渋谷道玄坂の老舗「喜楽」の「中華麺」を再現した商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 渋谷 喜楽 中華麺」。東京渋谷にある名店「喜楽」の「中華麺」を再現した商品です。昭和27年創業とのことで、かなりの老舗ですね。揚げネギの香りが大きな特徴のラーメンで、かなりの人気店とのこと。渋谷道玄坂で営業を続けられるというのはそれだけの根拠が味にあるということなのでしょう。ネットで店内の写真を見てみましたが、いかにも昔ながらのラーメン屋という感じです。このクラシックな一杯をカップ麺でどう再現しているのか、食べるのが楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 渋谷 喜楽 中華麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年2月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ液体スープ・かやく2袋)
定価:税別240円
取得価格:税込258円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食105g(めん60g)あたり
エネルギー:375kcal(めん・かやく257kcal スープ118kcal)
たん白質:11.3g
脂質:14.2g
炭水化物:50.5g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.7g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.58mg



揚げネギの風味が中央に鎮座する油の浮いたしょうゆ味のスープ

スープは「チキンエキス、ポークエキスをベースに香味野菜のうまみを合わせ、すっきりとした後味のある醤油と、揚げネギの風味がきいた香味油が特徴のスープに仕上げ」たとのこと。表面に大量の油の浮いた、こってりなしょうゆ味スープです。スープ自体は鶏と豚をあわせたオーソドックスなしょうゆ味でしたが、何と言っても香味油によって強く香る揚げネギの風味が大きな特徴です。揚げネギ自体はカップ麺でもたまにアクセントとして使われるものではあるのですが、今回の揚げネギの強さはちょっとそれらとはレベルが違います。アクセントに揚げネギを使うのではなく、味の真ん中に揚げネギが鎮座しています。ほぼすべて揚げネギの味です。老舗の味にこんなこと言うのは失礼でしょうが、いや~オリジナリティ溢れてますなぁこのスープ。ふわっと香るとかではなく、ドカンドカンと鼻を突いてきます。揚げネギスープとてもおいしいです。実際のお店でもぜひとも味わってみたいスープです。

かための食感でありながらもちもち感のある中細ノンフライ麺

麺は「もっちりとした弾力のある食感と、適度にちぢれをつけることでスープがよく絡む麺に仕上げ」たとのこと。中細で縮れのあるノンフライ麺です。かための食感でありながらちょっともちもち感のある麺で、今まであまり食べたことのない独特な麺かと思います。お店の麺は太くてちょっとちゃんぽん麺っぽさがあるようですが、今回の麺は太くはなく、でも食感には何となくちゃんぽん麺らしさはありました。そして油の浮いた揚げネギの強いスープとの相性がとても良く、ずっしりした麺がスープの中できちんと主張できていました。おいしいので速攻で食べてしまい、量がちょっと物足りなかったです。これはぜひとも大盛で食べたい!妙にクセになる麺でした。

具でも揚げネギの存在感が際立つ

具は「チャーシューのうまみがスープのおいしさを引き立て、香ばしい揚げネギの風味とネギのさわやかな香りが食欲をそそ」るとのこと。スープ自体にも揚げネギの強い風味がありましたが、具としても揚げネギは際立っていました。ちょっと甘くて焦げた風味の香ばしい揚げネギが大量に入っていて、非常に存在感が強かったです。ほんと香ばしいです。主役張っています。チャーシューは廉価商品で使われていそうな肉感の乏しいタイプで、こちらは揚げネギが目立ちすぎていることもあって存在感はあんまりなかったです。お店の一杯ではもやしがたくさん入っていて揚げネギと同じくらい目立っているそうなので、今回はもやしまったく入っていなかったのは残念でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
とにかく揚げネギを前面に押し出した一杯です。オーソドックスなしょうゆ味に揚げネギの風味のついた大量に浮いたスープは、揚げネギの香りと油のこってり感が相まってカップ麺としてもオリジナリティある味に仕上がっていました。お店でも食べてみたくなる味です。かための食感ながらもちもち感のある中細麺もスープととてもよくあっていて、あっという間に食べ切ってしまいました。具にも大量に揚げネギが入っていてこれでもかと揚げネギの風味がします。240円という高価格帯商品ではありますが、非常においしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加