「日清ラ王タテカップ」シリーズのみそ味タンメン

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌」。「日清ラ王」シリーズの新商品で、今回新たに全国発売になった「日清ラ王タテカップ」の一品です。すでに新商品である「日清ラ王タテカップ やさいタンメン醤油」や継続商品の「日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩」はレポ済ですが、今回は「日清ラ王タテカップ」最後のレポとなる「やさいタンメン味噌」です。「タンメン」といえばしお味を思い浮かべるため、濃い味のイメージがあるみそ味をタンメンにどうアレンジしているのか楽しみです。どんな味の一杯なのでしょうか。



商品概要

品名:日清ラ王タテカップ やさいタンメン味噌
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月29日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(香味油)
定価:税別180円
取得価格:税込116円(イオン)

栄養成分表

1食61g(めん40g)あたり
エネルギー:234kcal(めん・かやく184kcal スープ50kcal)
たん白質:5.6g
脂質:6.0g
炭水化物:39.5g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.6g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:90mg



「塩」や「醤油」に比べると野菜の味は控えめ

スープは「野菜の旨みが溶け込んだ、シンプルで飽きのこない味わいの味噌スープ」に、「炒めた野菜の風味が際立つ香味油」が別添とのこと。あっさりなみそ味主体のスープで、キャベツの甘みを中心とした野菜の味が感じられます。みそ味スープとしてはあっさりではあるものの、今まで「醤油」と「塩」を食べてきて今回の「味噌」がベースの味を最も強く感じました。他の商品と同じく香味油によって炒めた野菜の風味が加わりますが、香味油の影響が最も小さいのも今回の「味噌」かと思います。「塩」や「醤油」のように野菜の味が前面に押し出されているというよりは、みそ味の中で野菜はほどほどに主張しているといったところだと思います。それでも十分「タンメン」らしさはありますが、「塩」や「醤油」に比べると控えめでした。

3種の中ではスープと麺のバランスがいちばん良い

麺は「全粒粉入りの3層ストレートノンフライ麺」とのこと。他2種と同じ、見た目で全粒粉入りが確認できる中細のノンフライ麺です。このシリーズはスープがそれほど強くないので麺の味が前に出てきがちでしたが、今回のみそ味スープはあっさりではあっても3種の中では最も主張の強いスープで、麺とのバランスはいちばん良かったように思います。麺は少しかためでゴリゴリ感があり、湯戻し時間を長くした方がしっとり感が出て生麺らしくなります。また、スープともよく馴染むため、規定時間の5分よりは長い時間湯戻しすべきかと思います。また、定価180円の商品としては麺量が少なく、1人前の一杯のつもりで食べるとちょっと物足りない場合もあるかと思います。

コーンがいちばん目立っている野菜

具は「キャベツ、ニラ、コーン、パプリカ」とのこと。具は野菜のみ。中ではコーンとニラが比較的目立っており、キャベツは少なめ。小さいカップの割には多めの野菜ですが、定価勢別180円の割には物足りない量です。まぁ定価の割にカップが小さいということなんですが、180円商品でタンメンと銘打つならもう少し野菜の量は欲しいところかなと思います。みそラーメンの定番だからか、コーンが最も多く入っていて、これはなかなか目立っていました。コーンの甘さとスープの相性も良かったです。スープで強く感じたキャベツの味が、具としてはそれほど入っていなかったのはちょっと意外でした。キャベツは「醤油」で最も多く入っていました。野菜の種類は3種でそう変わらないですが、入っている量は味によって変えてきているようですね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「日清ラ王タテカップ」も3種類目となると新鮮味がなくなって、それがどうしても文章に現れていまうのは申し訳ないところ。他の2種よりも地のみそが強いため、野菜の甘みや香味油による炒めた野菜の風味の影響を最も受けていないスープのように感じました。また、他に比べると強い味と感じるスープは麺との相性が最も良かったです。野菜の味もしっかりしているので「タンメン」らしさはきちんとありましたが、他の味に比べるとみそラーメンの一面も大きい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加