東京成増にある魚介系のつけ麺とラーメンの名店「べんてん」の再現商品

今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば」。「一度は食べたい名店の味」シリーズの新商品です。今回は東京成増にある「べんてん」の味を再現した一杯です。池袋大勝軒の味に憧れて開業したつけ麺とラーメンのお店とのことです。2014年まで高田馬場で営業していた人気店でしたが人気のまま閉店。閉店してしまった時は結構騒然としたみたいです。2016年に成増で復活したとのこと。お店には伺ったことがないですが、大勝軒インスパイアなので魚介の濃い味が期待できそうですね。楽しみな一杯。



商品概要

品名:一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年2月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食93g(めん70g)あたり
エネルギー:359kcal(めん・かやく294kcal スープ65kcal)
たん白質:9.5g
脂質:11.5g
炭水化物:54.4g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.7g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:196mg



豚ベースの濃いしょうゆ味に魚介が強く効いたスープ

スープは「ポーク・チキンをベースに、煮干・かつおの旨みや玉ねぎの甘みを加えた醤油スープ」で、「後入れの液体スープを入れ、より濃厚なチキン・ポーク・魚介の旨みが加わることで『べんてん』の中華そばを再現した一杯に仕上げ」たとのこと。豚ベースの濃いしょうゆ味のスープに、魚介が強く効いています。最近あまりにも当たり前になって聞かなくなった言葉ではありますが、いわゆる動物系と魚介系のWスープってやつですね。これはかなり濃厚。ベースがしっかりしている上で煮干しやかつおが強く効いているため、芯のしっかりした骨太な味に仕上がっています。塩辛いわけではなく、濃い要因はあくまで旨みで、数ある魚介系のカップ麺の中でもかなり秀逸なのではないかと思います。しょうゆと魚介のバランスが絶妙で、またほのかに香る玉ねぎが豚と魚介をうまく繋いでいる感じがしました。さらにはメンマの味が強く出ていて、これが良い仕事しています。魚介系しょうゆスープにメンマの味は鉄板です。この系統の味はカップ麺でも多く見かけるものなので、カップ麺で再現してしまうとありきたりな味になってはしまうのですが、それでも今回のスープはおいしかったです。

お店の麺同様に太い油揚げ麺

麺は「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性もよく、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。太い油揚げ麺です。「べんてん」がつけ麺のお店だからか、つけ麺で使われるような太い麺です。実際のお店の麺もこんな感じで太いようです。そうは言っても、主張の強い油揚げ麺で再現するならもっと細くしてくれよ~と思いながら食べましたが、今回のスープがかなリ濃く仕上がっているため、バランスはとても良いです。もっと細い方が個人的には好きですが、今回のスープと麺の相性は素晴らしかったです。この麺を相手に持ちこたえられるスープってやっぱりかなり濃いと思います。濃いスープに太い麺でガツンとガツン。最近主流の上品な味とは違う、90年代後半や2000年代のラーメンを思わせる食べ応えでした。

メンマは魚介しょうゆ味のスープとベストマッチ

具は「程良く味付けした焼豚・メンマ、色調の良いねぎを加えて仕上げ」たとのこと。チャーシューはエースコックのタテ型によくあるあまり肉感のないタイプのペラペラチャーシュー。タテ型商品なのでこんなものですかね。そんなおいしくはないです。メンマは結構大きめにカットされていて存在感ありました。今回のスープの味にメンマは必須で、お店の一杯でもメンマは盛られているので、カップ麺でもきちんとしたメンマで良かったです。お店のラーメンでは海苔が入っているようですが、今回は入っていませんでした。そのうちきっと「一度は食べたい名店の味PREMIUM」としてどんぶり型ノンフライ麺の商品が出ると思うので、その時には入っているでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
豚ベースのしっかりしたしょうゆ味のスープに、魚介が強く効いている濃厚スープで、太麺との相性も良く食べ応えある一杯に仕上がっていました。「大勝軒」や「とみ田」の味が好きな方なら文句なく楽しめる一杯だと思います。スープの味としても効いていたメンマが良い仕事をしていて、魚介しょうゆ味とあわせて絶妙なバランスの味になっていました。いつか「PREMIUM」としても本格的な魚介しょうゆを味わえるのを楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加