「あっさり少なめカップヌードル」のシーフード味!

今回のカップ麺は、日清食品の「あっさり少なめカップヌードル シーフード」。「カップヌードル」の新シリーズ「あっさり少なめカップヌードル」の商品です。中身が「スープヌードル シーフード」とほぼ同じで、いずれ「スープヌードル シーフード」が廃盤となって「あっさり少なめカップヌードル シーフード」に置き換わるのではないかと思います。しょうゆ味の「あっさり少なめカップヌードル」はしっかりおいしい一杯になっていましたが、こちらシーフードは果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:あっさり少なめカップヌードル シーフード
メーカー:日清食品
発売日:2018年4月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別125円
取得価格:税込105円(イオン)

栄養成分表

1食60g(めん50g)あたり
エネルギー:276kcal(めん・かやく241kcal スープ35kcal)
たん白質:6.5g
脂質:11.5g
炭水化物:36.7g
食塩相当量:3.8g(めん・かやく1.2g スープ2.6g)
ビタミンB1:0.73mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:70mg



塩けやシーフード味の厚みが減退しているスープ

スープは「シーフードヌードルのおいしさはそのままに、あっさりした味わいに仕上げたスープ」とのこと。豚ベースの甘い味にイカを始めとした魚介の味が効いているシーフード味のスープです。基本的な味は「シーフードヌードル」と共通ですが、味に厚みがなくちょっと薄い印象。「あっさり少なめカップヌードル」と同じように、麺量が減ったことによる、麺から出る油分が少なくなったことで、スープのこってり感が小さくなったのが大きな原因と思われますが、今回はそれに加えて明らかにスープ自体も味が薄くなっています。塩けが減退し、シーフードの厚みもなくなったように感じます。健康志向のカップ麺商品によくある押しの弱いスープで、商品名通りの「あっさり」です。「あっさり少なめカップヌードル」と同じ感覚で食べるとだいぶ物足りないと感じてしまうかもしれません。味に深みが足りない感じがします。

「シーフードヌードル」より2割少ない麺量

麺は「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。いつもの「カップヌードル」シリーズで使用されている中細で縮れの強いヌードルタイプの油揚げ麺です。麺については特にヘルシーになったというわけではなく、単純に麺量がノーマルシーフードヌードルの60gから50gになっただけかと思います。もちろん麺が2割減ってしまっているため食べ応えでだいぶ劣りますが、それよりも、スープが薄いので油揚げ麺の味がだいぶ前に出てきてしまうのが気になりました。シーフードヌードルに比べてスープと麺のバランスが良くないように感じました。スープが強くて麺とある程度バランスが取れていた「あっさり少なめカップヌードル」とはちょっと違う印象です。

シーフードヌードルに比べてカニかま以外の具が物足りなく、特にイカが少ない

具は「キャベツ、イカ、たまご、カニ風味かまぼこ、ネギ」とのこと。具の構成は概ねシーフードヌードルと同じですが、量が全然違います。「スープヌードル シーフード」は「カップヌードル シーフードヌードル ミニ」の具の量と同じだそうですが、今回の商品もそれを踏襲しているものと思われます。全体的に具の粒が小さい上、特にイカの量がかなり少ないと感じました。シーフードヌードルにとって具のボリュームは大きな美点なので、それがないのはかなり物足りない感じがしますが、価格がだいぶ安いので価格とのバランスでどう評価するかは人それぞれかなと思います。個人的には価格を考えると十分な量のように思いました。カニかまの量が結構奮闘していて目立っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
スープに強さがあった「あっさり少なめカップヌードル」の時とは違い、今回のスープは明らかにパワー不足で、いかにも健康志向な味という印象でした。麺量や具の少なさは納得できても、このスープの味はちょっと残念でした。定価税別125円の商品としては十分のクオリティではあると思いますが、どちらか食べるならデキの良い「あっさり少なめカップヌードル」の方を自分なら選ぶかなと思います。後日もうひとつの商品「あっさり少なめカップヌードル カレー」もレポする予定です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加