旭川ラーメンの名店中の名店「蜂屋」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン」。全国各地のラーメン店の味をカップ麺で楽しめる「全国ラーメン店マップ」シリーズの新商品です。このシリーズは今まで7商品が発売されていますが、そのうち5商品が北海道のラーメン店で、「全国」と謳いつつも取り上げるお店の地域には偏りが見られます。北海道に強いこだわりがあるのでしょうか。もっと言うと、その北海道5商品のうち3つが札幌の「らーめん空」なんですけどね。今回の商品も「旭川編」で北海道。そろそろ「北海道ラーメン店マップ」に名称を替えても良さそうですね。
蜂屋」は北海道旭川にある旭川ラーメンの王様と言って良い有名店で、「本店」と「創業店」の2店舗で営業しています。以前には「新横浜ラーメン博物館」でも営業していました。私は「ラー博」「本店」「創業店」共に食べに行ったことがあり、実は蜂屋のラーメンが大好きです。とんこつベースのスープに魚だしの入るWスープで、焦がしラードで風味付けされている、旭川ラーメンの源流と言われている味です。派手な味ではなく、最初食べた時は、ん?なんか味がしないなぁと思ったものですが、食べていくうちにジワジワくるんですよね。蜂屋に限らず、旭川ラーメンのお店は化調をあまり使わずに地味めな味というイメージがあります。もう一方の旭川ラーメンの雄「青葉」に至っては無化調らしいですからね。話が長くなってしまいましたが、今回の商品は「蜂屋」をしっかり再現できているのか楽しみです。



商品概要

品名:全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年4月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税込205円
取得価格:税込216円(セイコーマート)

栄養成分表

1食95g(めん70g)あたり
エネルギー:417kcal(めん・かやく313kcal スープ104kcal)
たん白質:10.5g
脂質:18.8g
炭水化物:51.5g
食塩相当量:7.1g(めん・かやく1.9g スープ5.2g)
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:267mg



お店の味よりハッキリした味のWスープで、焦がしラードが香ばしい

スープは「チキンとポークをベースにアジや煮干しなどの魚介の旨みを利かせた醤油スープ」で、「さらに、焦がし醤油の旨みや焦がしラードの香りを付与する事で食欲をそそる一杯に仕上げ」たとのこと。魚介の香るしょうゆ味のスープで、焦がしたラードにより、多めの油が浮いています。スープの見た感じは「蜂屋」そのもので、これは期待が高まります。しょうゆ味はそれほど強くは前に出てこず、魚介の香りと焦がしラードの風味が味の中心で、これも実際の「蜂屋」と共通。魚だしとして「アジ」を使っているのが大きな特徴で、一般的な魚介スープと風味がだいぶ異なります。実際のお店のスープと比べると味にメリハリがあり、魚介も焦がし風味もハッキリと感じられ、食べやすい味になっている印象です。このあたりは化学調味料の影響かなとは思いますが、「蜂屋」の味をカップ麺で再現したものとしてはとても良くできています。おいしいです。ラードによるアツアツなところは残念ながら再現しきれていませんでしたが、それでも再現性が高く、カップ麺らしくよりハッキリした食べやすい味にアレンジされたスープでした。焦がしラードの香ばしさとアジの風味ががしっかり効いていておいしいです。

お店の麺ほど低加水ではないものの、雰囲気は出ている油揚げ麺

麺は「歯切れの良さと適度な硬さが特長の角刃の中細めん」で、「適度な味付けをおこない、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。太さは「中細」と紹介されていますが、中太に近いかなと感じる油揚げ麺です。お店の麺と同じような太さだと思います。お店の麺は中細麺としては極度の低加水麺で、しっとりずっしりした食感が特徴ですが、今回の麺はそれに比べると弾力があり、やや硬めの食感です。油揚げ麺なので致し方ないところですね。見た目の濃い色の割にそれほど主張の強いスープではないですが、今回の油揚げ麺もそれほど強くは主張してこないため、スープと麺のバランスは良かったです。ちょっと白っぽい色の麺の雰囲気はお店をよく再現できていました。

具のボリュームはそれほどない

具は「程良く味付けした焼豚と色調の良いねぎ、コリコリとした食感の良いメンマを加え仕上げ」たとのこと。チャーシューはタテ型商品らしくちょっと安っぽいタイプのもので、あまり肉感はありません。お店のチャーシューもちょっとペラペラなんですが、やけにスープとマッチしてるチャーシューでおいしいんですよね。今回のチャーシューは汎用品で特別な感想はないです。メンマはそこそこ量が入っていて、魚介しょうゆのスープと相性はすこぶる良いです。やっぱりこの味にはメンマですね。全体的に具はそれほど充実していないものの、明らかにスープにコストが割かれているとわかる味ということもあり、不足感がそれほど気になることはなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
魚介の効いたしょうゆ味のスープに焦がしラードが香り、お店の味をよく再現できていました。カップ麺らしく、お店よりもメリハリあるハッキリしたわかりやすい味となっています。お店の味をよく研究できているなぁと感心するレベルで、アジによる魚介系ラーメンとしては独特な風味もよく再現できています。ラードでアツアツなところは再現できていなかったものの、本来なら表層の油膜が熱を逃さないにくくしているものが、紙製カップで側面から逃げやすくなっていることが影響しているかもしれません。それにしてもこのスープの再現性の高さなら、そのうちどんぶり型ノンフライ麺商品でも食べてみたいです。その時は★の数がすごいことになってしまうかもしれませんw メーカー違いますが「マルちゃん 日本うまいもん 旭川正油ラーメン」の再現が期待できそう。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加