北海道民のソウルフード「やきそば弁当」シリーズの新商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 お好みソース味」。北海道限定のカップ焼そば商品「やきそば弁当」シリーズの新商品です。今回は「お好みソース味」で、東北信越地区限定の「焼そばバゴォーン」でも「お好みソース味」が同日発売されたため、ある程度ソースが共通化されているのかもしれません。北海道民のソウルフードとまで呼ばれる「やきそば弁当」シリーズですが、北海道以外では手に入る場所が限定されてしまうため、今回はあまりお役に立てない記事になってしまうかもしれませんが、こういう商品もあるんだぁ~くらいに思いながら眺めていただけると幸いです。なお、「やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味」という商品も同時発売されています。



商品概要

品名:マルちゃん やきそば弁当 お好みソース味
メーカー:東洋水産
発売日:2018年2月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価:税込180円
取得価格:税込105円(イオン)

栄養成分表

1食120g(めん90g)あたり
エネルギー:498kcal
たん白質:10.1g
脂質:18.6g
炭水化物:72.6g
ナトリウム:2.6g(スープ0.9g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:216mg



フルーツの甘い味が特徴の「お好みソース」

ソースは「ポークをベースに、フルーツビネガーやにんにくを利かせ、さらにりんご果汁でフルーティで、マイルドな口当たりに仕上げた液体ソース」とのこと。豚肉の好きな北海道民の味覚に合わせて豚のベースの風味がしっかり効いた、フルーツを使った甘いソースです。いつもの「やきそば弁当」のソースに比べてだいぶ甘いですが、いつもよりだいぶ弱いものの鼻に抜けてくる油臭さに「やきそば弁当」らしさが出ています。甘くはあるものの「お好みソース」だからといって「お好み焼き」の味になっているか?と問われるとあまりそんな感じはせず、普通に甘いバージョンのやき弁な感じがします。「お好みソース味」であって「お好み焼き味」ではないってところですかね。普段何気なく「お好み焼き味」のカップ焼そばを食べていますが、「お好み焼き」らしくあるためには、マヨネーズやかつお節等の魚介粉が重要な役割を果たしているのだと実感します。ソースが甘いので、甘いソースとマッチするマヨネーズが欲しくなるところですが、このままでもきちんとおいしいソースでした。やき弁ファンの中にはノーマルやき弁でもマヨネーズは必須という人も多くいます。

いつもの「やき弁」よりひと回り太い油揚げ麺

麺は「なめらかで弾力がある太めの麺」とのこと。中太で縮れの強い油揚げ麺です。いつもの「やきそば弁当」に比べるとひと回り太い麺かと思います。油揚げ麺臭が強めの麺ですが、ソースが甘い味で濃いため、ノーマルやき弁と比べて油揚げ麺臭は目立たず、ソースと麺のバランスはなかなか良いと感じました。自然なバランスなので、いつもより太い麺であることをあまり感じないです。ふわっと香る油揚げ麺臭がやき弁のひとつの特徴だと思っていますが、私はそれがあってこのシリーズがあまり好きではないので、今回のソースと麺のバランスは好意的に捉えました。でもやき弁ファンの方の中にはちょっとジャンク感が物足りないと感じる向きもあるかもしれませんね。

いつものやき弁のような肉の香りの立ち上りがない

具は「キャベツ、味付挽肉、ふりかけ(あおさ、紅生姜)」に、「戻し湯で作る中華スープ付」とのこと。「やき弁」シリーズの売りのひとつである、麺を戻した湯で作る中華スープの粉が入っていますが、このブログでは中華スープについては取り上げません。申し訳ありません。具は概ねノーマルやき弁と同じ構成ですが、いつもの肉のいかにもジャンキーな香りの立ち上りがなかったため、肉は違うものを使用しているかもしれません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「お好みソース味」と銘打った一杯でしたが、「お好み焼き」という感じはあまりなくてあくまで「お好みソース」。いつものやき弁より甘さが際立つのが特徴的でした。甘いソースと太めの麺との相性はよく、ノーマルやき弁のようなジャンキーな味わいとはちょっと違うものの、ソースと麺のバランスのよく取れたおいしい一杯でした。やき弁らしさはあまり出ていないですが、シリーズのバリエーションのひとつとしては大いにありな商品だと感じました。以前出ていた「マルちゃん やきそば弁当 濃厚甘口」と似た系統の味だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加