「大豆ビーフ」をメインに据えた「カップヌードル スキヤキ」

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル スキヤキ ビッグ」。「カップヌードル」シリーズの新商品です。今回は「スキヤキ」ということで、最近の日清が推している大豆たんぱくを原料とした「大豆ビーフ」を前面に出した一杯となります。すでに「日清 日本めし スキヤキ牛めし」や「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」など多くの商品で大豆ビーフが使用されてきましたが、今回いよいよ本丸の「カップヌードル」で大豆ビーフをメインにした商品の登場です。温泉卵をのせることを推奨している商品ですが、私個人的にはわざわざ温泉卵を用意する行為がカップ麺のメリットである手軽さを損なうと考えるため、温泉卵はのせずにそのまま食べます。ただの言い訳みたいな理由ですがw ただ、温泉卵のせたらどうなるか考えながら食べてはみたいと思います。



商品概要

品名:カップヌードル スキヤキ ビッグ
メーカー:日清食品
発売日:2018年3月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(スキヤキたれ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(イオン)

栄養成分表

1食98g(めん80g)あたり
エネルギー:430kcal(めん・かやく399kcal スープ31kcal)
たん白質:9.9g
脂質:15.5g
炭水化物:62.6g
食塩相当量:6.1g(めん・かやく2.6g スープ3.5g)
ビタミンB1:1.34mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:113mg



甘い割り下と牛肉の味と香りが強いスープで温泉卵は入れた方が良さそう

スープは「すき焼きの割り下をイメージした、醤油ベースの甘めのスープ」で、「牛脂のコクと野菜の香りを凝縮した『スキヤキのたれ』」が別添とのこと。すき焼きらしく、甘い味と香りの付いた割り下っぽいしょうゆ味のスープで、甘さとともに牛肉の風味もかなり強くつけられています。これはもう、食べる前のお湯入れて待っている段階からすき焼きです。食べてももちろんすき焼きそのもの。甘いし牛肉の風味がかなり強烈です。正直、このまま食べたのでは甘味も牛肉もちょっとくどいと思わせるくらい濃い味になっていて、温泉卵入れて味が調和されることを前提に作っている味なのではないかと思います。温泉卵入れないで食べるなら、おにぎりとかごはんとか欲しくなりますね。味もさることながら、香りがさらに強く感じてしまい、牛肉と割り下の甘い香りにちょっとクラクラしてしまいます。私オサーンも若い頃ならこういう味でも良かったかもしれませんが、今ではちょっと厳しいです。そのまま食べてもおいしいんですが、確かに温泉卵は入れた方が良いかもしれません。

いつものカップヌードルの細い油揚げ麺

麺は「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。いつものカップヌードルの細い油揚げ麺です。ノーマルカップヌードルと同じ麺かと思います。今回はスープがかなり強いため、ノーマルカップヌードルに比べると麺の存在感は弱く、麺に縮れがあることも相まって、ほぼスープワンサイドのバランスになっています。麺の食感にカップヌードルらしさはあるものの、このスープなら別にカップヌードルの麺じゃなくても味の印象はほぼ変わらないんじゃないかと思います。カップヌードルとして出すことに意味があるんでしょうけどね。カップヌードルはスープの味によって麺の太さを多少太くしたり細くしたりしていますが、今回のスープ相手なら麺はもうちょっと太い方がバランスが取れるように感じました。

たくさん入った「大豆ビーフ」とスープに馴染んで甘さが際立つ「下仁田系ネギ」

具は「大豆ビーフ、下仁田系ネギを含む2種のネギ、たまご」とのこと。牛肉のように見える具が大豆由来の「大豆ビーフ」です。さすが主役なだけあって、量は結構たくさん入っていました。食感は脂のサシがないためか、牛肉ほどやわらかさというか滑らかさがなく、ちょっとかたい歯応えなのが特徴です。最初は牛肉とはぜんぜん違うんじゃないか?と思いながら食べますが、だんだん食感に慣れてくると、牛の味がついていることもあってそれっぽく感じてきます。これだけ量入っていると食べ応えは十分ですね。そして大豆ビーフより印象的だったのが「下仁田系ネギ」で、今回の濃いスープと合わせることによってネギの甘さが際立ち、とてもすき焼きっぽく感じられました。このネギはかなりおいしかったです。具はカップヌードルらしくかなりボリュームがあって良かったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
濃い味のスープ、特に牛肉と甘い割り下の強い香りに私はちょっとやられてしまった感じはしましたが、カップ麺らしく極端に仕上げたすき焼きの味はインパクト強いです。濃いスープがだめな人ならメーカーが推奨する温泉卵は入れた方が良いと思います。主役の「大豆ビーフ」は十分な量が入っていて、下仁田ネギはすき焼きらしいスープとあわせると甘さが際立ってとてもおいしかったです。全体的にはおいしいというよりは面白い商品かと思いますが、カップ麺らしくて良い商品だと感じました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加