「激めんワンタンメン」は「やきそば弁当」と並ぶ北海道民のソウルフード

今回のカップ麺は、東洋水産の「激めん ワンタンメン」。販売エリアが北海道、東北、信越、関東、静岡の東日本限定の商品ですが、おそらく北海道以外ではなかなか手に入りにくいものと思います。北海道のみの販売の時代が長くあり、その前は全国で売られていたこともあるようです。全国的な知名度こそ「やきそば弁当」に大きく劣るものの、実は「やき弁」に負けず劣らずの北海道民のソウルフード的なカップ麺です。私も何度も食べているカップ麺なのですが、なぜかこのブログでは未レポだったので、新商品の少ない今週食べることにしました。「激めんワンタンメン」の特徴として、商品名通りワンタンメンであることがひとつ、そしてワンタンメンでありながらレトルトのメンマが入っていることがあげられます。これがなぜ北海道民の琴線に触れたのか、というよりは、なぜ全国の人の琴線に触れなかったのかわかりませんが、なぜか北海道民の誇る一杯となったこの商品をこれから紹介していきたいと思います。全国的には手に入りづらい商品ではあるものの、ミニサイズの「まめ激めんワンタンメン」は全国発売で、メンマはレトルトではないようですが、雰囲気は味わえるのではないかと思います。なお北海道ではこの商品のビッグサイズも販売されています。



商品概要

品名:激めん ワンタンメン
メーカー:東洋水産
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・かやく調理品)
定価:税込180円
取得価格:税込108円(イオン)

栄養成分表

1食91g(めん60g)あたり
エネルギー:382kcal
たん白質:8.6g
脂質:17.4g
炭水化物:47.7g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)
ビタミンB1:2.12mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:131mg



生姜と胡椒の効いたスッキリ味のしょうゆスープ

スープは「ガーリックと生姜の風味でメリハリをつけた、すっきりとした醤油味」とのこと。生姜の効いたしょうゆ味のスープで、油分はほとんどなく、スッキリした味わいです。ガーリックや胡椒も強めに効いていて、生姜とあわさってなかなかスパイシーなスープに仕上がっています。個人的なイメージとしては生姜と胡椒の効いたしょうゆ味スープで、人にオススメする時はそう紹介しています。胡椒が効いているので味は濃いめに感じるものの、実際のところしょうゆの味はそれほど強くなく、かなりあっさりめに振ったスープになっています。

中細の油揚げ麺で、あっさりスープとの相性は良い

麺は「香味野菜とポークの旨味を練り込んだ、香りの良い麺」で、「細めながら、しっかりとした麺に仕上げ」たとのこと。中細で縮れのある油揚げ麺です。あっさり味スープに細い麺でバランスが良く取れており、両者の相性はかなり良いです。スープと麺だけ食べていれば、普通にどこにでもありそうなあっさりしょうゆ味の一杯で、これだけでは定価税別180円のフルプライスで売る価値はあまりないように思います。でも今回の商品の真価が発揮されるのは具です。具の存在によって、スープも麺も活きてくるのです!!(具の項の予告編的なやつです)

4個入っているワンタンにレトルトメンマで具のボリュームは規格外

具は、ワンタン、味付メンマ調理品、なると、ねぎ。まずは主役のワンタンですが、大きめの油揚げワンタンが4個入っています。餡は少なめで皮の存在感が大きいタイプで、東洋水産おなじみのワンタンです。普通に麺の量がしっかりある上でのワンタン4個というのは、なかなか食べ応えがあります。これに具のもう一方の雄であるレトルトメンマも加わり、具は180円商品とは思えないほどのボリュームになります。特にレトルトメンマが個人的に気に入っていて、生姜と胡椒の効いたキレのあるしょうゆ味のスープとかなりの好相性。まるでメンマのためにチューニングされたスープのようにすら思います。また、細い麺にすることで油揚げ麺臭が前に出てこないのもメンマの風味を引き立たせているように思います。ワンタンのボリュームももちろん魅力ですが、メンマこそこの商品の最大の売りであり、スープや麺もこのメンマのためにあるような気がしています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
以上、北海道のソウルフードである「激めんワンタンメン」を紹介してきましたが、生姜と胡椒の効いたキレのあるスープも、細くて主張のない麺も、すべてはメンマの風味を活かすために存在する、と私オサーンが勝手に思っている一杯でした。本来の主役であるワンタンも4個で食べ応えがあり、こちらもキレのあるスープと好相性です。言葉足らずでなかなか魅力を伝えにくいところではありますが、定価税別180円と考えるとコスパ抜群の商品です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加