今回の「カレーメシ」はスパイシーなキーマカレー!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清キーマカレーメシ スパイシー」。「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。もともとスパイシーで本格的な味の多い「日清カレーメシ」の中にあって、今回商品名に「スパイシー」を謳う商品。結構なスパイス感を期待して良さそうです。丸いカップの湯戻し調理となって今回で6作目かと思いますが、シリーズ初のキーマカレーは果たしてどんな味なのか、私オサーンは「カレーメシ」が大好きなので、今回もとても楽しみです。



商品概要

品名:日清キーマカレーメシ スパイシー
メーカー:日清食品
発売日:2018年3月26日(月)
麺種別:ライス
かやく・スープ:なし
定価:税別220円
取得価格:税込199円(イオン)

栄養成分表

1食105gあたり
エネルギー:450kcal
たん白質:7.6g
脂質:14.7g
炭水化物:71.8g
食塩相当量:3.3g



スパイスの強いカレーで、あまりキーマカレーっぽさはない

ルゥは「オニオンなどの野菜とチキンのうまみをベースに、クミン、コリアンダーを中心にカルダモンやクローブなどのスパイスをきかせた香り高くスパイシーなカレールゥ」とのこと。スパイス感の強いカレーです。玉ねぎが強めに香るチキン味のカレーで、スパイスの強さが大きな特徴。商品名に「スパイス」が入っているだけあって、いつもスパイス感の強い「カレーメシ」シリーズの中でも今回特にスパイスが強く、複雑な味が楽しめてかなり本格的です。甘さはほとんどなくてキリッとした味。辛さは中辛程度でしょうか。スパイスの感じ方によって辛さも変わってくるかと思いますが、スパイスの強さほど辛さがあるわけではありません。200円ちょっとでお湯を入れるだけのお手軽調理でこの本格感。相変わらずカレーメシの威力は凄まじいものがあります。いつもの「カレーメシ」と同じルゥ形状のカレーのため、あんまりキーマカレーっぽさはなかったですが、キーマカレーの定義は挽肉や細切りの肉を使ったカレーということなので、問題なくキーマカレーかと思います。

カレールゥと相性の良い湯戻しのライス

ライスは「湯かけ調理でも湯戻りの良いごはん」とのこと。いつもの「カレーメシ」で使われている湯戻しだけで調理できるお手軽なライスです。以前までと特に変更点はないかと思いますが、規定の戻し時間5分ではごはんの戻りが弱く、蓋を開けた後の工程である「かきまぜ」を時間をかけて入念に行い、よくルゥが溶けてから食べることで真価を発揮します。時間をかけて戻したライスはルゥとのなじみが良く、とても湯戻しだけで調理したものとは思えない食感になります。調理方法がレンジから湯戻しに変更になってからはリゾットタイプかもしくは今回のようなカレールゥタイプの商品しか出ていないことを考えると、おそらく炊き込みごはん的なものには向かないライスなんだと思われます。

細かい大豆ミートとニンジンのみで具のボリュームはない

大豆ミート、ニンジン」とのこと。「カレーメシ」シリーズは基本的にいつも具が少ないですが、今回も例に漏れず少量で、大豆ミートとニンジンが入っているだけです。大豆ミートは粒が細かいため、肉ではなく大豆だということを認識することはあまりできないかと思います。よく味わうと肉より弾力が強いことがわかります。キーマカレーを謳いながらこの大豆ミートの少なさはちょっと残念でした。ニンジンもかなり細かく、いつも以上にボリューム不足だと感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
いつもの「カレーメシ」シリーズに輪をかけてスパイシーな一杯。いつもと同じルゥタイプのカレーのためあまりキーマカレーっぽさはなかったですが、スパイスの複雑な味で本格感溢れるカレーに仕上がっています。良いスパイス感です。キーマカレーとしては挽肉(大豆ミート)が少ないという問題点もありましたが、いつもの「カレーメシ」シリーズのご多分に漏れず、今回も家庭の甘いカレーとは一線を画す本格的なカレーでとてもおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加