠点があります。粉末ソースはソースが混ぜにくいという欠点があるものの、水っぽくならないという特徴があります。私は粉末ソースの方が好きで、それに今回変化がなかったので安心しました。甘みがあってスパイスの効いたソースとからしマヨによるパワフルな味で、特に甘さとからしマヨの相性は抜群で、今回もおいしかったです。

中細で少しかための食感の油揚げ麺

麺は「ガーリックを練り込んだ中細ちぢれ麺」で、「麺重量130gで食べ応え抜群」とのこと。カップ焼そばとしては少し細めの中細油揚げ麺です。細い麺で大盛にするのは、非常に食べ応えがあります。今までの麺からそれほど変化はない印象で、「ごつ盛り ソース焼そば」に比べて少しかための食感なのも同じです。商品説明で以前にはなかった「中細ちぢれ麺」と書かれているため多少の変化をつけたものと思われますが、食べた印象としては大きな差異はなかったです。かための中細麺もこの商品を語るにあたって美徳のひとつだったので、あまり変化がなかったのは良かったです。麺量130gでしっかり食べ応えもあって良かったです。

具はいつも恒例のキャベツのみ

具は「キャベツ」とのこと。具がキャベツのみなのは今までと同じ。廉価カップ焼そばはたいがいキャベツのみですね。今回のキャベツは今までよりも量が少し減ったというか、キャベツのカットがちょっと薄くなったように感じましたが、個体差かもしれません。もともと褒められたキャベツの量ではなかったので、あまり影響はないように思います。麺量130gで大盛なのに加え、からしマヨも付いて100円程度で売られる商品なので、具にはある程度割り切りは必要かと思います。この前食べた「日清デカうま 油そば」も具がキャベツのみなのは同じなんですが、焼そばではキャベツのみに慣れているためか、「油そば」ほどの物悲しさはなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
★7を付けた「日清デカヤキ」の後継商品でしたが、甘みのあるソースにからしマヨの組み合わせは鉄板で、ソースにマヨの風味が付与されたりと変化はあったものの、全体的に大きな変化は認められず、引き続き今回もコスパ最強のとてもおいしい一杯でした。今回も粉末ソースだったのが特に良かったです。今後も日清の大盛廉価焼そばはこの形で維持してもらいたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加