オープン価格で大盛、しかもノンフライ麺のわかめラーメン

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 旨だし屋 わかめラーメン 大盛」。2018年4月9日発売で、「明星旨だし屋」シリーズの新商品です。オープン価格で大盛。しかもノンフライ麺。これは稀有な存在の商品です。「旨だし屋」は「きつねうどん」や「天ぷらそば」が出ているシリーズですが、既存の商品は油揚げ麺を使用しています。今回は新たにノンフライ麺使用で「わかめラーメン」の登場となります。このブログでは「きつねうどん」も「天ぷらそば」も未食ですが、いつか食べたい食べたいと思いながら先延ばしにしてしまっていました。いきなり新作の「わかめラーメン」からというのもどうかと思いましたが、他も近いうち食べたいと思っています。私の部屋の「近いうち食べるボックス」の中はかなり一杯なんですけどね。スーパー等で売られているオープン価格の商品でコスパが良いのはもちろん、味でどれだけ頑張っているかが重要ですね。わかめラーメンでしょうゆ味とくればハズレはまずなさそうですが、しっかり食べたいと思います。



商品概要

品名:明星 旨だし屋 わかめラーメン 大盛
メーカー:明星食品
発売日:2017年4月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:オープン価格
取得価格:税込118円(イオン)

栄養成分表

1食99g(めん85g)あたり
エネルギー:355kcal(めん・かやく327kcal スープ28kcal)
たん白質:9.2g
脂質:5.2g
炭水化物:67.8g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく3.1g スープ4.8g)
ビタミンB1:0.54mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:158mg



油分が少なく胡椒の強めに効いたしょうゆ味のスープ

スープは「鶏の旨みに香味野菜と香辛料で味を調え、メンマの香りをほのかにつけた、すっきりとした醤油スープ」とのこと。強めのしょうゆ味で、油分はあまりなくキリッとスッキリしたスープです、胡椒の味が強めに効いていて、エースコックの「わかめラーメン」と同じような系統の味ですが、エースコックよりさらに油分はなく、味はあっさりめです。大盛商品なのにスープのカロリーが28kcalしかないところがこのスープのあっさり味を物語っています。変哲もないと言ってしまえばそれまでですが、こういう基本的な味がおいしいんですよね。この一杯ならではという味はないものの、安定感ある味なのは間違いないです。メンマの香りはそれほど強くなく、また後述するごまの効きも弱いあたりが、エースコック「わかめラーメン」との大きな違いでしょうか。

通常商品の約1.3倍の大盛ノンフライ麺

麺は「表面につるみがあり、しなやかさとコシをあわせ持つ、食感のよいノンフライ麺大盛」とのこと。加水の弱めなしっとり感のあるノンフライ麺です。強いコシがあったり麺の香りが秀でていたりする感じはないですが、ノンフライ麺で大盛なところに価値がある麺です。油揚げ麺ではないので油揚げ麺臭がなく、その結果、スッキリなスープが邪魔されることなくしっかり感じられます。また、大盛ノンフライ麺商品はカップ麺全体を見渡しても珍しく、しかもそれがオープン価格というところがインパクトあります。食べ応え十分です。明星食品のノンフライカップ麺は麺量65gのものが多く、今回は1.3倍程度の麺量ですが、明らかに多く感じるのは間違いないです。

大量のわかめは価格を考えるとインパクト十分

具は「たっぷりのわかめにタマゴ、ごまの組み合わせ」とのこと。わかめはかなり大量です。ずっしりしています。価格を考えれば大盛ノンフライ麺というだけでもすごいのに、この大量わかめはびっくりです。エースコック「わかめラーメン」に負けておらず、量はこちらの方が多いと思います。わかめの磯の香りが胡椒の効いたしょうゆ味と好相性で、この組み合わせが鉄板なのはすでにエースコック「わかめラーメン」で証明されてますよね。スープとよく合いそうなメンマが入っていなかったのは残念で、また、ごまがもっと多かったらさらに爆発的においしくなるんじゃないかと思うので、今後なんとか頑張ってもらいたいところですが、オープン価格ですからね。それを考えると本当よく頑張っています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
油分の少ないキリッとした濃いめのしょうゆ味のスープに大量のわかめの構成はエースコック「わかめラーメン」と同じ。大盛ノンフライ麺でオープン価格というとんでもなく奢った一杯で、満足感も大きいです。エースコック「わかめラーメン」の場合、油揚げ麺臭もおいしさに変換している部分がありますが、今回のスープはエースコックに比べると弱いため、味を阻害する油揚げ麺よりノンフライ麺で良かったのではないかと思います。メンマが欲しいとかごまがもっと多ければとか、さらなる欲も出てしまいますが、以前ならオープン価格でノンフライ麺というだけで驚きだったのに、それが大盛、その上わかめまで大量ですからね。良い時代になったものです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加