オープン価格の「旅麺」シリーズ新商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 旅麺 博多 明太味とんこつラーメン」。先週2月5日に発売されたサンヨー食品のオープン価格どんぶり型シリーズである「旅麺」の新商品です。スーパーやドラッグストアでよく見かけるシリーズかと思います。2008年あたりから続いているシリーズなんですが、このブログではまだ2回しか食べたことがないんですよね。今回「博多」が出たので久々に食べてみることにしました。安価商品ですが価格を覆す味に仕上がっているのでしょうか。PB商品等ライバルの多い価格帯なので注目です。



商品概要

品名:サッポロ一番 旅麺 博多 明太味とんこつラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年2月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(特製スープ・かやく・調味油)
定価:オープン価格
取得価格:税別98円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食75g(めん60g)あたり
エネルギー:348kcal(めん・かやく279kcal スープ69kcal)
たん白質:7.0g
脂質:16.6g
炭水化物:42.6g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.5g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:201mg



あっさりとんこつ味に明太子パウダーのピリ辛が加わる

スープは「ポークのコク、しょうゆのうまみが特徴の博多風とんこつ味」で、「明太子パウダーのピリッとした辛みが味を引き締め」るとのこと。あっさりめのとんこつスープです。粉末スープの段階では結構とんこつ臭が漂っていたのですが、お湯を入れて麺と合わせてしまうとほとんど感じなくなってしまいました。別添の調味油で豚脂が加わるのですが、効果は限定的で基本的にはあっさりとんこつ味。明太子パウダーの効果でピリ辛な味になっており、ただのあっさりとんこつスープではなくてワンパンチ加わってるのは良いところだと感じました。スープの弱さをうまくピリ辛で補っています。それほど深い味わいはなかったものの、オープン価格で100円程度で購入できる商品と考えれば悪くないデキのスープだと感じました。

色は白いが博多ラーメンの麺というイメージはない油揚げ麺

麺は「張りと歯切れのよい食感が特徴の細麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。博多麺らしく白っぽい色になっていますが、少し縮れがあることに加え、油揚げ麺としては細い麺ではあるってもばっちり細麺と言うほど細くもないため、あんまり博多ラーメンの麺という感じはしません。そこそこ油揚げ麺臭がありますがあっさりスープの中でも悪目立ちしている感じはなかったです。スープとの相性は良いと思います。食感はやわらかめで、バリカタみたいない食感ではないです。正直、色が白いだけでそれ以外はとんこつラーメン用の麺という印象はなく、普通の油揚げ麺でした。価格を考えればこんなものでしょうか。

明太子は細かくて量も少ないが面白い存在

具は「明太子味付そぼろは口の中で広がるうまみと辛みがアクセントとなりスープとの相性が抜群」で、「いりごまの香ばしい風味が食欲をそそり、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。明太子そぼろはかなり細かくて量もそれほど多くないためあんまり存在感はないですが、口に入れるとしっかり明太子の味がしていました。とんこつのカップ麺ではあんまり使われない具のため、ちょっと面白い存在でした。もっと高価格の商品でとんこつスープに明太子たくさん入れてみるのも良さそうな気がします。いりごまはそこそこ入っていて香ばしく、こちらは存在感がありました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
オープン価格の「旅麺」シリーズで、品質は正直価格なりなところはありましたが、うまくまとまった商品だと感じました。スープの弱さを明太子パウダーのピリ辛で補い、また具の明太子も量が少ないながらしっかり明太子の味がしていました。ただのとんこつとはせずに明太子を絡めてきたのはファインプレーで、安く上げたいならば候補に入れて問題ない商品かと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加