昨年も出ていた「富山ブラック風焼そば」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば」。4月23日発売の、「やみつき旨辛」シリーズの新商品で、同名商品が昨年も発売されていました。今回は「マルちゃん やみつき旨辛 辛赤 名古屋台湾まぜそば」との同時発売となっています。富山ブラックをカップ焼そばに落とし込んだ商品で、昨年発売されていたものは強い黒胡椒としょうゆの濃い味が特徴的でした。今年はどんな味の一杯になっているのでしょうか。



商品概要

品名:マルちゃん やみつき旨辛 辛黒 富山ブラック風焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年4月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:492kcal
たん白質:9.7g
脂質:20.6g
炭水化物:67.0g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:219mg



黒胡椒としょうゆのどちらも強い富山ブラック風ソース

ソースは「チキンの旨味をベースに、黒胡椒を強く利かせた、辛口でやみつきになる醤油味のソース」とのこと。濃いしょうゆ味のソースに強い黒胡椒の効いた、「富山ブラック」らしい味のソースです。かなりパンチの強い黒胡椒で、食べているうちに体が熱くなってきます。同時発売の「台湾まぜそば」に比べて刺激の強い味ですね。しょうゆ味も強くて、「富山ブラック」らしい強い黒色で、濃くて香りの強いしょうゆ味となっています。しょうゆも黒胡椒に負けないインパクト。ただ、この両者を合わせていまうとだいぶ塩辛く感じてしまうのが難点で、ナトリウム1.7gはカップ焼そばとしてそんなに多い量ではないものの、黒胡椒の強さによって実際に塩分量以上に塩辛く感じてしまいます。これは昨年の同商品と同じ傾向で、昨年に引き続き今年も塩辛い印象のソースでした。

太い角油揚げ麺でもソースの方が強く感じるバランス

麺は「モチモチとした食感の食べごたえのある太めの麺」とのこと。角ばった切り口の太い油揚げ麺で、同時発売の「台湾まぜそば」と同じ麺だと思います。「台湾まぜそば」ではソースと組み合わせると少し太いかなと思いましたが、今回のソースは黒胡椒としょうゆがかなり強いため、この太い麺ですら、もっと太くても良かったという印象。これだけ太くてもなおソースが勝ったバランスになっています。現実的にカップ麺ではこれ以上の太さの麺はなかなか望みにくいため、ソースが強すぎるんじゃないかなと思います。しょうゆ味の上に麺の太さが焼そば離れしていて、焼そばと言うよりまぜそば・油そばっぽい感じがします。

メンマとねぎのみの物足りない具

具は「メンマ、ねぎ」とのこと。「台湾まぜそば」以上に貧弱に感じる具です。細かいカットのメンマとねぎが少しずつしか入っていません。メンマは濃いしょうゆ味のソースととてもよくあっているため、ぜひとももっと欲しかったですね。前回発売時にはナルトが入っていましたが今回はなく、だからといって継続されたメンマやねぎが増えたようにも見えず、具はかなり物足りなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
強烈な黒胡椒と濃いしょうゆ味の組み合わせは「富山ブラック」らしさをよく現しており、「富山ブラック」の味をカップ焼そばに落とし込むというアイデアも素晴らしいと思います。反面、強い黒胡椒と濃いしょうゆがバッティングすることによって、実際の塩分量以上に塩辛く感じられ、少し食べにくい印象が残ります。また、具があまりに貧弱で物足りないです。アイデアの楽しい商品ではありますが、手放しで称賛はできないように感じたのでこの評価としました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加