今度の「ペヤング」新商品は「ピリ辛野菜炒め風」!!

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング ピリ辛野菜炒め風 やきそば」。「ペヤング」シリーズの新商品です。今回は「ピリ辛野菜炒め風」ということで、ペヤングの変わり種の割には普通にきたなという印象。野菜は焼そばにもともと入っているものですし、特に奇を衒うことなく普通においしそうですよね。覚悟して身構える必要はなさそうですw ここのところ新商品を連発しているまるか商品ですが、今回の野菜炒めはどんな味なのでしょうか。ちなみに来週もまるか食品から新商品が出るみたいです。



商品概要

品名:ペヤング ピリ辛野菜炒め風 やきそば
メーカー:まるか食品
発売日:2018年3月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ2袋(ソース・かやく)
定価:税別175円
取得価格:税別194円(ヴィレッジヴァンガード)

栄養成分表

1食118g(めん90g)あたり
エネルギー:542kcal
たん白質:11.1g
脂質:26.0g
炭水化物:65.9g
ナトリウム:1.5g



胡椒の効いたしお味の焼そばソース

ソースは「香辛料を効かせたピリ辛の野菜炒め風」とのこと。しお味ベースの焼そばソースです。野菜炒めらしい炒めた風味とか、野菜の味とかは特に感じないしお味ソースですが、胡椒が結構強めに効いています。これが野菜炒めっぽいところなのでしょうか。具に野菜が入っているので野菜炒めらしさはあるのですが、他社ならば炒めた風味を強く出してきたりするのかなと思うとちょっと物足りなさはありました。せめてニンニク効かせるなりして、もっと臨場感を出してもらいたかったところ。胡椒の効いたしお味のソースというだけでもきちんとおいしいのですが、ペヤングの変わり種となると期待も大きいので、工夫がちょっと足りないように感じました。

いつもの「ペヤング」と同じ麺で、ソースの胡椒で油揚げ麺臭が抑えられている

麺は、中細で縮れのある油揚げ麺。いつものペヤングの麺ですね。今回はソースに胡椒が効いており、この麺の特徴である油揚げ麺臭の強さはうまく抑えられていました。油揚げ麺臭さえ抑えられていればそれほど主張の強い麺ではないため、今回のしお味のソースともしっかりマッチしていました。この麺使っているだけでペヤングらしさがきちんと出るというのがすごいところで、どこにでもありそうで実はなかなかない麺ってことなんでしょうね。ペヤングの麺が作り出す独特のチープ感があります。他社から見れば、いつも同じ麺を使い回してるだけなのにそれでも売れてしまうのは羨ましいでしょうね。

野菜炒めらしく豊富な野菜の量だが炒めている感じはしない

具は「野菜を豊富に使用しており、彩りの良い仕上がり」とのこと。入っている野菜は、キャベツ、ニンジン、もやし、キクラゲ。さすがに「野菜炒め風」を謳うだけあり、野菜の量はすごく多いです。キャベツが主体ですが、キャベツだけではなく、キクラゲやニンジンも目立っています。もやしも野菜炒めらしい良い具だったので、もうちょっと量が欲しかったですかね。野菜炒め風ですが野菜に炒めた感じは一切ありませんでした。あまりペヤングに無茶言ってもしょうがない気はしますが、具ももうひと工夫欲しかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「野菜炒め風」と銘打たれた商品でしたが、炒めた風味はほとんどなく、野菜が多くて胡椒が強めに効いたしお焼そばでした。胡椒が強めに効いていることと、具の野菜の量が多いことで「野菜炒め風」としたのでしょうが、それだけではちょっと物足りない印象でした。決してまずいわけではなく、しお焼そばとして及第点だと思いますが、野菜炒めらしさを出す工夫がもう少し欲しかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加