北海道の「岩田醸造」が製造した「北海道醸造赤味噌」使用の商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン」。2018年4月16日発売で、前回レポした「サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン」と同時発売の商品です。前回は「千葉醸造醤油」でしたが今回は「北海道醸造味噌」を使用しているのが強調されたパッケージとなっています。味を強調する方がわかりやすいしインパクトもある気がしますが、余計なお世話でしょうがちょっと地味ですよね。今回の商品には北海道の「岩田醸造」製造の「北海道醸造赤味噌」を使用しているとのこと。どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年4月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食93g(めん55g)あたり
エネルギー:343kcal(めん・かやく247kcal スープ53kcal)
たん白質:6.7g
脂質:15.8g
炭水化物:43.6g
食塩相当量:6.1g(めん・かやく1.3g スープ4.8g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:209mg



バターの香る濃いめのみそ味のスープ

スープは「ポークエキスのうまみに、ガーリック、オニオンの香味野菜の風味を加えた、北海道醸造味噌の味わいを生かした味噌味スープ」で、「バターの香りでじゃがバター風の味わいに仕上げ」たとのこと。豚ベースのみそ味スープで、味噌の味は濃いめです。バターの風味が効いていて、みそバター味となっています。前回レポの「ちば醤油」は香りが独特でカップ麺のスープとしてオリジナリティがありましたが、今回の味噌はバターと合わせてしまっていることもあって、みそ味自体にそれほど大きな特徴は感じられないように思いました。せっかく銘柄味噌を使うなら、しっかりみそ自体の良さを感じさせる味にするのが良いと思うのですが、バターを使っちゃうとどんなみそを使ってもあまり大差がなくなってしまうように思います。普通においしいスープでしたが、強調している北海道醸造の味噌を使うメリットがあまり見えてこず、ちょっともったいない印象でした。

太めで縮れの強い油揚げ麺

麺は「もっちりとした弾力のあるめん」で、「適度にちぢれをつけることでスープがよく絡むめんに仕上げ」たとのこと。中太でつるみがあり、縮れの強い油揚げ麺です。前回レポの「千葉」とは違う麺が使われていて、みそラーメンらしく太めの麺となっています。弾力があって主張の強い麺ですが、みそ味のスープも強めのため、バランスはきちんと取れていました。ただ、「千葉」と同様、PB商品などもっと安価な商品でも普通に使われていそうな麺で、定価税別180円の商品としては少し物足りなく感じました。

スティックポテトは面白いが、具の全体量は物足りない

具は「スティックポテト、コーン、ねぎの組み合せ」とのこと。「じゃがバター」の「じゃが」の部分を担っているのがスティックポテトで、よくあるお菓子のような形状をしていますが、スープで戻すときちんとじゃがいもの食感になり、これはなかなかおいしかったです。今回の一杯の中でいちばん目立っていた存在のように思います。スープのバター味と合わさると確かにじゃがバターになっていました。北海道醸造みそよりも北海道のイメージを感じられます。コーンとネギは少なめで、具のボリュームは物足りないです。麺と具は100円程度で売られる商品と同レベルかと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
濃いめのみそ味にバターの香るおいしいスープでしたが、パッケージで強調している北海道醸造のみそを使うメリットがわかりづらい商品でした。おそらく「じゃがバター風味噌ラーメン」を作るのが先にありきで、「じゃがバター」なら「北海道」という単語を使った方が良いというところに行き当たり北海道の味噌を使うことになったのだと推測しますが、それならありきたりになってはしまうものの「北海道じゃがバター風味噌ラーメン」とする方がわかりやすいように思います。また、前回レポの「千葉醸造醤油」と同様、麺や具が180円商品としては物足りず、ちょっと安っぽい印象でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加