「辛さ」に焦点を当てたココイチ監修の商品

今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 レッドカレーラーメン」。ココイチ監修の「CoCo壱番屋」シリーズの新商品で、先日レポした「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」との同時発売です。「ホワイトカレー」は「まろやかさ」に焦点を当てた商品でしたが、こちら今回の「レッドカレーラーメン」はカレーの「辛さ」に着目した商品で、ココイチの重厚なスパイスとの組み合わせがとても楽しみです。赤いパッケージはで見るからに辛そうなイメージで、辛さの強さにも期待したいところ。どんな味の一杯になっているのでしょうか。



商品概要

品名:CoCo壱番屋監修 レッドカレーラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年4月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込149円(イオン)

栄養成分表

1食110g(めん90g)あたり
エネルギー:458kcal(めん・かやく382kcal スープ76kcal)
たん白質:9.1g
脂質:13.1g
炭水化物:75.8g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく2.7g スープ3.8g)
ビタミンB1:1.00mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:320mg



重厚なスパイスと辛味が特徴のカレースープ

スープは「ポークの旨みと風味をしっかり利かせたカレースープに、じゃがいもやオニオンの風味をバランスよく加え」、「別添のとび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり、一層食欲をそそ」るとのこと。赤味の強いカレースープです。色は赤いんですが、スープ自体に強い辛さはなく、スープだけならピリ辛以下です。じゃがいもと玉ねぎの風味が確かに効いており、特に玉ねぎの風味が強いように感じました。このスープに別添の「とび辛スパイス」を加えることによって味が一変し、一気にスパイスの効いた辛いスープとなります。「ココイチ」シリーズらしい少し苦味を感じる重厚なスパイスに、辛さは激辛まではいかないけど大辛クラスで、なかなかの本格感を纏うスープとなります。今回の「レッドカレー」のこの赤い色は唐辛子なんでしょうかね。別段いつもの黄色いスープと差がないように思え、単に同時発売の「ホワイトカレーラーメン」と対比したかっただけなんじゃないかという気がしますが、それなら「ブラック」の方がスパイスの強いココイチらしくて良かったのではないかと勝手に思いました。いかにもココイチのカレースープの味でおいしかったです。

縮れのある麺でスープをよく拾うためスープとの一体感がある

麺は「しっかりとした弾力と滑らかさを併せ持つ角刃の太めん」で、「口の中で存在感をしっかりと感じられる、食べごたえ抜群のめんに仕上げ」たとのこと。もちもち感のある縮れのついた太い油揚げ麺です。「ホワイトカレーラーメン」と同じ麺だと思います。弾力があって主張の強い麺ですが、今回はスープのスパイスや辛さが強く、強い麺に強いスープでバランスはしっかり取れていました。縮れがあってスープをよく拾うため、スープと麺の一体感も強かったです。ってか、「ホワイトカレー」の時と書いてることがほぼ同じですね。

玉ねぎ独特の風味が目立っている

具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味の良い玉ねぎ、色調の良いねぎ、唐辛子を加えて仕上げ」たとのこと。最も特徴的な具は玉ねぎかと思います。甘みを伝える玉ねぎではなかったですが、玉ねぎ独特の風味がカレーらしさを演出しており、強い風味でアクセントにもなっていました。キャベツは甘さがあり、甘さのないカレースープの中で映えています。赤い色の唐辛子は今回「レッドカレーラーメン」なので必須の具というところかと思いますが、そもそもスープが辛いため唐辛子自体の存在感はそんなになかったです。肉系の具がないのはちょっとさみしく、これは「ホワイトカレーラーメン」と共通ですね。具の量はちょっと物足りなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
重厚なスパイスの効いた辛いスープはいかにもココイチらしい本格的な味で、とてもおいしかったです。今回スープの色が赤かったものの、あまり赤色が味とは関係なかったように思います。縮れのある麺とスープに一体感があり、太麺でもバランスがしっかり取れていました。具に物足りなさはあったものの、スープがとてもおいしかったのでこの評価としました。ココイチらしい満足いく一杯です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加