「豚骨醤油」味のペヤングは黒と黄色のツートンカラー

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 豚骨醤油やきそば」。「ペヤング」の新商品です。今回は「豚骨醤油」味ということで、果たしてどんな味なのでしょうか。「小金ちゃん」みたいな焼ラーメンのイメージを勝手に想像しましたが、ラーメンとは書いてないんですよね。「豚骨醤油」なんていかにもラーメンな味ですが、きちんと焼そばっぽくなっているのでしょうか。最近のペヤングは気合の入った味の時にパッケージをツートンカラーにしてくる傾向があり、今回は黒と黄色のツートン。たぶんですがやる気がみなぎっているはず。もしくは食べるなキケン!な警告色かもしれないですけどね。まぁそれはないか。ペヤングらしく尖った味に期待したいところです。



商品概要

品名:ペヤング 豚骨醤油やきそば
メーカー:まるか食品
発売日:2018年3月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ3袋(やきそばソース・かやく)
定価:税別185円
取得価格:税別194円(ヴィレッジヴァンガード)

栄養成分表

1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:540kcal
たん白質:10.5g
脂質:28.3g
炭水化物:60.9g
ナトリウム:1.7g



鼻に抜ける豚脂の風味が強いしょうゆ味のソース

ソースは「超特選こいくちしょうゆとたまりしょうゆをベースに豚骨の旨みを付与し」たとのこと。豚ベースのしょうゆ味のソースで、想像はしていましたが焼そばっぽさはないです。濃いめのしょうゆ味とともに、豚脂が強く効いているのが特徴で、なかなか重たい豚脂の風味が鼻に抜けてきます。とんこつっぽさはそれほどないものの、とにかく豚脂の味が強くて、脂の濃厚感がハンパないです。これはとても面白い味。ソースには直接入っていなそうですが、具のメンマの風味がソースと非常に良くマッチしていて、やっぱり焼そばというよりラーメンに近いと思います。私オサーン豚脂の香るラーメンが大好きなので、この豚脂味ソースにはかなり惹かれるものがありました。焼そばタイプに限らず、ペヤングにはこの路線どんどん突っ走ってもらいたいです。いろいろ応用が効きそうな気がします。

いつものペヤングと同じ中細の油揚げ麺で、油揚げ麺臭が豚脂の邪魔をしている

麺は、中細で縮れのある油揚げ麺。いつものペヤングの麺と同じ麺だと思います。もともと盛大に油揚げ麺臭のする麺で、いつものペヤングなら別袋のスパイスでうまく中和させているのですが、今回はそういう存在がなく、ダイレクトに油揚げ麺臭が前に出てしまっています。その結果、この油揚げ麺臭がソースの豚脂の風味とバッティングしてしまいます。ソースだけ舐めるとかなり強い豚脂の風味を感じるのに、麺と一緒に食べてしまうと油揚げ麺臭の強さで豚脂の風味は半減してしまいます。これはちょっと残念。昨年のバレンタインの時に出ていた「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」の時にも、油揚げ麺臭がチョコの味の足を引っ張っていましたが、程度は違えど同じ状況で、これがなければソースの思い切った豚脂の風味がもっと感じられたと思います。この麺じゃなければペヤングじゃないとも言えるので難しいところですけどね。ノーマルペヤングのようにスパイス効かせちゃうと豚脂の風味も消えそうなのが困ったところ。

メンマと今回のソースの相性がバッチリ

具は、メンマ、豚肉、ねぎ。肉はいつものチューブからひねり出したようなミンチ肉ではなく、細切れのチャーシュー。ハムみたいな食感で肉感は薄いですが、ペヤングでいつもの肉と違うのは新鮮な感じがします。メンマはソースのところでも触れた通り、豚脂の効いたしょうゆ味のソースと非常に良くマッチしていました。量も結構たくさん入っていて、味とともにコリコリした食感でも楽しませてくれます。ネギも含め、具はそれなりにしっかり入っていました。カップ焼そばには必ずと言って良いほど入っているキャベツが入っておらず、今回の商品が焼そばではなくラーメンのイメージに近いと思わせるのに拍車をかけています。チャーシュー、メンマ、ネギってもうこれラーメンですよね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ソースは「豚骨醤油」と言うよりは「豚脂」醤油の様相。濃いめのしょうゆ味に大量の豚脂が加わり、豚脂の風味が強く鼻に抜けていきます。これは個人的に大ヒットのソースでした。ただ、ペヤングのいつもの麺による油揚げ麺臭が多少暴れており、豚脂の風味と油揚げ麺臭がバッティングしてしまった結果、豚脂の風味が半減してしまっているように感じたのはちょっと残念でした。でも豚脂を前面に出した斬新且つおいしい一杯で、気に入ってしまいました。店頭に並んでいるうちに数個買っておきたいと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加