「ちば醤油」醸造のしょうゆを使った一杯

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン」。2018年4月16日発売で、後日レポ予定の「サッポロ一番 北海道醸造味噌使用 じゃがバター風味噌ラーメン」と同時発売の商品となります。しょうゆの大産地、千葉で醸造されたしょうゆが使われているのを前面に押し出したパッケージになっていて、千葉県香取市にある「ちば醤油」の「こいくち醤油」を使用しているそうです。高めの購買層を狙った商品かと思われ、若い人に受けそうな派手なコンセプトではなく正直ちょっと地味です。コンビニではなくスーパーやドラッグストア等で販売されていて、定価税別180円ですが、店頭ではおそらく定価よりだいぶ安く売られるのかなと思います。



商品概要

品名:サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年4月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食81g(めん55g)あたり
エネルギー:300kcal(めん・かやく247kcal スープ53kcal)
たん白質:6.8g
脂質:12.0g
炭水化物:41.3g
食塩相当量:5.3g(めん・かやく1.3g スープ4.0g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:219mg



強いしょうゆの香りとほたての旨みが特徴の濃いめのスープ

スープは「貝エキスとポークエキス、香味野菜のうまみに、焦がし醤油や焼帆立風の香りが特徴の千葉醸造こいくち醤油を使用した香ばしい醤油味スープ」とのこと。香りの強いしょうゆ味が特徴のスープで、しょうゆ味は濃いめです。上のメーカーの説明文だと、まるで「千葉醸造こいくち醤油」がもともと焦がし醤油で焼き帆立風の香りがついているかのような誤解を生むと思うのですが、おそらくもともとのしょうゆ自体にそんな香り付けはされておらず、カップ麺のスープとして後から付けられた風味かと思われます。しょうゆ自体の風味なのか、焦がした風味によるものなのかはわかりませんが、しょうゆの香りが非常に香ばしく、この香りがスープの最も大きな特徴となっています。またほたての味や風味もしっかり感じられ、なかなか飲ませるスープに仕上がっています。オーソドックスなしょうゆ味でありながら、しょうゆの良さとほたての旨みをしっかり活かした味わいとなっていて、表面に浮いた豚脂由来と思われる油が適度にこってり感を演出していました。

縮れの強い中細油揚げ麺でスープとの相性は良い

麺は「表面につるみをもたせた、粘りのある食感のめん」で、「ちぢれをつけることでスープがよく絡む」とのこと。中細で縮れのある油揚げ麺です。中華そばの麺としては縮れが強すぎな感はあるものの、しょうゆ味のスープと中細麺の相性は良く、油揚げ麺臭が目立つことなくバランスが取れています。麺にもうちょっと重量感が欲しいところですが、油揚げ麺なので致し方ないですね。スープが濃い味なので、油揚げ麺の影響を受けにくかったのはとても良かったです。麺の品質的には、PB商品とかで100円程度で売られているものと大差がないように思います。

帆立風かまぼこは入っているが具は物足りないボリューム

具は「帆立風かまぼこ、わかめ、ねぎの組み合せ」とのこと。帆立風かまぼこは5個入っていました。ほたてとしてはややかたい食感かなとは思うものの、しっかりほたての味がつけられていて、らしさは出ています。他にわかめとネギが入っているものの、あんまり量が入っているわけではなく、全体的に具のボリュームは物足りないです。スーパーやドラッグストアで売られるため定価で手に入れることはあまりないと思いますが、それでも定価税別180円の商品としてはちょっと物足りないです。スープにこだわりがあるとは言え、油揚げ麺使用でこの具のボリュームでは、安価なPB商品に勝る部分が見えにくいように感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「ちば醤油」醸造のしょうゆを使用することにより、焦がししょうゆの香りが豊かで、ほたての味や風味もしっかり感じられる、なかなか飲ませるスープでした。反面、麺や具は安価なPB商品レベルでちょっと安っぽく、180円の商品としては物足りない部分もあります。スープの実力は大いに認めつつも、おいしいけど少し物足りない印象の残る商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加