香港の「出前一丁」人気商品

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁 桶麺 (おけめん) 辛辣 (かららー) XO醤 (じゃん) 海鮮味」。袋麺でおなじみの「出前一丁」シリーズの新商品です。香港で人気の「出前一丁」の味を日本仕様で商品化したものだそうです。「XO醤海鮮味」は以前、香港のカップヌードルとして出ていた味でもありますね。さすがXO醤発祥の地だけあって、香港ではXO醤の味が人気なんですね。出前一丁と言えばごま油のイメージがありますが、今回の「XO醤海鮮味」はどんな味なのでしょうか。それにしても「桶麺」とは面白いネーミングですね。出前一丁だから桶なんでしょうが、実際に桶で麺を食べる文化ってどこかにあるんでしょうかね。



商品概要

品名:出前一丁 桶麺 (おけめん) 辛辣 (かららー) XO醤 (じゃん) 海鮮味
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・特製XO醤)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食105g(めん80g)あたり
エネルギー:512kcal(めん・かやく415kcal スープ97kcal)
たん白質:10.9g
脂質:25.6g
炭水化物:59.4g
食塩相当量:6.1g(めん・かやく1.7g スープ4.4g)
ビタミンB1:1.01mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:127mg



日本のシーフード系スープとは趣の異なる貝柱の干しエビの強い海鮮スープ

スープは「貝柱などの魚介の旨みが広がる、ピリ辛で濃厚なXO醤海鮮味のスープ」とのこと。海鮮の効いたしお味ベースのスープです。XO醤の海鮮の風味が強く効いていて、いかの味の強い日本のシーフード味とはだいぶ趣の違う味に仕上がっています。日本の「出前一丁」の特徴であるごま油の味はまったくありませんでした。説明書きでは「貝柱」が強調されていますが、食べてみるとえびの味が強いように感じられました。実際、別袋のXO醤に入っている小さい干しエビが結構たくさん入っていて、口に入ってくるとえびの風味が広がりました。辛さはピリ辛以下で、ほとんど感じないレベルかと思います。なので、それほど人を選ばず食べられる味です。カップヌードルの時に比べて明らかにシーフードヌードル系とは異なる味がしており、新鮮味があっておいしいスープでした。

よく見るタイプの一般的な中細油揚麺

麺は「『出前一丁』ならではの、しなやかな中細ウエーブ麺」とのこと。中細で少し縮れた油揚げ麺です。正直、どんな麺が「出前一丁」らしいのかはいまいちイメージできないのですが、今回の麺はよく見るタイプの油揚げ麺で、なめらかで食べやすいです。日清食品の油揚げ麺は他社とは違う麺が多いので、他社でも見かけそうな普通の油揚げ麺は、日清食品としては珍しい麺と言えるかもしれません。それほど強い主張のある麺ではなく、スープの味を邪魔していなかったのは良かったです。スープがやや勝ったバランスで、麺よりスープの味が目立っていました。個人的にはこれくらいのバランスがスープの味を強く感じられて好きです。

シーフードヌードルにも入っている具

具は「カニ風味かまぼこ、たまご、ネギ」とのこと。カップの大きさに比して具の量は少なめです。3種類入っていますが、どれもシーフードヌードルでも入っている具ですね。カニ風味かまぼこもたまごも甘みがあり、海鮮スープと相性は良かったです。具ではないですが、XO醤に入っていた細かい干しエビが最も印象的で、たくさん入っていたので食感として目立っていました。これを具にカウントするならなかなか特徴的な良い具なのではないかと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
XO醤の貝柱と干しエビメインのスープの味は、日本のシーフード味スープとは明らかに違う味で、新鮮みがあっておいしかったです。XO醤に入っている干しエビも特徴的でした。辛さはそれほどなかったものの、異国情緒はあり、なかなか面白い味でした。カップヌードルの同じ味の時よりもはっきりした味に感じられました。これはひょっとすると麺の違いに起因するものかもしれませんね。おいしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加